CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN

特集/FEATURE

バックナンバー

【クラシック大全第2章】傑作選

解説 Commentary

まさにロリンにしかできない企画
~ロリン・マゼール「ストラディヴァリウス 音比べ」~

 日本音楽財団よりストラディヴァリウスを無償貸与されたアーティストが一堂に会する「ストラディヴァリウス・コンサート」。ロリン・マゼール氏が所有するキャッスルトン・ファーム(アメリカ合衆国ヴァージニア州)で開催された2007年は、コンサートの他に、マゼール氏の解説付きでストラディヴァリウスの音を聴き比べるイベントが行われました。
 クラシカ・ジャパンは、当イベントを収録した番組をより一層楽しんでいただくために、公益財団法人日本音楽財団の塩見和子会長に、マゼール氏と同財団の関わりやイベントのエピソードなど、当事者ならではのお話を伺ってきました。



― 日本音楽財団は1994年よりストラディヴァリウスの貸与事業を実施しています。マゼールさんは貸与委員会の初代委員長を、1995年から亡くなる2014年まで務めました。
 私たちがストラディヴァリウスを購入し始めた当初は、日本の財団だから日本人だけに貸すのだろうと言われました。「日本音楽財団には楽器を売るな」という怪文書まで飛び交ったくらいなのです。だから、まずは国際的な貸与委員会を組織することが急務でした。
 委員会には、国籍を問わない楽器の無償貸与という私たちのスタンスを評価いただける方が必要でした。もちろん貸与する人を選ぶわけですから、その人の技量や精神力、将来性まで見越す力を持った人でなければなりません。
 そこで、以前から存じ上げていたロリン・マゼールさんにお願いをしたわけです。
2013年11月20日ミュンヘンで行われた楽器貸与委員会。左から2人目が議長のロリン・マゼール氏。
写真提供:日本音楽財団.

― 貸与委員会では、マゼールさんはどのような委員長でしたか。
 一言でいうとマジメ、そしてとびっきり頭のいい方。議事進行もきちんとしてくださったし、他のメンバーの方々のご意見をしっかり引き出してくださるなど、真の意味で委員長でした。自分が関わるのなら、充分時間をかけて真剣に取り組みたいというお気持ちがあらわれていました。

― この「ストラディヴァリウス 音比べ」は、どのようなきっかけで行われたのですか。
 キャッスルトン・ファームでの「ストラディヴァリウス・コンサート」の当日、本番の前にマゼールさんが突然「折角だからコンサートの前にみんなの楽器を見せて、クロマティックスケール(半音階)を弾いてね」と言われたのです。「それ、誰がやるの?」「全員だよ」ということになって…。お客様の前で、それもロリン・マゼールさんの前で、音階を弾く!もうみんなパニックになって、その日のコンサートで弾く曲よりドレミファばかり練習していましたね(笑)。あんな真剣な貸与者の顔を見たのは初めてでした。
 もちろん日本音楽財団も自分たちが保有する楽器の音を残しておきたいと思っていたのですが、さすがに「情感を込めずに淡々と半音階スケールを弾いてください」とはとても頼めないですよね。まさに“マエストロ”マゼールだからこそ可能になった企画です。ある意味、これほど“アブノーマル”に楽器の音を“ノーマル”に比較できる内容は、博物館でさえ思いつかないでしょう。お客様にもとても好評でした。

― 番組では、音階を弾くアーティストの表情も見どころです。
 みんな、音階を弾きながら反応を気にしてマエストロの方をチラチラ見ているのね(笑)。皆絶対「スケールを弾いても上手ね」と思われたかったのでしょうね。本当に一生懸命頑張ってくれました。

― マゼールさんも現在の委員長サー・サイモン・ラトルも、後進の育成にとても熱心ですね。
 若い音楽家の育成に関して、2人の感覚は似ているように思います。マゼールさん自身、そのためにどれだけの私財を投じてこられたのかわかりません。
 日本音楽財団は、演奏家のホップ・ステップ・ジャンプという成長過程の、最後のジャンプの段階でストラディヴァリウスを貸与し、彼らが大きくグローバルに成長してもらいたいと考えています。マゼールさんも、現在のラトル委員長も、委員会の皆様も、将来大きく開花する可能性のある若者に注目しています。こぢんまりと完成した人には興味がないのです。
 もっとも、マゼールさんもラトル委員長も指揮者ですから、「指揮者としてこの子を使うかどうか」が最大の判断ポイントになっているのかもしれませんね。

