CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN


メニュー

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
メニュー 閉じる

特集FEATURE

バックナンバー

【クラシック大全第2章】世界のオーケストラ10〜ロイヤル・コンセルトヘボウ管

解説 Commentary

芳醇な響きは申すまでもなく…

 芳醇な響きは申すまでもなく、多国籍のトップ・プレイヤーが醸すミュージシャンシップも素晴らしいアムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。スリーレターの略称RCO(オランダではKCO)を眺めるだけで、音楽好きは最高峰のオーケストラ芸術を思い浮かべる。思わずほほ緩む。
 オランダ語のKoninklijk Concertgebouworkestを正しくどう発音するのかはともかく、オランダ語でコンサートホール(の建物)を意味するConcertgebouwつまりコンセルトヘボウの語感を知らぬ者は、いない。
 創設は1888年。本格的なコンサートホール、すなわちコンセルトヘボウの完成とともに、ホール専属のオーケストラとして産声を挙げた。逆に言えば、アムステルダムには、それまでブラームス!を始めとする著名アーティストの演奏に相応しい大ホールがなかったのだ。ちなみにブラームスは1876年から1884年にかけてアムステルダムを訪れている。
 「そうした状況を恥ずかしいと思った1800年代中葉の文化人や政治家たちが、コンサートホールの必要性を叫んだわけです。コンセルトヘボウは、アムステルダム国立美術館(現在の建物は1885年完成)や中央駅の設計者ピエール・カイペルスなどによってホール建設準備委員会が組織され、ファン・ヘントの設計により建設がすすめられました」とは、博識の広報嬢。
 黎明期の歴史を創った偉人の名を、あらためて挙げておく。第2代首席指揮者のウィレム・メンゲルベルク(1871~1951)、そのメンゲルベルクに誘われるように1903年に初めて訪れ、その後自作を指揮したグスタフ・マーラー(1860~1911)。交響詩『英雄の生涯』をこのオーケストラにプレゼントしたリヒャルト・シュトラウス(1864~1949)。もう十分である。
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は、生まれながらにしてマーラーとリヒャルト・シュトラウスのオーケストラだったのである。1920年5月に、メンデルベルクを仲立ちに世界初のマーラー音楽祭全9公演を挙行したのも当然といえる。1922年にフランス音楽祭、1924年にはリヒャルト・シュトラウスの「還暦」を祝うR・シュトラウス音楽祭を開催し、オーケストラは国際的な名声を確立したのだった。当時の「現代音楽」をメインにした音楽祭を開催する。新しい響きを愛で、それを会得するのも彼らのお家芸なのだ。

 演奏史をひもとけば、第二次大戦前後から、我らがコンセルトヘボウ管弦楽団の指揮台には、エドゥアルト・ファン・ベイヌムが立つ。ドイツの楽長オイゲン・ヨッフムとの創造も始まった。
 近代の歩みは私たちにも親しい。今も素晴らしいベルナルト・ハイティンク(1929年生れ)、初の「外国人シェフ」となったリッカルド・シャイー(1953年生れ)、2015年3月に「シェフ満了、お別れ公演」を行なったマリス・ヤンソンス(1943年生れ)のタクトが、私たちを魅了してきた。コンセルトヘボウ管弦楽団は創設100年を迎えた1988年、当時の女王ベアトリクス女王より、正式にRoyal(Koninklijk)の称号を授与される。ハイティンクからシャイーにバトンが受け継がれた年だった。
 今をときめく指揮者、ソリストと交歓し、年間のseason毎にフェスティヴァルを開催しているようなオーケストラだが、2013年、創立125周年を記念した世界一周ツアーは、オーケストラにとっても世界のファンにとっても忘れられない内容となった。その模様はエディ・ホニグマン監督によって映画化されている。
 愛すべきメンバーはほんとうに多国籍。コンサートマスターは、ソロ、室内楽も傑出しているルーマニア出身のリヴィウ・プルナールに、N響のゲストにも来るヴェスコ・エシュケナージ。ヴィオラのトップは日本の波木井賢さん、チェロには何とロシア出身でドイツ生活が長い「ソリスト」タチアナ・ヴァシリエヴァもいる。
 フルートのトップは、ウェールズ出身で日本でも愛されているエミリー・バイノンに、ドイツの実力派ケルステン・マッコール。練達のファゴットは南米ウルグアイ出身のグスターボ・ヌニェス・ロドリゲス……。
 出身国20ヵ国以上、総勢120人のメンバーが最高峰のオーケストラ芸術を奏でているのだが、そこに「寄せ集め感」あるいは「よそよそしい雰囲気」は皆無。そこがいい。演奏するシンフォニーやコンチェルトに敬意を表し、指揮者、ソリストを交え、最高峰のパフォーミングアーツを奏でる「チーム・コンセルトヘボウ」が身上だ。演奏中の姿勢、表情を見よ。
 褒めすぎだろうか。いやそんなことはない。彼らがこれまでに創ってきた音が、映像が、すべてを証明している。
 2016年秋、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は、常連の客演陣との関係を保ちつつ、首席指揮者にダニエレ・ガッティ(1961~)を迎える。オペラや声楽作品で新境地を奏でるだろうか。そう、このオーケストラはアムステルダム歌劇場でも定期的に演奏するのだ。
 コンセルトヘボウは伝統や格式を忘れずに、進化し続ける。これはという30歳台のマエストロにも声をかける。
 映像に喝采を贈りたくなるオーケストラは、そうそうあるものではない。

