CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN

特集/FEATURE

来月のラインナップ

新春特集~オーケストラとシェフのステキな関係

PROGRAM

ティーレマン「ジルヴェスター・コンサート2016」

初回放送 1月14日(日) 21:00~22:45

©Matthias Creutziger

2012年にシュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者に就任して以来、ドイツ 屈指の名コンビとして快進撃を続け、名門オーケストラにふさわしい名演を実現 し続けているクリスティアン・ティーレマン。首席指揮者就任5シーズン目となる 2016年のジルヴェスター・コンサートは、楽しいエンターテインメント名作集と なった。『ドンナ・ディアナ』序曲でおしゃれに始まり、『ロメオとジュリエット』では 細かいフレーズにも豊かな表情を施しながら劇的な演奏を展開、『ウィリアム・ テル』序曲やアンコールの『軽騎兵』序曲は痛快な盛り上がりで会場を沸かせ る。ロッシーニやスッペも、ティーレマンの手にかかればとにかくゴージャスな響き が引き出される。そして、この公演のゲストには、ヴァイオリニストのニコライ・ズ ナイダーが迎えられた。1997年エリザベート王妃国際音楽コンクール第1位受賞以来、世界中の名門オーケストラと共演を重ねるトッププレイヤーのひとりで、2017年に13年ぶりの来日を果たし、その別格の表現と名技を聴かせてくれたばかり。この公演では計3回登場。前半のブルッフの協奏曲第1番ではオーケストラとともに骨太な表現と繊細で感動的な歌い回しを両立して聴衆を魅了している。後半にはクライスラーの『愛の悲しみ』『美しきロスマリン』、アンコールではなんとポンセの『エストレリータ』と意外な小品を魅惑的に聴かせる。1741年製グァルネリ・デル・ジェス「クライスラー」の美音はもちろんのこと、ブルッフで彼がオケの演奏に聴きほれる表情も映し出され、さらに感動を誘う。ティーレマンの指揮ぶりや、シュターツカペレ・ドレスデンの楽しそうな演奏ぶりは魅力的。曲や場面ごとに照明の色が変わるジルヴェスターならではの演出も楽しく、美しいゼンパーオーパーの内装とともに、華やかなガラ・コンサートを堪能できる。


[演目]レズニチェク:歌劇『ドンナ・ディアナ』序曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調Op.26、・チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』(1880年第3稿)、クライスラー:『愛の悲しみ』『美しきロスマリン』、ロッシーニ:歌劇『ウィリアム・テル』序曲、ポンセ:エストレリータ、スッペ:喜歌劇『軽騎兵』序曲
[指揮]クリスティアン・ティーレマン
[演奏]シュターツカペレ・ドレスデン、ニコライ・ズナイダー(ヴァイオリン)
[収録]2016年12月30日ゼンパーオーパー(ドレスデン)

PROGRAM

ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

初回放送 1月7日(日) 21:00~22:45

サー・サイモン・ラトルが、モーリス・ラヴェルと彼の弟子モーリス・ドラージュ、 彼らの伝統を受け継ぎながら独自のスタイルを築いたアンリ・デュティユーを 組み合わせた20世紀フランス音楽の夕べ。2016年1月13日バービカン ホール公演を収録。有名なラヴェルの2曲のみならず、弦楽器の特殊奏法 によるインド風サウンドをバックにアメリカ人ソプラノ歌手ジュリア・ブロックが 歌う『4つのインドの詩』、ギリシャ人ヴァイオリニスト、レオニダス・カヴァコスが ソロを務める『夢の樹』、そしてデュティユーを一躍有名にした傑作『メダボー ル』など、美しいフランス音楽の響きと色彩感を存分に堪能できる番組。映像では大変珍しい作品も多いので、ぜひお見逃しなく。


[演目]ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、ドラージュ:4つのインドの詩、デュティユー:メタボール、ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲
[指揮]サー・サイモン・ラトル
[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)
[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)