取材・文:クラシカ・ジャパン編成部 石川了

日本音楽財団 会長 塩見和子 Kazuko Shiomi

1965年、国際基督教大学(ICU)在学中より通訳として活躍。卒業後、米国を中心に、国務省、カナダ政府と契約して、政府交渉及び国際会議などの同時通訳を務めた。1979年に帰国して、世界最大・最古のオークション会社サザビースの日本代表に就任。1989年にはサザビース・ジャパンの社長となり、1992年に退社後、1995年から日本音楽財団の理事長に就任。2016年より同財団会長。また1997年からは日本太鼓財団の理事長も務めている。


©Robert Burgess

毎週月曜日 【振付家でみる名作バレエ】

<初演から50年!バランシンの『ジュエルズ』>

PROGRAM

パリ・オペラ座バレエ『ジュエルズ』

初回放送 4月3日(月)21:00~

PROGRAM

バランシンよ 永遠に~パリ・オペラ座の『ジュエルズ』

初回放送 4月3日(月)22:40~

<『眠れる森の美女』を見比べる>

PROGRAM

マシュー・ボーンの『眠れる森の美女』2013

初回放送 4月10日(月)21:00~

PROGRAM

メイキング「マシュー・ボーンの眠れる森の美女」

初回放送 4月10日(月)22:55~

PROGRAM

ナチョ・ドゥアトの『眠れる森の美女』

初回放送 4月17日(月)21:00~

PROGRAM

ナチョ・ドゥアト「スペインからロシア、そして」

初回放送 4月17日(月)23:05~

PROGRAM

英国ロイヤル・バレエ2011『眠れる森の美女』

初回放送 4月24日(月)21:00~

毎週火曜日 【人間ドキュメント: 隠されたストーリー】

<女性アーティストに焦点を当てて>

PROGRAM

ポートレート「ソル・ガベッタ」

初回放送 4月4日(火)21:00~

PROGRAM

ポートレート「ミア・スラヴェンスカ」

初回放送 4月11日(火)21:00~

PROGRAM

ダーシー・バッセルが語る「バレエのヒロインたち」

初回放送 4月18日(火)21:00~

PROGRAM

ポートレート「サシャ・ヴァルツ」

初回放送 4月25日(火)21:00~

PROGRAM

バレンボイムの『タンホイザー』2014

初回放送 4月25日(火)22:05~

【オペラ400年史】

<2017年はモンテヴェルディ生誕450年>

PROGRAM

アーノンクールのチューリヒ歌劇場『オルフェオ』

初回放送 4月4日(火)22:00~

PROGRAM

アーノンクールのチューリヒ歌劇場『ウリッセの帰還』

初回放送 4月11日(火)22:05~

PROGRAM

アーノンクールのチューリヒ歌劇場『ポッペアの戴冠』

初回放送 4月18日(火)22:10~

毎週水曜日   【世界のオーケストラ10】 

<20世紀のオーケストラの名曲>

PROGRAM

イヴァン・フィッシャー&ブダペスト祝祭管『トゥーランガリラ交響曲』

初回放送 4月5日(水)21:00~

PROGRAM

コンセルトヘボウのマーラー・チクルス『千人の交響曲』

初回放送 4月19日(水)21:00~

PROGRAM

ラトル&ベルリン・フィル2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

初回放送 4月26日(水)21:00~

【弦楽の世界】

<4月来日記念>

PROGRAM

アヴィ・アヴィタル「驚異のマンドリン」

初回放送 4月5日(水)22:35~

<ストラディヴァリウス!>

PROGRAM

ロリン・マゼール解説「ストラディヴァリウス 音比べ」

初回放送 4月12日(水)21:00~22:15

©Robert Burgess