奥田佳道(音楽評論家)

奥田佳道 Yoshimichi Okuda

1962年東京生れ。ヴァイオリン、ドイツ文学、西洋音楽史を学ぶ。ウィーンに留学。現在、放送出演、執筆、レクチャー、演奏前のプレコンサートトークで活躍。アサヒグループ芸術財団音楽部門選考委員、朝日カルチャーセンター新宿講師。フッぺル鳥栖ピアノコンクール審査員。エリザベト音楽大学パフォーマンスフォーラム講師。著書に「これがヴァイオリンの銘器だ」他。

©Christina Chouchena

PROGRAM

ネルソンス&コンセルトヘボウ「バルトークとショスタコーヴィチ」

放送日時 7月10日(日)21:00~23:05

©Christina Chouchena

若きバルトークが恋焦がれた女性ヴァイオリニストに献呈され、彼女の死後に発見されるまで半世紀にわたり存在を知られなかったロマンティックな『ヴァイオリン協奏曲第1番』、第二次世界大戦時のショスタコーヴィチのファシズムへの勝利宣言とされ、第1楽章の12回繰り返される「戦争の主題」が有名な交響曲第7番『レニングラード』、その間にシベリウス11歳の作品『水滴』というプログラムは全体の流れに見事なコントラストと調和を生み出し、番組の最後まで一瞬たりとも目が離せない。
1978年ラトヴィア生まれの若きアンドリス・ネルソンスは、ボストン交響楽団音楽監督と、2017年からはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の楽長(カペルマイスター)を兼任。コンセルトヘボウ管とは現在「ショスタコーヴィチ交響曲全集」が進行中。この番組では、『レニングラード』の圧倒的迫力と冷静さを保ちながら観客を興奮に導く彼の指揮が見どころ。バルトークを弾くのはオランダの女流ヴァイオリニスト、ジャニーヌ・ヤンセン。

[演目]バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番Sz.36、シベリウス:水滴JS.216、ショスタコーヴィチ:交響曲第7番ハ長調Op.60『レニングラード』
[指揮]アンドリス・ネルソンス
[演奏]ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ジャニーヌ・ヤンセン(ヴァイオリン)グレゴール・ホルシュ(チェロ)
[収録]2015年9月17日コンセルトヘボウ(アムステルダム)

