CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN

特集/FEATURE

今月のラインナップ

<ヨーロッパ直送宣言!>ブレゲンツ音楽祭2017

初回放送 8月26日(土) 21:00~24:00

©Bregenzer Festspiele, atelier pi -CarmenLogo

毎年夏に開催されるブレゲンツ音楽祭は、湖や野外という特性をフルに活用した独特の演出と最先端テクノロジーが融合した湖上オペラが世界的に有名。2017年はブレゲンツ音楽祭では25年ぶりとなる『カルメン』が登場する。
『カルメン』はフランスの作曲家ジョルジュ・ビゼーによる4幕の、本来は台詞入りオペラ。1875年パリのオペラ=コミック座での初演は意外にも不評で、作曲家の死後、台詞をレチタティーヴォ(旋律を付けて語るように歌う唱法)に改訂してから各地で成功を収め、今では世界各地で最も上演されるオペラの一つとなった。誰もが一度は耳にしたことのある名旋律が満載。“ファム・ファタール(運命の女)”カルメンを誰がどのように艶やかに歌うか、目と耳の両方でさまざまな楽しみ方ができるのも人気の秘密かもしれない。今回は、英国ロイヤル・オペラ来日公演『ドン・ジョヴァンニ』でプロジェクションマッピングによる衝撃的な舞台を作り上げたチームが演出・装置・衣裳・照明・ビデオデザインを担当している。特に、英国ロイヤル・オペラのオペラディレクターを務めた1974年デンマーク生まれのカスパー・ホルテンによる演出と、U2やビヨンセ、アデル、カニエ・ウェストといったスーパースターの舞台美術を手掛けるエス・デヴリンの湖上装置に注目。
カルメンにはバロック音楽での活躍が著しいフランスのメゾ・ソプラノ、ガエル・アルケス。ドン・ホセは2015年同音楽祭『ホフマン物語』で女装の熱演が話題を呼んだスウェーデン人テノール、ダニエル・ヨハンソン。エスカミーリョには2017年5月の英国ロイヤル・オペラ『蝶々夫人』でシャープレスを演じたスコット・ヘンドリックス。ミカエラはトップモデルのような容姿が人気のロシアのソプラノ、エレナ・ツァラゴワ。ブレゲンツ音楽祭のレジデンス・オーケストラ、ウィーン交響楽団を指揮するのは1961年ミラノ生まれのパオロ・カリニャーニ。フランクフルト・オペラ音楽総監督を10年近く務めるなど、世界の歌劇場で活躍するベテランのオペラ指揮者。夏の夕暮れから夜にかけてのボーデン湖畔の涼しげな空気を感じながら、大スペクタクルの愛憎劇の幕が開く!


[出演]ガエル・アルケス(カルメン)ダニエル・ヨハンソン(ドン・ホセ)スコット・ヘンドリックス(エスカミーリョ)エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ)ヤナ・バウマイスター(フラスキータ)マリオン・ルベーグ(メルセデス)セバスチャン・ソレス(スニガ)ラファエル・フィンゲルロス(モラレス)ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ)シメオン・エスパー(レメンダード)ステファン・ヴァルラーヴェン(リーリャス・パスティア)エフサ・トパル(子供のカルメン)ワイアード・エリアル劇場(スタントマン&ダンサー) 
[演目]ビゼー:4幕のオペラ『カルメン』
[台本]アンリ・メイヤック&リュドヴィク・アレヴィ
[原作]プロスペル・メリメの小説『カルメン』
[演出]カスパー・ホルテン
[装置]エス・デヴリン
[衣裳]アニャ・ヴァン・クラフ
[照明]ブルーノ・ポエト
[ビデオデザイン]ルーク・ホールズ
[振付]シーニュ・ファブリシウス
[スタント振付]ラン・アルトゥール・ブラウン
[音響デザイン]ゲルノ・ゲーゲレ、アルウィン・ベッシュ
[ドラマトゥルギー]オラフ・A・シュミット
[指揮]パオロ・カリニャーニ
[演奏]ウィーン交響楽団、ブレゲンツ音楽祭合唱団、プラハ・フィルハーモニー合唱団、ブレゲンツ音楽学校児童合唱団
[合唱指揮]ルカーシュ・ヴァシレク、ベンジャミン・ラック、ヴォルフガング・シュヴェンディンガー、ミヒャエル・シュヴェンディンガー
[収録]2017年7月21日ボーデン湖上舞台(ブレゲンツ)「第72回ブレゲンツ音楽祭」(オーストリア)

