CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN


メニュー

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
メニュー 閉じる

特集FEATURE

バックナンバー

【クラシック大全】交響曲の10傑〜ハイドン

解説 Commentary

ハイドンの交響曲の魅力

 かつて、マーラーはシベリウスに向かってこう述べた。
 「交響曲は世界のようでなくてはならない。すべてを包み込まなくてはならないのだ」
 世界の一部を切り取って音楽に描くのではなく、音楽がすべてを包み込んで世界となるというのだ。交響曲=世界。20世紀を迎える頃には、交響曲は表現のうえでも楽器編成のうえでも、とてつもなく巨大なものになっていた。
 それを思えば、古典派時代に交響曲のスタイルを完成させたハイドンの作品は、なんと小さな世界を描いているのだろうか。交響曲に添えられたニックネームも『驚愕』とか『時計』だったり、あるいは『めんどり』や『校長先生』等々、かなり小さい。オーケストラの編成も小さかった。ハイドンがエステルハージ家に仕えていた当時、楽団の人数は多い時期でも25人程度だったと伝えられる。なるほど、この人数では『めんどり』は描けても、全世界を包み込むのは無茶な話である。
 しかし、そんな小さな世界に、ハイドンがたっぷりと注ぎ込んだ要素がある。それは「笑い」。ユーモア、機知、あるいは上機嫌さと言い換えてもいいかもしれない。その快活さ、人を喜ばせようというサービス精神は、マーラーの巨大な世界にもなかなか見当たらないものではないだろうか。
 笑いの要素は、必ずしも「ギャグ」の形態をとるとは限らない。たとえば有名な『驚愕』の第2楽章には、主題をひとしきり静かに演奏した後、オーケストラの唐突な強奏で聴衆を驚かせるという趣向がある。この趣向それ自体は、もはや使い古されたジョークのようで、笑えるとはいいがたい。むしろおかしいのは主題そのものだ。茶目っ気がそのまま音になって表現されたような主題は、最高のアイディアを思いついた悪戯っ子がワクワクしている様子を思わせる。
 エステルハージ家の楽長として盛名を馳せたハイドンだが、少年時代にはウィーンの聖シュテファン大聖堂の少年聖歌隊員を務めていた。当時からハイドンはユーモアと冗談を好む活発な少年だったと伝えられている。そんな少年が60代になっても才気煥発として、一曲一曲の交響曲にさまざまなアイディアを盛り込んだのだから、これは才能というほかない。その精神は朗らかで、柔軟だ。
 大人の上機嫌さは美徳である。ハイドンの交響曲を聴くと、そう感じる。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

飯尾 洋一 Yoichi Iio

音楽ジャーナリスト。著書に『クラシック音楽のトリセツ』(SB新書)、『R40のクラシック』(廣済堂新書)、『クラシックBOOK この一冊で読んで聴いて10 倍楽しめる!』(三笠書房・王様文庫)他。雑誌、ウェブメディア、プログラムノートへの執筆や放送などで幅広く活動中。

©Lucerne Festival / Priska Ketterer

PROGRAM

ラトル&ベルリン・フィル「ルツェルン音楽祭2015」

初回放送 2月19日(金)21:00~22:40

©Lucerne Festival / Priska Ketterer

2015年はベルリン・フィル音楽監督にラトルの後任としてキリル・ペトレンコが決まり、ラトルとしても任期満了までラストスパートとなるが、この番組を見る限り、ラトルの円熟と才気煥発ぶりは衰えを知らず、今後もこのコンビのやることにはますます目が離せない。必見は、“交響曲の父”ハイドンの交響曲とオラトリオ、宗教曲をラトルが再構成した「想像上のオーケストラの旅」。2014年ベルリン・フィルハーモニーでの演奏が話題を呼んだ演目の再演で、ハイドンのユーモアや当時の仕掛けを取り入れた演出は、録音だけではわからず、それを実際に見ることができるのが、この番組のポイント。選曲から演奏、演出まであらゆる角度でハイドンのエッセンスを集約した、ラトルの指揮者としての才気が光る。前半は、コンサートマスター樫本大進と首席ヴィオラ奏者のアミハイ・グロスをソリストに迎えたモーツァルトの協奏交響曲。若き2人の伸びやかで息のあったソロ、彼らを支えるラトルとオーケストラメンバーの楽しそうな表情も見逃せない。エマニュエル・パユ(フルート)やアルブレヒト・マイヤー(オーボエ)アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット)シュテファン・ドール(ホルン)など日本でも大人気のソリストたちを見るのも楽しい。

[演目]モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調K.364(320d)、ハイドン(サイモン・ラトル構成):交響曲、オラトリオ、宗教曲からの抜粋による「想像上のオーケストラの旅」
[指揮]サー・サイモン・ラトル
[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、樫本大進(ヴァイオリン)アミハイ・グロス(ヴィオラ)
[収録]2015年9月2日ルツェルン・カルチャー&コンヴェンション・センター内コンサート・ホール(ルツェルン)

