CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN


メニュー

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

メニュー 閉じる

特集FEATURE

バックナンバー

【クラシック大全】ショパン・コンクール Special

解説 Commentary

レポート「第17回ショパン国際ピアノ・コンクール」Vol.3


 1849年にショパンが39歳の若さで世を去ったあと、ショパンから直接教えを受けた、あるいは受けたと称するピアニストたちがそれぞれ「ショパンはこう弾いた」「ショパンは私にこう教えた」との主張を繰り広げたため、ショパン作品の解釈は混迷した。1925年、そうした状況を憂うるワルシャワ音楽院教授イェジー・ジュラヴレフは、ショパンの音楽を歪曲されない姿で継承するための最善策として、ショパン作品限定の国際コンクールの創設を提唱する。だが、独立したばかりの当時のポーランドには文化省もなく、芸術文化事案は政府内の一部署が細々と管轄する状態だった。音楽関連の年間予算はわずか1万ズゥオティ(現在、1ズゥオティは邦貨で約33円)。コンクール開催は予算面で難航する。しかし幸い、当時のモシチツキ大統領の賛同が得られ、2年間の準備期間を経た1927年、現存最古のピアノの国際コンクールである、ショパン国際ピアノ・コンクールがワルシャワに誕生した。
 このような設立理念であるため、前述のように、このコンクールはショパンという一人の作曲家の作品のみの演奏を審査対象としている。同コンクール以後、1937年創設のイザイ・コンクール(のちのエリザベート王妃国際音楽コンクール)、1943年創設のロン=ティボー国際コンクール、1958年創設のチャイコフスキー国際コンクールなど続々と同種コンクールが創設されたが、全演奏曲目が一人の作曲家の作品に限られるコンクールは他に例がない。つまり、ショパン国際ピアノ・コンクールは、ショパン演奏のあるべき姿を確認し、次代へと継承することを創設当初から最大の目的としている。
 もちろん、コンクールである以上、当然、新人ピアニストの登竜門としての意義も見逃せない。20世紀初頭まで、神童たちは各地で演奏会を開いて人目に触れ、辣腕マネージャーに声をかけてもらって世に出た。やがて、彼らを一堂に会させ力量を競わせて、上位の者に世に出る機会を与えようという観点から、コンクールというものが生まれる。もっとも古い近代ピアノ・コンクールは1890年創設のアントン・ルビンシテイン・コンクールだが、これは1910年の第5回をもって終息。その後創設されたのがショパン国際ピアノ・コンクールだったのだ。
 上位入賞者には数々の特典と栄誉が与えられ、彼らが世に出るお墨付きとなるわけだが、その栄誉にはショパンの作品をショパン本人が望んだはずの姿で演奏する責務が伴う。審査員たちもその観点で採点している。この基本姿勢は今後も変わることなく継承されていくであろう。私たちも、彼らの演奏を聴くとき、単に演奏技量の良し悪しに注視するのではなく、ショパン作品の使徒としての演奏であることに常に注意を払っていきたいものである。それが、このコンクールの最大の存在意義なのだから。

萩谷由喜子(音楽評論家)

萩谷由喜子 Yukiko Hagiya

音楽評論家、ジャーナリスト。日本経済新聞、産経新聞、音楽雑誌「音楽の友」「モストリークラシック」「ショパン」等に評論活動を展開する。各地でショパンの生涯と名曲に関するレクチャー・コンサート、講演等を継続し、2014年10月には彩の国さいたま芸術劇場で「中村紘子と萩谷由喜子が語るショパン物語」コンサートをプロデュース、出演。2000年の第14回から今回の第17回まで連続4回、ワルシャワのショパン国際ピアノ・コンクールを取材。ピアノとショパン関連の著書に「ショパンをめぐる女性たち」「クラシックのピアニストたち」「クラシックの作曲家たち」「五線譜の薔薇」等。ほかに、「幸田姉妹」「田中希代子」「諏訪根自子」「宮沢賢治の聴いたクラシック」等。 ホームページは http://www7b.biglobe.ne.jp/~yukiko99/

©Ireneusz Sobieszczuk

PROGRAM

第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール第3位「ケイト・リウ」

初回放送 3月の第1~第4水曜日21:00~

©Ireneusz Sobieszczuk

2015年10月に開催された第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクールで第3位、さらにマズルカ賞も獲得したアメリカのピアニスト、ケイト・リウ。1994年5月23日シンガポール生まれの21歳。中国人の両親と共に8歳でアメリカに移住。シカゴ音楽院で学び、カーティス音楽院でロバート・マクドナルド氏に師事。2015年に韓国で行われた第3回アジア・パシフィックショパン国際音楽コンクール第1位。今後の活躍が最も期待される若き女流ピアニスト。その際立つ個性で早くから注目されていたケイト・リウは、ここでも天を仰ぎ、時に瞑想にふけり、まるでシャーマンのように何かに憑かれたように弾き切る。おそらく音楽的にも視覚的にも最もユニークなピアニストの一人。彼女の演奏がコンクールのリアルな緊張感と興奮とともに、ご覧いただける。

