クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

特集/ラインナップ

【クラシック大全】10大オペラ名作劇場~<番外編>「なぜか上演の少ない有名オペラ」

オペラの愉しみ
小田島久恵(音楽ライター)

【生の声が作り上げるひとつのドラマ】
 オペラの魅力は、他のどのアートにも代えがたいスペシャルなものだと思います。空間を埋め尽くすプロのオペラ歌手の声を聴いていると、特別な振動に全身を包まれ、心が別の場所へ運ばれていくような感覚を覚えます。苛酷なトレーニングを積んで舞台に立つ歌手たちの生の声は、スケート競技の四回転ジャンプに匹敵する凄さがあり、テノール歌手の命を決したかのようなきらびやかな高音、ソプラノの激しい狂乱の場、メゾの包み込むような表現力、深淵で時にユーモラスなバリトン、地底から湧き出す凄いバスが絡み合って、ひとつのドラマを作り上げていく様子は、まさにこのアートの醍醐味です。

【心湧き立つスターの存在】
 オペラにはつねにスターが存在することも、心湧き立つ理由のひとつです。マリア・カラスのような伝説のプリマドンナだけでなく、現代にもヴェルディ、プッチーニ、ロッシーニ、ドニゼッティを凄い技術と演劇性で歌う華のある歌手たちがいます。現代人なのに、舞台の上ではどこか異世界の人のように思えてしまうのは、オペラの中では皆特別な役柄になり切っているからでしょう。王も女王も神も、皆オペラの舞台に存在しているのです。

【多くの力が本番に結実する総合芸術】
 舞台で繰り広げられる芝居やスペクタクルも(規模はさまざまですが)、膨大な準備がなされています。特に演出家は、演劇面での大きな責任を負っていますので、緻密に物語を分析し、考察を加え、作曲家の表したオペラの真髄を観客に伝えなければならない大変な役割です。
 衣裳の布地を鋏でカットする人に始まって、オーケストラや合唱、美術や照明など舞台のテクニカルスタッフまで大勢の人々が関わり、稽古やリハーサルを重ね、それが「本番」という時間にすべて爆発することを思うと、オペラを見に行かずにはいられないのです。

小田島久恵 Hisae Odashima
音楽ライター。岩手県出身。クラシック、オペラ、演劇、バレエ、コンテンポラリー・ダンス等についての公演評、アーティスト・インタビューを執筆。著作に『オペラティック!』(フィルムアート社)。共著『クラ女のショパン』(河出書房新社)。

ミラノ・スカラ座2014『イル・トロヴァトーレ』

初回放送:8月8日(土)21:00~23:35

ヴェルディ中期三大傑作の一つ。音楽とドラマが融合した『リゴレット』『椿姫』とは異なり、物語の流れよりも「歌」そのものが優先され、名アリアや名場面が次から次へと登場するオペラは珍しい。この番組は、イタリアの若き俊英ダニエーレ・ルスティオーニが指揮した2014年2月ミラノ・スカラ座公演。テノールの難役マンリーコを歌うのはアルゼンチン出身マルセロ・アルバレス。その他レオノーラ(ソプラノ)ルーナ伯爵(バリトン)アズチェーナ(メゾ・ソプラノ)の主役全員にスター性と力強い歌唱が要求されるため、4人揃った名演は滅多にみられないが、この番組はその欲求を満たしてくれる。演出のウーゴ・デ・アナの壮大な舞台装置と、それを効果的に映し出した絶妙なカメラワークも見どころ。

[出演]マルセロ・アルバレス(マンリーコ)マリア・アグレスタ(レオノーラ)フランコ・ヴァッサロ(ルーナ伯爵)エカテリーナ・セメンチュク(アズチェーナ)
[演目]ヴェルディ:4幕のドランマ『イル・トロヴァトーレ』(デイヴィッド・ロートン校訂によるクリティカル・エディション)
[演出&装置&衣裳]ウーゴ・デ・アナ
[指揮]ダニエーレ・ルスティオーニ
[演奏]ミラノ・スカラ座管弦楽団及び同合唱団
[収録]2014年2月18日ミラノ・スカラ座

