CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN

インタビュー

2017 / 03 / 31

ポローニア交響楽団 指揮者松村優吾インタビュー

IMG_47882011年、卒業式が執り行われないまま大学を卒業した若き音楽家たちが集い、オーケストラを結成した。オーケストラの名称は、ポローニア交響楽団。ポローニアpaulownia とは「桐」という意味。桐朋学園大学出身者がメンバーの中心であるこのオーケストラは、これまでに4回公演を行っている。中心的な立ち上げメンバーである、指揮者の松村優吾にオーケストラのこと、御自身のことをうかがった。

 
IMG_4755【ただいまメンバー全員、キャリアを積んでいる真っ最中】

—結成のきっかけは?

 ポローニア交響楽団は、2011年の3月4日に誕生しました。その年の桐朋学園大学の卒業式は、東日本大震災のために中止となり、卒業証書は郵便で送られてきました。大学を卒業した私たちは、卒業式がなかったために何となくけじめがつかない宙ぶらりんな気分でいたのですが、同じ学年の仲間内で何かやろうよという話になりました。私が指揮だったこともあり、私を中心として集まるという形でオーケストラを作りました。卒業式の区切りのような心持ちで最初の公演をやったんです。好評だったもので第2回、第3回と続き、3月に第4回公演を実現することができました。

—メンバー構成や役割分担などはどうしていますか?

 メンバーの8割くらいが桐朋学園出身者です。マネージメントは自分たちでやっています。主要なトップポジションはある程度決まっていますが、けっこう流動的です。公演も定期的にやっているわけではありません。というのも、そうきっちり活動はできないんですね。私たちはそれぞれまだキャリアをスタートさせたばかりで、経験を積んでいる最中だからです。ほとんどのメンバーが、弦楽器奏者は特に、プロのオーケストラに所属することを目指しています。すでに所属している人もいますね。第3回公演までは、プログラムに必ずコンチェルトを入れてましたし、ドイツもの、イタリアもの、そしてフランスものの作品を演奏し、レパートリーを増やしてきました。第4回で初めて古典作品、べートーヴェンの「交響曲第7番」を取り上げました。演奏曲目は私が決めています。
 
 
【指揮者としての武者修行は続く】

—どうして指揮者に?

 私は中学生のときに指揮の勉強を始めました。父が指揮者なのである日何かをきっかけにして、というのではなく自然な流れで指揮者を志しました。高校で指揮科のある学校がないので作曲科に進学しました。大学で指揮を勉強し、卒業後、イタリアのミラノに留学しました。桐朋でもオペラの勉強はできないことはなかったのですが、興味もそれほど持たずにきたので、この際、歌を勉強してみようと思ったんです。今は勉強は終えましたが住まいはミラノに残しており、コンクールに挑戦しています。今年もコンクールを受けるために、間もなくヨーロッパへ行きます。今は自分の商品価値をつくっているところですね。私が留学し日本にいない時間があったので、結果的にポローニア交響楽団の公演も何年か間があいてしまったんです。
 
 
IMG_4810【ポローニア交響楽団のこれから】

—どんなオーケストラを目指していますか?

 ポローニア交響楽団は、できる時にできるメンバーが集まってやる、というスタンスで活動を続けていくことになると思います。続けることに意義があると思っているんです。同じオケで演奏することで、メンバー間に、同じセクションだけでなく交流が生まれるのもいいことだと思うし。
 第4回公演で初めて古典作品をやったわけですが、そういうメジャーなコンサートピース、チャイコフスキーの交響曲第5番とかモーツァルト作品とか、そういう楽曲を真っ当に演奏できるオーケストラになっていきたいです。圧倒的な音量というよりは、もっと繊細な表現が古典の作品でも求められてくると思います。そういう音の出せるオーケストラになっていく必要があるのではないかと、第4回の公演のときに演奏しながら感じました。オーケストラのメンバーは受け身ではなく、能動的にこうしたい、という声が出てくるのでおもしろいんです。基本みんなうまいし、私自身勉強になることが多いですね。

—第5回演奏会の予定は?

 次の公演は決まってはいないです。私がコンクールを受けに行くので年内は無理ですね。でも活動は続けるので、その時々の私たちの音を聴いていただきたいです。
 
 

IMG_4733松村優吾
桐朋女子高等学校音楽家作曲専攻を経て、桐朋学園大学音楽学部音楽学科指揮専攻を卒業後、イタリア国立ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院(Conservatorio di Musica “Giuseppe Verdi” di Milano)で研鑽を積む。指揮を黒岩英臣、G.ジェルメッティ、V.パリージ、I.カラブチェフスキ、作曲を安良岡章夫、安藤久義、ピアノを日比谷友妃子、斎木隆の各氏に師事。
2012年9月、イタリア政府主催の全芸術部門グランプリを決めるPremio Nazionale delle Arti(イタリア芸術賞)本選指揮部門において、第二位入賞。また同時に聴衆賞を受賞。
2105年5月、ルーマニアのコンスタンツァで行われた Black Sea Opera Conducting Competition に於いて入賞、及び栄誉賞受賞。
これまでに、ポメリッジムジカーリ管弦楽団、ブルガリア国立ルセ歌劇場等を指揮。
 
 

【インタビュー・文】結城美穂子(音楽ライター)
TEL:045-330-2178 月〜金 9:30〜18:30 祝日は除く
05 月の番組ガイド&番組表 e-Book
04 月の番組ガイド&番組表 e-Book
NEWS
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)