PROGRAM

第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール1次予選「ケイト・リウ」

初回放送 3月2日(水)21:00~21:35

課題曲は、決められたエチュードから2曲、ノクターンと練習曲から1曲、そして4つのバラード、舟歌、幻想曲、4つのスケルツォより1曲。彼女が選択したプログラムは、「ノクターン ロ長調Op.62-1」「練習曲イ短調Op.10-2」「練習曲変ト長調Op.10-5『黒鍵』」「幻想曲ヘ短調Op.49」の4曲。使用ピアノはヤマハ。

[収録]2015年10月4日ワルシャワ・フィルハーモニー「第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール1次予選」

PROGRAM

第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール2次予選「ケイト・リウ」

初回放送 3月9日(水)21:00~21:50

課題曲は、4曲のバラード、舟歌、幻想曲、幻想ポロネーズより1曲、決められたワルツから1曲、決められたポロネーズから1曲を選択して30~40分のプログラムを組むこと(規定時間に達しなければその他のショパン作品を追加可能)。彼女が選択したのは、「バラード第4番ヘ短調Op.52」「ワルツヘ長調Op.34-3『華麗なる円舞曲』」「スケルツォ第3番嬰ハ短調Op.39」「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調Op.22」。使用ピアノはヤマハ。

[収録]2015年10月10日ワルシャワ・フィルハーモニー「第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール2次予選」

PROGRAM

第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール3次予選「ケイト・リウ」

初回放送 3月16日(水)21:00~22:10

課題曲は、2つのピアノ・ソナタまたは前奏曲から1作品、決められたマズルカから1つの作品番号を選択して、50~60分のプログラムを組むこと(規定時間に達しなければその他のショパン作品を追加可能)。彼女が選択したのは、「ポロネーズ変イ長調Op.61『幻想』」「即興曲第3番変ト長調Op.51」「3つのマズルカOp.56」「ピアノ・ソナタ第3番ロ短調Op.58」。使用ピアノはヤマハ。

[収録]2015年10月15日「第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール3次予選」(ワルシャワ)

PROGRAM

第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール ファイナル「ケイト・リウ」

初回放送 3月23日(水)21:00~21:50

課題曲は2曲のピアノ協奏曲のどちらか1曲。彼女が選択したのは第1番。使用ピアノはヤマハからスタインウェイに変更してきました。その際立つ個性で早くから注目されていたケイト・リウは、ここでも天を仰ぎ、時に瞑想にふけり、まるでシャーマンのように何かに憑かれたように弾き切ります。第1楽章のテンポの振幅の大きさ、第2楽章の神秘的な響き、そして最終楽章のドライブ感は凄まじい。

[ピアノ]ケイト・リウ
[指揮]ヤチェク・カスプシク
[演奏]ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
[収録]2015年10月18日ワルシャワ・フィルハーモニー「第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクールファイナル」

PROGRAM

横山幸雄ショパン・ピアノソロ全166曲コンサート 第3部

初回放送 3月30日(水)21:00~23:50

©引田匡史

『TOKYO FM開局40周年×ショパン生誕200年記念 横山幸雄ショパン・ピアノソロ全166曲コンサート』の模様。1990年ショパン国際ピアノコンクールで歴代日本人として最年少入賞を果たしたピアニスト横山幸雄が、新たな世代に向けて挑戦することの意義をメッセージとして発信したいと考え、ショパン作曲の出版されているピアノ曲及び重要な遺作全166曲を、朝9時から深夜1時までの1日で弾き切った世界初のコンサート。これで横山はギネスワールドレコーズ社による「Most pieces of music performed by a solo artist in 24 hours」のカテゴリーにおいてギネス世界記録TMを達成した。第3部は、ショパン20代後半から30代初めにかけての作品を取り上げます。夏はジョルジュ・サンドの邸宅があるノアンの館に、冬はパリに滞在する生活を送り、ショパンは心身ともに最も充実していた頃から、いよいよ円熟期へと移行していく。

[収録]2010年5月4日東京オペラシティコンサートホール

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

02 月の番組ガイド&番組表 e-Book
01 月の番組ガイド&番組表 e-Book
お知らせNEWS
  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)