CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN


メニュー

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

メニュー 閉じる

特集FEATURE

バックナンバー

【クラシック大全第2章】弦楽の世界

解説 Commentary

三大ヴァイオリン協奏曲、それとも四大ヴァイオリン協奏曲?

三大名作、三大美女、三大都市、三大映画祭、日本三景、三名園……。偉大なものは3つというのがちょうどいい。
 ヴァイオリン協奏曲の世界でも「三大ヴァイオリン協奏曲」といった呼び方を目にすることがある。さて、その三作とはなんだろうか。まず楽聖ベートーヴェンは外せない。そしてメンデルスゾーン、ブラームスと続けるのが妥当なところか。ドイツ音楽でまとまるところも収まりがよい。
 しかし、それではチャイコフスキーが入らない。実際のところ、人気の高さではチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は前三者にまったく劣らないどころか、凌駕している可能性すらある。かといって、「三大ヴァイオリン協奏曲」にチャイコフスキーを含めるとして、いったいだれの作品を落とせばよいのか。古典派協奏曲の完成形ともいうべきベートーヴェン、天衣無縫の流麗さを誇るメンデルスゾーン、重厚なロマンティシズムにあふれるブラームス。どれも外せない。
 ヴァイオリン協奏曲に関しては「四大ヴァイオリン協奏曲」で手を打つしかないように思える。
 こんな悩みが発生するのも、ヴァイオリン協奏曲の大傑作がある程度固定されているから、ともいえるだろう。同じ悩みはピアノ協奏曲では発生しない。なぜなら「三大ピアノ協奏曲」などという言い方はしないから。あまりにも傑作が豊富にあって選びようがないということなのだろう。
 このあたりに、ヴァイオリン協奏曲とピアノ協奏曲の非対称性があらわれている。
 というのも、大作曲家の多くは卓越したピアニストでもあった。ピアノ協奏曲ではしばしば作曲者自身がソリストを務めることが前提となっていた。あるいはそうでなくても、作曲家はピアノの演奏技法に精通していた。
 ところがヴァイオリン協奏曲となると、作曲者自身がソリストを務めるケースは極端に少なくなる。そして大作曲家たちは同時代のヴァイオリンの名手たちの助言を仰ぎながら作品を書くケースが目立つ。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲にはフランツ・クレメント、メンデルスゾーンにはフェルディナント・ダヴィッド、ブラームスにはヨーゼフ・ヨアヒム、チャイコフスキーにはイオシフ・コーテクが傍らにいたように。
 つまり、多くの場合、ピアノ協奏曲とは自分のための作品だが、ヴァイオリン協奏曲は他人のための作品なのだ。
 そう考えると、ヴァイオリン協奏曲というジャンルに献身や友情の要素を聴きとることも可能なのではないだろうか。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

飯尾 洋一 Yoichi Iio

音楽ジャーナリスト。著書に『クラシック音楽のトリセツ』(SB新書)、『R40のクラシック』(廣済堂新書)、『クラシックBOOK この一冊で読んで聴いて10 倍楽しめる!』(三笠書房・王様文庫)他。雑誌、ウェブメディア、プログラムノートへの執筆や放送などで幅広く活動中。

©3B-Produktion (Bernhard von Hulsen

PROGRAM

コパチンスカヤ&クルレンツィス『ブレーメン音楽祭2015』

放送日時 6月8日(水)21:00~22:15

©3B-Produktion (Bernhard von Hulsen

パトリツィア・コパチンスカヤと、1972年アテネ生まれの指揮者テオドール・クルレンツィス率いるムジカエテルナが共演した、2015年8月29日ブレーメン音楽祭オープニングコンサート。会場はカラヤンもその音響の良さを絶賛したと言われるブレーメンのコンサートホール「グロッケ」(Die Glocke:鐘)。美しい旋律が魅力のメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、3つの楽章が続けて演奏され、ソリストは最初から最後まで弾きっ放し。見た目の穏やかな表情とは異なり、超絶技巧も体力も必要という難曲だが、コパンチスカヤはまさに自由奔放。その圧倒的なドライブや独特のフレーズなど何が起こるかわからないスリルと豊かな表情に、目が離せない。特異な風貌も際立つ新世代指揮者クルレンツィスとピリオド楽器集団「ムジカエテルナ」は、ロシアのウラル山脈の麓に位置するペルミ国立歌劇場音楽監督及び座付きオーケストラ。彼は、2016年4月のチューリヒ歌劇場公演『マクベス』も絶賛され、バロックから現代音楽までのオーケストラやオペラをカバーするレパートリーの広さと、その鮮烈な演奏が世界に旋風を巻き起こしている。非西欧の世界から、西欧文化の象徴であるクラシック音楽に革命を巻き起こす若者たち。ユニークなカメラワークも含めて、その衝撃の演奏の全貌は映像ならではのお楽しみ。

[演目]メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64、ブラームス:交響曲第3番ヘ長調Op.90
[指揮]テオドール・クルレンツィス
[演奏]ムジカエテルナ、パトリツィア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン)
[収録]2015年8月29日グロッケ大ホール(ブレーメン)「ブレーメン音楽祭2015オープニングコンサート」

