クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

特集/ラインナップ

ウィーン・フィル来日記念

ザルツブルク音楽祭2015『フィデリオ』

初回放送:10月17日(土)21:00~23:40

ベートーヴェンの完成した唯一のオペラ。主人公レオノーレがフィデリオという名で男性に変装し監獄に潜入し、政敵ドン・ピツァロに無実の罪で拘留されている夫フロレスタンを救出するという、夫婦愛と自由への希求を描いた物語。ザルツブルク音楽祭2015で新演出となる『フィデリオ』は、21世紀の「キング・オブ・テノール」ヨナス・カウフマンのフロレスタンが大絶賛。チケットはもちろんソールドアウト。カナダ人ソプラノ、アドリアンヌ・ピエチョンカやポーランド生まれで俳優としても活躍するバス・バリトン、トーマス・コニエチュニー、そしてベテランのバス歌手ハンス=ペーター・ケーニヒなど万全のキャストが、フランツ・ウェルザー=メスト指揮ウイーン・フィルの美しく力強いサウンドにのって躍動する。鬼才クラウス・グートの演出は賛否両論。2015年音楽祭で最大の話題を呼んだ公演。

[出演]ヨナス・カウフマン(フロレスタン)アドリアンヌ・ピエチョンカ(レオノーレ)セバスティアン・ホレチェック(ドン・フェルナンド)トーマス・コニエチュニー(ドン・ピツァロ)ハンス=ペーター・ケーニヒ(ロッコ)ほか
[演目]ベートーヴェン:2幕のオペラ『フィデリオ』Op.72
[演出]クラウス・グート
[装置&衣裳]クリスティアン・シュミット
[指揮]フランツ・ウェルザー=メスト
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団
[収録]2015年8月13日ザルツブルク祝祭大劇場「ザルツブルク音楽祭2015」

©Salzburger Festspiele/Monika Rittershaus

ザルツブルク音楽祭2015『フィガロの結婚』

初回放送:10月24日(土)21:00~24:45

モーツァルトの最高傑作のひとつ。『フィガロの結婚』の物語は、ロッシーニの歌劇で知られる『セビリアの理髪師』の後日談。貴族に対する庶民の勝利を生き生きと表現したモーツァルトのオペラ・ブッファの傑作。序曲をはじめ、「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」「恋とはどんなものかしら」「自分で自分がわからない」「楽しい思い出はどこへ」、映画『ショーシャンクの空に』で有名になった「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」などの名アリアの数々、そして全編にわたる二重唱や四重唱の美しいアンサンブルなど、見どころが満載。フィガロとスザンナの結婚式、アルマヴィーヴァ伯爵の初夜権行使を阻止するため、フィガロたちは伯爵夫人と共に一計を案じるが…。東京フィルハーモニー交響楽団常任指揮者として日本でもおなじみのイスラエル人ダン・エッティンガーが、ザルツブルク音楽祭で初のオペラ指揮。ウィーン・フィルからエレガンスと情熱を引き出したと絶賛された。なめらかな声とモデル並みの容姿で大人気のベネズエラ人バス・バリトン、ルカ・ピサローニは今年まだ40歳。チューリヒ歌劇場を拠点に古楽でも活躍中のソプラノ、マルティーナ・ヤンコヴァー、まだ20代ながらザルツブルク音楽祭には2014年『ドン・ジョヴァンニ』に続いての出演となる美人ソプラノ、アネット・フリッチュ、ウィーン国立歌劇場を中心に活躍するアダム・プラチェツカ、そしてロシア出身の注目のメゾ・ソプラノ、マルガリータ・クリシュコヴァなど、今をときめくライジングスターたちが勢ぞろい。演出は、北欧出身の俳優でもあるスヴェン=エリック・ベヒトルフ。丁寧なキャラクター作りは本公演でも健在。さらに2階建てのセットがドタバタ喜劇を盛り上げる。最後のカーテンコールまでお見逃しなく。