foto Brescia e Amisano ©Teatro alla Scala

サンフランシスコ・オペラ2009『ポーギーとベス』

初回放送:8月15日(土)21:00~23:50

『ラプソディ・イン・ブルー』『パリのアメリカ人』などで知られるアメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィン(1898-1937)が、死の2年前の1935年、ジャズや黒人音楽のイディオムを用いながら作曲したオペラ。「サマータイム」などジャンルを越えてカバーされている名曲の数々は、誰もが耳にしたことがあるはず。この番組は2009年6月サンフランシスコ歌劇場公演。メトロポリタン歌劇場でも活躍するバス・バリトン、エリック・オウェンズ演じるポーギーの絶唱は感動的。会場は1951年サンフランシスコ講和条約が調印された由緒ある戦争記念オペラハウス。滅多にステージパフォーマンスを見ることができない『ポーギーとベス』の、まさに神髄を見る番組。

[出演]エリック・オウェンズ(ポーギー)、ラキタ・ミッチェル(ベス)、レスター・リンチ(クラウン)、ションシー・パッカー(スポーティンライフ)、エンジェル・ブルー(クララ)
[演目]ガーシュウィン:2幕のフォーク・オペラ『ポーギーとベス』
[演出]フランチェスカ・ザンベッロ
[指揮]ジョン・デメイン
[演奏]サンフランシスコ歌劇場管弦楽団及び同合唱団
[収録]2009年6月戦争記念オペラハウス(カリフォルニア)

photo by Terrence McCarthy

マチェラータ・オペラ・フェスティバル2007『ノルマ』

初回放送:8月22日(土)21:00~23:55

イタリアの作曲家ヴィンチェンツォ・ベッリーニ(1801-1835)は、33年という短い生涯の中で、“ベルカント(美しい声と歌唱)・オペラ”の傑作を何作も残した。『ノルマ』は、流麗な旋律と劇的迫力、ギリシャ悲劇の格調の高さと人間の切実な情感によって、ショパンやワーグナー、リストなど多くの芸術家を魅了してきた。この番組は2007年マチェラータ・オペラ・フェスティバル公演で、“マリア・カラスの再来”と称されるギリシャ出身のソプラノ、ディミトラ・テオドッシュウの深い憂愁を湛えたノルマが大評判を呼んだ。

[出演]ディミトラ・テオドッシュウ(ノルマ)ダニエラ・バルチェッローナ(アダルジーザ)カルロ・ヴェントレ(ポッリオーネ)シモン・オルフィラ(オロヴェーゾ)
[演目]ベッリーニ:2幕のトラジェーディア・リーリカ『ノルマ』
[演出]マッシモ・ガスパロン
[指揮]パオロ・アッリヴァベーニ
[演奏]マルケ地方財団管弦楽団、マルケ“ヴィンチェンツォ・ベッリーニ”合唱団
[収録]2007年8月スフェリステリオ(マチェラータ)「マエチェラータ音楽祭2007」

©Alfredo Tabocchini

ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2013『ギヨーム・テル』

初回放送:8月1日(土)21:00~25:15

イタリアの作曲家ロッシーニの故郷ペーザロで行われるロッシーニ・オペラ・フェスティバル(ROF)2013年のハイライトは、作曲家最後のオペラ『ギヨーム・テル(ウィリアム・テル)』新演出公演。ROFでは18年ぶり2度目、オリジナルのフランス語版の上演。ドラマの流れを多彩に引き出す指揮者ミケーレ・マリオッティの引き締まった音楽、「100年に1人のテノール」フアン・ディエゴ・フローレスを筆頭に万全を配した歌手の饗宴が圧巻。時代設定を13世紀から20世紀初頭に移した演出はグレアム・ヴィック。テルがりんごの的を射落とす有名な場面は第3幕に登場。全39のオペラを作曲したロッシーニの集大成であることがわかる、このオペラの数少ない映像の中では最高の番組。

[出演]ニコラ・アライモ(ギヨーム・テル)、フアン・ディエゴ・フローレス(アルノルド・メルクタール)、マリーナ・レベカ(マティルデ)、アマンダ・フォーサイス(ジェミ)、ヴェロニカ・シメオーニ(エドヴィージュ)、シモン・オルフィーラ(ヴァルテル・フュルスト)、ルカ・ティットート(ゲスレル)
[演目]ロッシーニ:歌劇『ギヨーム・テル』
[演出]グレアム・ヴィック
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[演奏]ボローニャ歌劇場管弦楽団及び同合唱団
[収録]2013年8月アドリアティック・アレーナ(ペーザロ)「第34回ロッシーニ・オペラ・フェスティバル」