PROGRAM

コパチンスカヤ『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲』

初回放送 6月15日(水)21:00~21:55

©Marco Borggreve

チャイコフスキー唯一のヴァイオリン協奏曲は、その堂々たる風格と哀愁に満ちた旋律、民族舞踊の躍動感や華やかなテクニックなど、ヴァイオリンのさまざまな表情が存分に堪能できる名曲。今ではベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームスと並ぶ四大ヴァイオリン協奏曲として世界中で愛されている。本番組は、この楽曲の数ある映像の中で、第1楽章で観客から思わず拍手が飛び出すほど、最も強烈で燃焼度の高い演奏の一つ。1977年モルドバ生まれの美人ヴァイオリニスト、パトリツィア・コパチンスカヤは、その音楽から弾き方まで、まさに自由奔放。何が起こるかわからないスリルとあまりにも豊かな表情に、画面から一瞬たりとも目が離せない。冒頭のリハーサルから、ソリストと指揮者との丁々発止のやりとりやソリストを自由に羽ばたかせるマエストロのコントロールなど、協奏曲ならではの楽しみを存分に味わわせてくれる。衝撃のアンコールも必見。

[演目]チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35、ホルヘ・サンチェス=チョン:クリン
[指揮]ウラディーミル・フェドセーエフ
[演奏]モスクワ放送交響楽団、パトリツィア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン)
[収録]2011年ヘッセン州立劇場(ヴィースバーデン)「ドイツ・ラインガウ音楽祭」

PROGRAM

五嶋みどり&メータ「ブラームスとヒンデミット」

初回放送 6月22日(水)21:00~22:40

©Uli Aumueller

1983年に11歳でズービン・メータ指揮ニューヨーク・フィルハーモニックと共演し米国デビューを飾った“天才少女”五嶋みどり。この番組はその30年後、2013年にミュンヘンのフィルハーモニーで、再び同じ顔合わせとなったミュンヘン・フィル演奏会。前半にブラームス『悲劇的序曲』とヒンデミット『画家マティス』、後半のメインにブラームス唯一のヴァイオリン協奏曲が配された構成にも注目。
五嶋みどりのヴァイオリンは、そのスケールの大きさと繊細さ、力強さと美しさ、冷静さと情熱を併せ持った、まさに貫禄の力演。張り詰めた緊張感の中で、楽曲の世界に入り込みながら、時折見せる柔らかな顔など、さまざまな表情を見せる彼女の姿はテレビならではの魅力。第2楽章の「ヴァイオリンによるコロラトゥーラのアリア」と評される有名な中間部は必見。2013年に没後50年を迎えたドイツの作曲家ヒンデミットの『画家マティス』は、ナチスによって上演禁止を言い渡された「ヒンデミット事件」で知られる楽曲。同名オペラを作曲家自身が交響曲にまとめたもの。1936年インド生まれの巨匠指揮者ズービン・メータの、70代後半とは思えないメリハリのついた音楽作りと推進力、ミュンヘン・フィルのパワーも圧巻。

[演目]ブラームス:悲劇的序曲ニ短調Op.81、ヒンデミット:交響曲『画家マティス』(第1楽章「天使の合奏」第2楽章「埋葬」第3楽章「聖アントニウスの誘惑」)、ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.77
[指揮]ズービン・メータ
[演奏]ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、五嶋みどり(ヴァイオリン)
[収録]2013年2月フィルハーモニー(ミュンヘン)

PROGRAM

小澤征爾『カラヤン・メモリアル・コンサート』

初回放送 6月29日(水)21:00~23:00

©ORF/Milenko Badzic

長きにわたりカラヤンの薫陶を受けた小澤征爾。カラヤンに育てられたヴァイオリニスト、アンネ=ゾフィー・ムター。そして安永徹がコンサートマスターを務めるベルリン・フィル。2008年1月23日ベルリン、25日パリ、26日ルツェルン、28日ウィーンで行われたカラヤン生誕100年記念コンサートの最終日(ウィーン公演)を全て収録した番組。神童ともてはやされていたムターがカラヤンに厳しい一言を言われ、本物の演奏家になるきっかけとなったというベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。13歳のムターが初めてカラヤンの前で弾いたバッハ。そしてカラヤンがレコード録音7回、映像収録2回行ったチャイコフスキー『悲愴』がプログラム。

[演目]ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.61、J・S・バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調BWV.1004より「サラバンド」、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調Op.74『悲愴』
[指揮]小澤征爾
[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
[収録]2008年1月28日ムジークフェラインザール大ホール(ウィーン)

PROGRAM

スターン・トリオ『ベートーヴェンの大公』

初回放送 6月1日(水)21:00~22:05

©Ideale Audience

20世紀を彩る巨匠たちのテレビ向けに収録された音楽番組を中心に、音だけではわからない、伝説のアーティストの動きや表情までを生き生きと映し出す貴重映像。スターン、ローズ、イストミンによる通称「スターン・トリオ」は、巨匠として精力的に活動したスターン、彼と数々の録音や映像を残し室内楽の分野で高い地位を築いたイストミン、アメリカが誇る20世紀を代表するチェリスト、ローズの3人で構成される鉄壁のトリオ。この番組は、フランスで収録されたベートーヴェンのピアノ・トリオの最高傑作『大公』。ベートーヴェンのパトロンの一人であったルドルフ大公に献呈され、『大公』の名称で知られるピアノ三重奏曲第7番は1810年の終わり頃に作曲。オーケストラを思わせる優美な響きと高貴さに満ちた名曲として、今なお世界中で愛されている。彼ら三人のエネルギーに溢れた姿は映像ならでは。

[演目]ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第7番変ロ長調Op.97『大公』/第3番ハ短調Op.1-3~第4楽章
[演奏]アイザック・スターン(ヴァイオリン)レナード・ローズ(チェロ)ユージン・イストミン(ピアノ)
[収録]1970年フランス国立放送スタジオ(パリ)「ベートーヴェン生誕200年記念番組」

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

お知らせNEWS
  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)