[出演]ルカ・ピサローニ(アルマヴィーヴァ伯爵)アネット・フリッチュ(伯爵夫人)アダム・プラチェツカ(フィガロ)マルティーナ・ヤンコヴァー(スザンナ)マルガリータ・グリシュコヴァ(ケルビーノ)ほか
[演目]モーツァルト:4幕のオペラ・ブッファ『フィガロの結婚』K.492
[演出]スヴェン=エリック・ベヒトルフ
[装置]アレックス・イールズ
[指揮]ダン・エッティンガー
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団
[収録]2015年8月9日ハウス・フォー・モーツァルト(ザルツブルク)「ザルツブルク音楽祭2015」

©Salzburger Festspiele/Ruth Walz

ウィーン国立歌劇場2013『カプリッチョ』

初回放送:10月4日(日)13:55~16:45

ウィーン・フィルの母体「ウィーン国立歌劇場管弦楽団」の、まさにウィーンの響きが堪能できる番組。第二次大戦中の1942年に初演されたR・シュトラウス最後のオペラ『カプリッチョ』は、オペラにおいて言葉と音楽のどちらが優位かという普遍的テーマが、音楽家フラマンと詩人オリヴィエから求愛を受ける伯爵の妹マドレーヌの姿を通して描かれる。マドレーヌ伯爵夫人を当たり役とするルネ・フレミングをはじめ、ボー・スコウフス、ミヒャエル・シャーデ、ウィーン出身の人気メゾ・ソプラノ、アンゲリカ・キルヒシュラーガー、ベテランのクルト・リドルなど、これ以上望めない豪華キャストも見どころ。クリストフ・エッシェンバッハ指揮のロマンティックな音楽作りも素晴らしく、コンサートでも単独で演奏される有名な「月光の音楽」は、ウィーン・フィルならではの美しいアンサンブルが必見。ウィーンにゆかりの深いR・シュトラウスのオペラは、やはりウィーン公演で見なくては。

[出演]ルネ・フレミング(マドレーヌ伯爵夫人)ボー・スコウフス(伯爵(マドレーヌの兄))ミヒャエル・シャーデ(フラマン(作曲家))マルクス・アイヒェ(オリヴィエ(詩人))クルト・リドル(ラ・ローシュ(劇場支配人))アンゲリカ・キルヒシュラーガー(クレロン(女優))他
[演目]R・シュトラウス:歌劇『カプリッチョ』Op.85
[演出・装置・照明]マルコ・アルトゥーロ・マレッリ
[指揮]クリストフ・エッシェンバッハ
[演奏]ウィーン国立歌劇場管弦楽団
[収録]2013年6月27日ウィーン国立歌劇場

©Wiener Staatsoper/Axel Zeiniger

ドゥダメル&ウィーン・フィル「ザルツブルク音楽祭2014」

初回放送:10月7日(水)21:00~22:40

21世紀を担う指揮者として最も注目を集める“若きカリスマ”ドゥダメルは、ベネズエラの音楽教育システム「エル・システマ」出身。1981年生まれ。12歳で初めて指揮をし、15歳でベネズエラのアマデウス室内管弦楽団音楽監督、18歳でシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ(現シモン・ボリバル交響楽団)音楽監督に就任。2004年第1回グスタフ・マーラー国際指揮者コンクール優勝。2009年LAフィル音楽監督に20代の若さで就任。これは半世紀ぶりの出来事で、『タイムズ』は「世界で最も影響力のある100人」に彼の名を挙げた。2013年ミラノ・スカラ座の指揮者として来日。世界最高峰オーケストラ、ウィーン・フィルとはここ数年毎年登場し密接な関係を築いている。この公演では、ウィーン・フィル団員のルネ・シュタール作曲『タイム・サイクリング』世界初演と、今年生誕150年のR・シュトラウスの交響詩『死と変容』『ツァルトストラはかく語りき』を演奏。ウィーン・フィルならではのシンフォニックな響きと、若々しく情熱的なドゥダメルの颯爽とした指揮を、目と耳の両方でお楽しみいただける。

[演目]シュタール:タイム・リサイクリング、R・シュトラウス:交響詩『死と変容』Op.24/交響詩『ツァラトストラはかく語りき』Op.30
[指揮]グスターボ・ドゥダメル
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
[収録]2014年8月23日ザルツブルク祝祭大劇場「ザルツブルク音楽祭2014」

