CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN

特集/FEATURE

来月のラインナップ

オルガ・ペレチャツコ特集

PROGRAM

バーデン=バーデン祝祭劇場2015『椿姫』

初回放送 6月3日(土)21:00~23:30

©Andrea Kremper

オペラの中で一二を争う人気オペラ『椿姫』は音楽史において画期的な存在。男性的なオペラが多いヴェルディの中で珍しいプリマドンナ・オペラ。親しみやすい旋律と美しい音楽は今なお世界中の観客の涙腺を刺激している。原作はアレクサンドル・デュマ=フィスの同名戯曲。1853年3月6日ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場で初演。この番組は、2015年5月バーデン=バーデン祝祭劇場で行われたロランド・ビリャソン 演出の『椿姫』。スターテノールとしてのみならずオペラ演出でも活躍するビリャソンは、サーカス劇場を舞台に、高級娼婦ヴィオレッタの一途な愛と哀しい運命を、黙役を象徴的に配しながら、丁寧に描き出す。ティボー・ファンクラーネンブルックの鮮やかな衣裳もお見逃しなく。


[出演]オルガ・ペレチャツコ(ヴィオレッタ)アターリャ・アヤン(アルフレード)シモーネ・ピアッツォーラ(ジェルモン)クリスティーナ・ダレツカ(フローラ)
[演目]ヴェルディ:歌劇『ラ・トラヴィアータ(道を踏み外した女)』
[演出]ロランド・ビリャソン
[指揮]パブロ=エラス・カサド
[演奏]バルタザール=ノイマン・アンサンブル及び同合唱団
[収録]2015年5月バーデン=バーデン祝祭劇場(バーデン=ヴュルテンベルク州)

PROGRAM

ベルリン州立歌劇場2013『皇帝の花嫁』

初回放送 6月10日(土)21:00~23:40

©Monika Rittershaus

1899年発表の9作目のオペラ。この番組は、2013年10月にベルリンのシラー劇場で上演されたベルリン州立歌劇場プロダクション。ディミトリ・チェルニャコフの演出は、元々のイワン雷帝時代から現代のテレビ局に設定を移し、皇帝の親衛隊をテレビ局の幹部として、皇帝の花嫁募集の宣伝放送を通じて民衆をコントロールし、政府に服従させようとする様を描く。テレビ局の会議室やスタジオ、コントロールル-ムが連続する廻り舞台など、装置もチェルニャコフが担当。ダニエル・バレンボイムは、シュターカペレ・ベルリンから多彩な音色とメリハリを引き出し、ドラマを力強く雄弁に牽引。マルファを歌うオルガ・ペレチャツコはその美しい声と滑らかなフレージング、可憐な容姿に目が離せない。


[出演]オルガ・ペレチャツコ(マルファ)、アニタ・ラチヴェリシュヴィリ(リュバーシャ)、ヨハネス・マルティン・クレンツレ(グリャズノイ)、アナトーリ・コチェルガ(ソバーキン)、パヴェル・チェルノフ(ルィコフ)、アンナ・トモワ=シントウ(サブーロワ)、トビアス・シャベル(マリュータ=スクラトフ)、シュテファン・リュガマー(ボメーリイ)、アンナ・ラプコフスカヤ(ドゥニャーシャ)、カロラ・ヘーン(ペトロヴナ)、ドミートリイ・プロトニコフ(若者)、アンナ・チャリム(小間使いの娘)、ペーテル・クルモウ(暖炉焚き)
[演目]リムスキー=コルサコフ:4幕のオペラ『皇帝の花嫁』
[演出&装置]ディミトリ・チェルニャコフ
[指揮]ダニエル・バレンボイム
[演奏]シュターツカペレ・ベルリン及び同合唱団
[収録]2013年10月シラー劇場(ベルリン)

PROGRAM

ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2010『シジスモンド』

初回放送 6月17日(土)21:00~23:50

©Studio Amati Bacciardi

ロッシーニの生まれ故郷ペーザロで行われる「ロッシーニ・オペラ・フェスティバル」2010年開幕を飾り、賛否両論の大騒動を巻き起こした話題の公演。1814年ヴェネツィアで初演された『シジスモンド』は現在では殆ど上演されないロッシーニの中でも特に珍しいオペラ。ロッシーニの音楽スタイルを守る若手指揮者のイキの良さとベルカントの伝統を受け継ぐ歌手たちの声の競演が見どころ。指揮は地元ペーザロ出身のミケーレ・マリオッティ。イタリア・オペラの未来を担う注目株。オルガ・ペレチャツコはその美貌と安定した高音でアルディミーラを好演。


[出演]ダニエラ・バルチェッローナ、オルガ・ペレチャツコ、アントニーノ ・シラグーザ 他
[演目]ロッシーニ:歌劇『シジスモンド』
[演出]ダミアーノ・ミキエレット
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[演奏]ボローニャ歌劇場管弦楽団及び同合唱団
[収録]2010年8月テアトロ・ロッシーニ(ペーザロ)

TEL:045-330-2178 月〜金 9:30〜18:30 祝日は除く
06 月の番組ガイド&番組表 e-Book
05 月の番組ガイド&番組表 e-Book
NEWS
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)