©Studio Amati Bacciardi

エッセン歌劇場2012『ペレアスとメリザンド』

初回放送:8月31日(月)17:00~19:40 ※初回放送時間が変更になりました。

「青い鳥」で有名なベルギーの作家メーテルリンクの戯曲を元にしたドビュッシー唯一のオペラ。印象派を象徴する神秘的な音楽はまさに20世紀を代表する傑作。演出のレーンホフが作り出す幻想的な世界観にインブライロ、ゼリンガーなど近年急成長を遂げている若手歌手陣がそれぞれの個性を出しつつ情景の中に溶け込んで不思議な存在感を出している。エッセン歌劇場をヨーロッパ随一のオペラ劇場の地位に押し上げたシュテファン・ゾルテスの指揮に注目。

[出演]ジャック・インブライロ(ペレアス)、ミヒャエラ・ゼリンガー(メリザンド)、ヴァンサン・ル・テクシエ(ゴロー)、ヴォルフガング・シェーネ(老王アルケル)、ドリス・ゾッフェル(ジュヌヴィエーヴ)
[演目]ドビュッシー:歌劇『ペレアスとメリザンド』
[演出]ニコラス・レーンホフ
[指揮]シュテファン・ゾルテス
[演奏]エッセン・フィルハーモニー管弦楽団、アールト劇場オペラ合唱団
[収録]2012年、エッセン・アールト劇場

©Hermann und Claerchen Baus

ザルツブルク音楽祭2015 日本最速放送!

ザルツブルク音楽祭2015『フィデリオ』

放送日時:8月29日(土)21:00~

スーパースター、ヨナス・カウフマン出演!今年最大の話題作!
ベートーヴェンが完成させた唯一のオペラ。政敵ドン・ピツァロに無実の罪で捉えられた貴族フロレスタンと、彼を救うべく男装して「フィデリオ」と名乗り、刑務所で働く妻レオノーレの愛と自由の物語。この公演では、フロレスタンを演じる21世紀の「キング・オブ・テノール」ヨナス・カウフマンが大評判。チケットはもちろんソールドアウト。話題騒然のステージをお楽しみいただけます。必見!

【指揮】フランツ・ウェルザー=メスト
【演奏】ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【演出】クラウス・グート
【出演】ヨナス・カウフマン(フロレスタン)、アドリアンヌ・ピエチョンカ(レオノーレ)、セバスティアン・ホレチェック(ドン・フェルナンド)、トーマス・コニエチュニー(ドン・ピツァロ)、ハンス=ペーター・ケーニヒ(ロッコ)ほか

©Salzburger Festspiele/Monika Rittershaus

ザルツブルク音楽祭2015『フィガロの結婚』

放送日時:8月30日(日)21:00~

日本でも大活躍!ダン・エッティンガーが、ザルツブルク音楽祭で初のオペラ指揮!
モーツァルトの最高傑作の一つ。フィガロとスザンナの結婚式、アルマヴィーヴァ伯爵の初夜権行使を阻止するため、フィガロたちは伯爵夫人と共に一計を案じるが・・・。東京フィル常任指揮者ダン・エッティンガーが、ウィーン・フィルからエレガンスと情熱を引き出したと絶賛!今をときめくライジングスターが勢ぞろい。その若々しい歌声と素晴らしいアンサンブルを、ウィーン・フィルの美しいオーケストラと一緒にお楽しみいただきます。

【指揮】ダン・エッティンガー
【演奏】ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【演出】スヴェン=エリック・ベヒトルフ
【出演】ルカ・ピサローニ(アルマヴィーヴァ伯爵)、アネット・フリッチュ(伯爵夫人)、アダム・プラチェツカ(フィガロ)、マルティーナ・ヤンコヴァー(スザンナ)、マルガリータ・グリシュコヴァ(ケルビーノ)ほか

©SalzburgerFestspiele/Ruth Walz

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

お知らせNEWS
  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)