PROGRAM

ゲルギエフが蘇らせたストラヴィンスキー『葬送の歌』

初回放送 1月21日(日) 21:00~22:45

Opening of the Year of Igor Stravinsky by Valentin Baranovsky © State AC

絵画の世界でも長く行方不明になっていた作品が、突然発見されることがある が、20世紀の音楽の作品で100年以上にわたって行方不明だったものが再発 見されるという例はほとんどない。それが実際に起った! ストラヴィンスキーが 1908年に書いた『リムスキー=コルサコフの死に寄せる哀悼歌』という作品が あった。その名の通り、自分の作曲上の師であったリムスキー=コルサコフが亡く なった時に、若きストラヴィンスキーが書いた『葬送の歌』。一度は演奏された ものの、その初演後は楽譜が行方不明になっていた。この作品はストラヴィンス キー自身によれば“初期の傑作”とされていたが、その楽譜が発見されたのが 2015年のこと。ロシアのサンクトペテルブルクの音楽院の書庫で奇跡的に発見 された。ストラヴィンスキーの研究者であるブラギンスカヤ女史の司書が、倉庫の移転のために楽譜を整理していたところ偶然に見つけたそう。1908年と言えば、まだストラヴィンスキーが世界的な名声を手にする前の時期で、ロシアで作曲活動を行っていた初期に属する。12分ほどの、まさに追悼のイメージに合った作品で、それを今回蘇らせたのがサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で活躍する世界的指揮者ヴァレリー・ゲルギエフ。この演奏会では、まずリムスキー=コルサコフの作品、続いて今回発見されたストラヴィンスキーの『葬送の歌』、そしてストラヴィンスキーの出世作で代表作『火の鳥』が演奏される。リムスキー=コルサコフはロシアの世紀末を代表する作曲家で、ストラヴィンスキーは1902年から私的に彼の作曲の指導を受け始めていた。リムスキー=コルサコフは、ストラヴィンスキーの最初期の管弦楽の幾つかを聴かずに亡くなったと言われており、その残念な想いが、この『葬送の歌』の中にも溢れている。初期のストラヴィンスキーの作風を知る上でも、重要な位置を占める作品と言える。


[演目]リムスキー=コルサコフ:歌劇『見えざる町キーテジと聖女フェヴォローニャの物語』~組曲、ストラヴィンスキー:葬送の歌Op.5/バレエ『火の鳥』
[指揮]ヴァレリー・ゲルギエフ
[演奏]マリインスキー歌劇場管弦楽団
[収録]2016年12月2日マリインスキー劇場コンサートホール(サンクトペテルブルク)

PROGRAM

ヤンソンス&バイエルン放送響「パリ・コンサート」2017

初回放送 1月28日(日) 21:00~22:40

©Peter Meisel

フィルハーモニー・ド・パリにヤンソンスとバイエルン放送響が登場。豊かな響きと細や かな表現でオーケストラの響きの粋を聴かせる。2015年1月にパリに誕生したコン サートホール、フィルハーモニー・ド・パリ(Philharmonie de Paris)。パリ管弦 楽団の新本拠地でもある会場に、トップクラスの人気と実力を誇るマリス・ヤンソンス とバイエルン放送交響楽団が乗り込んで、ドイツのオーケストラの粋を聴かせる。最 初はウラディミール・ゾンマーの『アンティゴネ』。ゾンマーは1921年生まれ97年没の チェコの作曲家。現代的作品ながら筆致は後期ロマン派的で聴きやすく、ソフォクレスの書いた『アンティゴネ』を題材に、オイディプス王の娘アンティゴネの悲劇を表現する一篇。続いてはマーラーの『亡き子をしのぶ歌』。当初出演予定歌手のキャンセルがあり、ゲルヒルト・ロンベルガーが出演した。このロンベルガーの歌がすばらしく、亡き子を思う歌詞の世界を、とても人間味にあふれる深い歌唱表現で歌う。室内楽的に書かれた管弦楽の精妙極まりない表現は筆舌に尽くしがたいもので、各楽器のソロの巧さも染み入る。そしてメインはヤンソンスの得意演目、ラフマニノフ最後の作品『交響的舞曲(シンフォニック・ダンス)』。躍動感に深みが加わった魅力的な指揮ぶりで、現代のオーケストラ表現の極みともいうべき演奏を展開する。埋もれがちな音の動きが強奏の瞬間でも浮かび上がる様は圧巻で、絶妙なバランスと音色の感覚はまさにヤンソンスの真骨頂。さらなる聴きものがアンコールの2曲。弦合奏によるシューベルトの有名な『楽興の時』第3番は、あらゆる声部が豊かに歌い、渋い美しさに陶然とさせられる。そして、その対局となる大音響の一篇、バルトークの組曲『中国の不思議な役人』の終曲では、ヤンソンスお得意の興奮のパフォーマンスが展開されて、聴衆を沸かせる。


[演目]ゾンマー:アンティゴネ、マーラー:亡き子をしのぶ歌(第1曲「いま太陽は明るく昇る」第2曲「なぜあんなに暗い炎を」第3曲「おまえのお母さんが部屋に入ってくるとき」第4曲「子供たちは外に出かけただけなのだ」第5曲「こんな天気、こんな嵐の日には」リュッケルト詩)ラフマニノフ:交響的舞曲(シンフォニック・ダンス)Op.45、シューベルト:楽興の時D.780,Op.94~第3番ヘ短調、バルトーク:組曲『中国の不思議な役人』Op.19,Sz.73~終曲
[指揮]マリス・ヤンソンス
[演奏]バイエルン放送交響楽団、ゲルヒルト・ロンベルガー(メゾ・ソプラノ)
[収録]2017年1月31日フィルハーモニー・ド・パリ

TEL:045-330-2178 月〜金 9:30〜18:30 祝日は除く
NEWS
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)