北イタリア・クレモナの弦楽器製作家アントニオ・ストラディヴァリ(1644-1737)は、90歳を超える最晩年までに約1,200挺の名器を製作。それらはストラディヴァリウスと呼ばれ、現存するのは約600挺しかない。最良の松材と楓材による理想的形状、そして完璧なニスの調合により、今なお最高の音色と音量を維持するストラディヴァリウスの音とは一体どのようなものなのか。日本音楽財団は、そうした名器ストラディヴァリウスを18挺所有し保全すると同時に、世界で活躍する一流演奏家や若手有望アーティストに、国籍を問わず無償で貸与している。この番組では、日本音楽財団の楽器を貸与されたソリスト及び四重奏団1団体が集結し、同財団が保有する世界に6セットしかないストラディヴァリウスのクァルテット(ヴァイオリン2挺、ヴィオラ、チェロのセット)の一つ「パガニーニ・クァルテット」を含むストラディヴァリウスの魅力を解き明かす。ナビゲーターは、日本音楽財団の楽器貸与委員会議長を務めていた指揮者の故ロリン・マゼール。ヴァイオリニストとしてキャリアをスタートした巨匠らしい、その的確でわかりやすい解説は必見。また、出演アーティストたちが順番に、楽曲ではなく、開放弦を1本ずつ半音階スケールで弾くところも見どころ。マゼールの前で、しかも弾くのは半音階スケール!アーティストたちの手に汗握る緊張感が映像からも伝わってくる。なお、当イベントは、マゼールが設立したシャトーヴィル財団設立10周年と、彼がプライベートで所有するアメリカ・ヴァージニア州キャッスルトン・ファームのシアターハウス竣工10周年を記念した「ストラディヴァリウス・コンサート~Encounter with Stradivarius」の一環として行われた。

[出演&使用楽器]ロリン・マゼール(解説)東京クヮルテット(ストラディヴァリウス「パガニーニ・クヮルテット」)~マーティン・ビーヴァー(ストラディヴァリウス1727年製ヴァイオリン「パガニーニ」)/池田菊衛(ストラディヴァリウス1680年製ヴァイオリン「パガニーニ」)&ストラディヴァリウス1696年製ヴァイオリン「アルキント」/磯村和英(ストラディヴァリウス1731年製ヴィオラ「パガニーニ」)/クライヴ・グリーンスミス(ストラディヴァリウス1736年製チェロ「パガニーニ」)、アラベラ・美歩・シュタインバッハー(ストラディヴァリウス1716年製ヴァイオリン「ブース」)、石坂団十郎(ストラディヴァリウス1696年製チェロ「ロード・アイレスフォード」)、エリック・シューマン(ストラディヴァリウス1722年製ヴァイオリン「ジュピター」)、庄司紗矢香(ストラディヴァリウス1715年製ヴァイオリン「ヨアヒム」)川久保賜紀(ストラディヴァリウス1736年製ヴァイオリン「ムンツ」)、ヴィヴィアン・ハーグナー(ストラディヴァリウス1717年製ヴァイオリン「サセルノ」)
[収録]2007年10月7日シアターハウス(キャッスルトン・ファーム、アメリカ合衆国ヴァージニア州)

PROGRAM

ストラディヴァリウス・コンサート2016

初回放送 4月12日(水)22:15~

<シリーズ「20世紀の巨匠たち」>

PROGRAM

アイザック・スターン&ユージン・イストミン

初回放送 4月19日(水)22:35~

PROGRAM

ジャクリーヌ・デュ・プレ/ロストロポーヴィチ

初回放送 4月19日(水)23:30~

<20世紀の弦楽四重奏曲>

PROGRAM

ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第1番』

初回放送 4月26日(水)23:00~

PROGRAM

ベルチャ四重奏団『ブリテン:弦楽四重奏曲第1番』

初回放送 4月26日(水)23:25~

TEL:045-330-2178 月〜金 9:30〜18:30 祝日は除く
12 月の番組ガイド&番組表 e-Book
11 月の番組ガイド&番組表 e-Book
NEWS
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)