PROGRAM

コンセルトヘボウ「ジョン・アダムズ自作自演集」

放送日時 7月17日(日)21:00~22:40

©Renske Vrolijk

コンセルトヘボウ管は、マーラー、R・シュトラウス、ストラヴィンスキー、現在でもタン・ドゥンやジョン・アダムズなど多くの作曲家が指揮することでも有名。この番組では、そのコンセルトヘボウの特徴が一目瞭然。現代で最も影響力のある作曲家の一人、アメリカ人のジョン・アダムズが自作を指揮した2015年10月公演。必見は、本公演がヨーロッパ初演となった最新作『シェエラザード 2』。アダムズは、パリのアラブ世界研究所に展示されたシェエラザードの像に触発され、独奏ヴァイオリンを主人公にした“ドラマティック・シンフォニー”を思いついたそう。独奏ヴァイオリンはリーラ・ジョセフォウィッツ。彼女のために書かれたヴァイオリン・ソロ。この番組でも彼女の魂そのものといえる熱演が感動的。“原爆の父”ロバート・オッペンハイマー博士を描いた歌劇『ドクター・アトミック』を改変した『ドクター・アトミック・シンフォニー』も大注目。「研究所(ラボラトリー)」「パニック」「トリニティ(三位一体)」の3部から成り、オッペンハイマー博士の苦悩や葛藤、恐怖が描かれる。決して難解ではないが、その音楽の迫力に圧倒される 『トロンバ・ロンターナ』は、テキサスのメキシコからの独立150周年を記念したファンファーレ。

[演目]ジョン・アダムズ:2つのファンファーレ~トロンバ・ロンターナ/ドクター・アトミック・シンフォニー(第1楽章「研究所(ラボラトリー)」第2楽章「パニック」第2楽章「トリニティ(三位一体)」)/ヴァイオリンと管弦楽のための劇的交響曲『シェヘラザード 2』(ヨーロッパ初演)
[指揮]ジョン・アダムズ
[演奏]ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、リーラ・ジョセフォウィッツ(ヴァイオリン)
[収録]2015年10月15日コンセルトヘボウ(アムステルダム)

PROGRAM

ヤンソンスの指揮法マスタークラス(前編)

ヤンソンスの指揮法マスタークラス(後編)

放送日時 7月3日(日)21:00~22:30

©Marco Borggreve

3人の若手指揮者がアムステルダムの名門ホール、コンセルトヘボウの観客の前で、世界三大オーケストラの一つ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管を指揮し、世界的指揮者マリス・ヤンソンスの指導を受ける、何とも贅沢なマスタークラス。前編はベルリオーズ『幻想交響曲』、後編は、ショスタコーヴィチの交響曲第5番『革命』が課題曲。オーケストラにとって指揮者という存在は何なのか。指揮者はオーケストラの前で何を示さなければならないのか。単なる解釈や指揮の動きだけではなく、プロのオーケストラに対するプロの指揮者としての人間的部分も含めて、とても興味深いマスタークラスが展開する。ヤンソンスのみならず、受講生に直接指摘するオーケストラメンバーのコメントも見逃せない。受講生はこれからのホープばかり。今から要注目。

[出演]マリス・ヤンソンス、ゲルゲイ・マダラシュ(ハンガリーの指揮者)ユー・ルー<俞潞>(中国の指揮者)アレクサンダー・プライアー(英国の指揮者)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
[演目]ベルリオーズ:幻想交響曲Op.14より、ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調Op.47『革命』より
[収録]2012年5月コンセルトヘボウ(アムステルダム)

PROGRAM

コンセルトヘボウのマーラー・チクルス『交響曲第5番』

放送日時 7月1日(金)21:00~22:25

©Abramowitz

世界屈指のホール「コンセルトヘボウ」の美しさ、流麗なカメラワーク、まさにオーケストラの名曲を映像で見る醍醐味。今年の秋からコンセルトヘボウの首席指揮者に就任するダニエレ・ガッティが、まるでオペラのようにドラマティックな音楽を作り上げた。映画『ベニスに死す』で有名な第4楽章「アダージェット」は、演奏者一人一人をワンカットで撮影するカメラワークが感動的。

[演目]マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調
[指揮]ダニエレ・ガッティ
[演奏]ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
[収録]2010年6月25日コンセルトヘボウ(アムステルダム)