初回放送 8月19日(土) 21:00~24:00

ブレゲンツ音楽祭は、大迫力の湖上オペラが世界的に知られているが、近年では少しこぢんまりとした祝祭劇場で上演される珍しい作品や気鋭の演出のオペラにも注目が集まっている。この番組は、第72回を迎えた2017年ブレゲンツ音楽祭の祝祭劇場で行われた、ロッシーニの珍しいオペラ『エジプトのモーゼ』新制作。
サン・カルロ劇場音楽監督の若きロッシーニがナポリで作曲。その後、パリ・オペラ座で初演したフランス語改作『モイーズ(モイーズとファラオン)』が成功を収め、本来のイタリア語版は忘れられていく。『エジプトのモーゼ』の復活上演は1981年。スペクタクルな舞台効果と宗教的題材を扱った音楽は荘厳で美しく、近年評価がとみに高まっている作品。
モーゼといえば、旧約聖書「出エジプト記」の十戒と紅海が真っ二つに割れる奇蹟が、オペラではどのような演出になるのかがやはり注目。演出は、東京二期会『サロメ』でペーター・コンヴィチュニーの演出助手を務めたロッテ・デ・ビール。彼女は今回、2015年同音楽祭『ホフマン物語』の装置クリストフ・ヘッツァーと、ミニチュア人形と撮影素材を使った短編映画『The Great War』『Kamp』などで世界的に知られるカンパニー・オテル・モデルン(彼らは2017年同音楽祭では『90分のニーベルングの指環』も制作)とコラボレーション。
 若手中心の歌手陣も見どころ。モーゼは1983年クロアチア生まれのバス、ゴラン・ユーリッチ。ファラオーネは英国のバス・バリトン、アンドリュー・フォスター=ウィリアムズ。オジリデはペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティバルで頭角を現す南アフリカ出身の黒人テノール、サニーボーイ・ドラドラ。エルチアは1991年カプア生まれのイタリア人ソプラノ、クラリッサ・コスタンツォ。ファラオーネの妻アマルテアは新国立劇場『フィガロの結婚』で伯爵夫人を演じたドイツのソプラノ、マンディ・フレドリヒ。ブレゲンツ音楽祭のレジデンス・オーケストラ、ウィーン交響楽団を指揮するのは、1968年スペイン生まれのイタリア人指揮者エンリケ・マッツォーラ。


[出演]ゴラン・ユーリッチ(モーゼ)アンドリュー・フォスター=ウィリアムズ(ファラオーネ)クラリッサ・コスタンツォ(エルチア)サニーボーイ・ドラドラ(オジリデ)マンディ・フレドリヒ(アマルテア)タイラン・ラインハルト(マンブレ)マッテオ・マッキオーニ(アロンネ)ダーラ・サビノワ(アメノフィ)
[演目]ロッシーニ:3幕のアツィオーネ・トラージコ=サークラ(神聖悲劇)『エジプトのモーゼ』
[台本]アンドレア・レオーネ・トットラ
[原作]旧約聖書『出エジプト記』とフランチェスコ・リンギエーリによる5幕のトラジェーディア・サークラ(聖悲劇)『オジリデ』
[演出]ロッテ・デ・ビール
[コラボレーション]カンパニー・オテル・モデルン
[装置&衣裳]クリストフ・ヘッツァー
[照明]アレックス・ブロク
[ドラマトゥルギー]ピーター・テ・ヌユル&オラフ・A・シュミット
[指揮]エンリケ・マッツォーラ
[演奏]ウィーン交響楽団、プラハ・フィルハーモニー合唱団、フォアアールベルク州立音楽院(ステージ演奏)
[合唱指揮]ルカーシュ・ヴァシレク
[収録]2017年7月20日ブレゲンツ祝祭劇場「第72回ブレゲンツ音楽祭」

TEL:045-330-2178 月〜金 9:30〜18:30 祝日は除く
09 月の番組ガイド&番組表 e-Book
08 月の番組ガイド&番組表 e-Book
NEWS
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)