©Marco Borrelli-Lelli

その他のオペラ

ザルツブルク音楽祭2013『ファルスタッフ』

初回放送:10月6日(火)22:15~24:40

ウィーン国立歌劇場2013『西部の娘』

初回放送:10月13日(火)21:55~24:25

ドキュメンタリー『ウィーン・フィルの誕生』

初回放送:10月14日(水)21:00~21:45

音楽学者として著書もあるウィーン・フィルのクレメンス・ヘルスベルク楽団長と、ヨーロッパ最高の音楽評論家ヨアヒム・カイザーが、ベートーヴェンとウィーン・フィル誕生の歴史を紐解くドキュメンタリー。

[出演]ヨアヒム・カイザー(音楽評論家)クレメンス・ヘルスベルク(ウィーン・フィル楽団長)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団他
[監督]クリストフ・エンゲル
[制作]2011年

ドキュメンタリー『ウィーン・フィルの世界』

初回放送:10月21日(水)21:00~22:10

2006年秋から2007年にかけて行われた世界ツアーと本拠地ウィーンでのバックステージを追った最新ドキュメンタリー。メンバーの素顔や2007年ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサート開演直前の様子など、ふだんは見ることができないウィーン・フィルの魅力がお楽しみいただける。

[出演]ニコラウス・アーノンクール、ヴァレリー・ゲルギエフ、サイモン・ラトル、ズービン・メータ、ダニエル・バレンボイム他
[監督]ダニエル・シュムツァー
[制作]2007年

©Jeanette Handler

アーノンクールのリハーサル『ハイドン:四季』

初回放送:10月28日(水)21:00~21:35

バロック以前の音楽の専門家としてスタートしたアーノンクールは、長年の経験と研究から培われた深い解釈で、ウィーン・フィルから新鮮でドラマティックなハイドンを引き出していく。オーケストラだけの初リハーサル(もちろんソリストも合唱もいない)は必見。ウィーン・フィルとのやり取りや彼らに自分の解釈を伝える様子、ウィーン・フィルメンバーの反応など、貴重な映像がみられる。第2回目のリハーサルは合唱及びソリスト付き。ますますマエストロの指揮と指導は熱くなっていく。83歳とは思えないマエストロのエネルギッシュなリハーサルから、アーノンクールの意外に熱い面が見て取れる。

[出演]ニコラウス・アーノンクール(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団、ドロテア・レシュマン(ハンネ/ソプラノ)ミヒャエル・シャーデ(ルーカス/テノール)フローリアン・ベッシュ(シモン/バス)エルンスト・ラッフェルスベルガー(合唱指揮)
[監督]エリック・シュルツ
[制作]2013年

©ORF/Roman Zach-Kiesling

アーノンクール&ウィーン・フィル「ハイドンの四季」

初回放送:10月28日(水)21:35~24:10

2013年ザルツブルク音楽祭におけるウィーン・フィルのオープニング・コンサートは、巨匠ニコラウス・アーノンクールが指揮するハイドンのオラトリオ『四季』。〝交響曲の父”と称されるハイドンが69歳の時に作曲したオラトリオ『四季』は、有名な前作『天地創造』と並び、ハイドンの最高傑作と言われる声楽曲。四季の移り変わりを季節ごとに描き、農夫ルーカス、小作人シモン、その娘ハンネという3人の庶民の生活と感情を通じて、偉大な自然とそれを創造した主への感謝を描いている。季節感を見事に描写するオーケストラ、美しいアリアと合唱が多彩に組み合わされた2時間以上の大作。
バロック以前の音楽の専門家としてスタートしたアーノンクールは、ウィーン・フィルというモダン楽器のオーケストラを得て、長年の経験と研究から培われた深い解釈によって、新鮮でドラマティックな演奏を見せてくれる。

[演目]ハイドン:オラトリオ『四季』Hob.XXⅠ-3
[指揮]ニコラウス・アーノンクール
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団、ドロテア・レシュマン(ハンネ)ミヒャエル・シャーデ(ルーカス)フローリアン・ベッシュ(シモン)
[収録]2013年7月ザルツブルク祝祭大劇場「ザルツブルク音楽祭2013」

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

お知らせNEWS
  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)