PROGRAM

コンセルトヘボウのマーラー・チクルス『交響曲第4番』

放送日時 7月8日(金)21:00~22:10

[演目]マーラー:交響曲第4番ト長調
[指揮]イヴァン・フィッシャー
[演奏]ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ミア・パーション(ソプラノ)
[収録]2010年4月22日&23日コンセルトヘボウ(アムステルダム)

PROGRAM

コンセルトヘボウのマーラー・チクルス『交響曲第9番』

放送日時 7月15日(金)21:00~22:45

[演目]マーラー:交響曲第9番ニ長調
[指揮]ベルナルト・ハイティンク
[演奏]ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
[収録]2011年5月13日&15日コンセルトヘボウ(アムステルダム)

PROGRAM

コンセルトヘボウのマーラー・チクルス『交響曲第10番』

放送日時 7月22日(金)21:00~22:25

[演目]マーラー:交響曲第10番嬰ヘ短調(デリク・クック補筆による全5楽章の完全版)
[指揮]エリアフ・インバル
[演奏]ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
[収録]2011年6月30日コンセルトヘボウ(アムステルダム)

PROGRAM

コンセルトヘボウのマーラー・チクルス『巨人』

放送日時 7月29日(金)21:00~22:10

[演目]マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』
[指揮]ダニエル・ハーディング
[演奏]ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
[収録]2009年9月30日コンセルトヘボウ(アムステルダム)

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
05 月の番組ガイド&番組表 e-Book
04 月の番組ガイド&番組表 e-Book
お知らせNEWS
  • 2018.02.20
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 放送時間変更のお知らせ
    3月20日に初放送を予定しております、
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 につきまして、
    権利元から到着した番組尺が当初のものより長いことが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    3/20(火)
    ■変更前
    21:00~21:55 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    21:55~22:25 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:25~25:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:10~26:55 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    26:55~28:10 ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン『ブルックナー:交響曲第3番』

    ■変更後
    21:00~22:10 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    22:10~22:40 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:40~25:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:25~27:10 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    27:10~28:10 ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送響『シベリウス:交響曲第7番』

    3/21(水・祝)
    ■変更前
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~16:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    16:50~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/22(木)
    ■変更前
    12:05~13:05 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:05~13:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    13:40~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    12:05~13:10 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:10~13:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    13:25~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    3/23(金)
    ■変更前
    09:10~09:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第14番』
    09:40~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    09:10~09:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    09:25~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/24(土)
    ■変更前
    06:00~08:40 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    08:40~09:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    09:10~10:50 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:50~11:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:40~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    06:00~06:15 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    06:15~08:25 陳銀淑:歌劇『不思議の国のアリス』
    08:25~08:55 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    08:55~10:35バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:35~11:25 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:25~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/25(日)
    ■変更前
    22:55~23:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    23:50~24:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:40~26:00 ピエール・ブーレーズ追悼コンサート2016 in パリ

    ■変更後
    22:55~24:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    24:05~24:55 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:55~26:00 ポートレート「シャロン・イスビン」

    3/26(月)
    ■変更前
    24:55~25:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    25:50~26:20 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:20~29:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:10~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第7番』

    ■変更後
    24:55~26:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    26:05~26:35 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:35~29:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:25~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』

    3/27(火)
    ■変更前
    28:35~29:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    29:05~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    28:35~28:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    28:50~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
  • 2018.02.20
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』 放送時間変更のお知らせ
    2月25日に初放送を予定しております、
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』につきまして、
    想定より番組が早く終了することが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    2月及び3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    2/25(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    21:00~22:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    22:40~23:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/26(月)
    ■変更前
    22:50~24:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    22:50~24:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    24:30~24:50 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/27(火)
    ■変更前
    19:00~21:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    19:00~20:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    20:40~21:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/28(水)
    ■変更前
    15:00~17:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:00~16:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:40~17:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    3/1(木)
    ■変更前
    12:00~14:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    12:00~13:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    13:40~14:00 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/2(金)
    ■変更前
    7:50~9:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    7:50~9:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    9:30~9:50 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/3(土)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/11(日)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』



  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)