PROGRAM

バーンスタインのハイドン『V字』

初回放送 2月5日(金)21:00~21:40

©Unitel

ハイドンの交響曲の中で有名なもののひとつ。ハイドンが楽長を務めたエステルハージ家の楽団を去ることになったヴァイオリニスト、ヨハン・ペーター・トストから依頼されて1787年に作曲。標題の『V字』は、ロンドンの出版社がハイドンの交響曲選集を出版する際に付けた整理番号に由来されており、音楽の内容と関係はない。若くして亡くなったコンサートマスター、ゲルハルト・ヘッツェルも懐かしい。まさに、ハイドン交響曲の面白さを伝えてくれる定番映像。アンコールでは第4楽章を顔だけで指揮し、表情と目線だけでウィーン・フィルを操るバーンスタインが必見。

[演目]ハイドン:交響曲第88番ト長調Hob.Ⅰ-88『V字』
[指揮]レナード・バーンスタイン
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
[収録]1983年11月ムジークフェラインザール(ウィーン)

PROGRAM

バーンスタインのハイドン『オックスフォード』

初回放送 2月5日(金)21:40~22:20

“交響曲の父”ハイドンが作曲した104曲の交響曲の中では比較的地味な存在だが、ウィットと起伏に富んだ表現と対位法の妙など、ハイドンの創意工夫が充実した、まさに古典派!と納得させられる名曲。標題は、ハイドンがオックスフォード大学名誉博士号の授与式で演奏したことに由来しているが、現在この事実の真偽は疑われている。この番組では、ウィーン・フィルの美しい響きを活かしながら、底抜けに明るく溌剌とした、しかも情感豊かなバーンスタインの指揮ぶりが見もの。

[演目]ハイドン:交響曲第92番ト長調Hob.Ⅰ-92『オックスフォード』
[指揮]レナード・バーンスタイン
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
[収録]1983年ムジークフェラインザール(ウィーン)

PROGRAM

バーンスタインのハイドン『驚愕』

初回放送 2月5日(金)22:20~22:55

©Unitel

“交響曲の父”ハイドンが作曲した104曲の交響曲の中でも最も愛されている楽曲。『驚愕』という愛称は、有名な第2楽章で静かな演奏の後、演奏会場で居眠りをするご婦人方を起こすために、びっくりするような大音量の和音が登場することに由来している。この番組では、何といっても人数を減らしたウィーン・フィルの美しい音色が見どころ。その透明度の高いウィーン・フィルを活かすようなバーンスタインの指揮ぶりも見もの。第2楽章のみならず、全曲にわたりハイドンの溌剌さがみなぎる生命力にあふれ、まさにハイドン音楽の真髄が目と耳の両方で堪能できる。

[演目]ハイドン:交響曲第94番Hob.Ⅰ-94『驚愕』
[指揮]レナード・バーンスタイン
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
[収録]1985年10月ムジークフェラインザール(ウィーン)

PROGRAM

ホグウッドのハイドン『交響曲第79番』

ホグウッドのハイドン『交響曲第81番』

初回放送 2月12日(金)21:00~22:15

“交響曲の父”ハイドンの交響曲の中でもあまり知られていないもの。ハイドンの名声がヨーロッパ中に広まりつつあった頃の、華麗壮麗さと力強さがみなぎる佳曲。第2楽章がシチリアーナの変奏曲になっているのが特徴。この番組は、2014年9月に死去した英国の指揮者・鍵盤奏者・音楽学者クリストファー・ホグウッドが、自ら結成したエンシェント室内管弦楽団を指揮した貴重映像。ホグウッドとエンシェント室内管は、オリジナル楽器による古楽奏法で、バロック・古典派から現代作品に至るまで作曲家各々の音楽の在り方を追究してきた。切れ味鋭いハイドンの秘密は、何といってもホグウッドの明快な指揮。映像ならではの面白さとスリルが味わえる番組。

[演目]ハイドン:交響曲第81番ト長調 Hob.I-81,交響曲第79番ヘ長調 Hob.I-79
[指揮]クリストファー・ホグウッド
[演奏]エンシェント室内管弦楽団
[収録]1997年モーツァルテウム大ホール(ザルツブルク)「モーツァルト週間1997」

PROGRAM

ハイドン: 十字架上のキリストの最後の7つの言葉

初回放送 2月16日(火)21:00~22:20

©2007 Richard Edwards/Element Productions

スペインのカディスにあるサンタ・クエバ聖堂の聖金曜日の礼拝の際に、死を目前にしたイエス・キリストの7つの言葉について説教する司教が、会衆を黙想させるためにハイドンに作曲を依頼したという宗教曲の傑作。序章に始まり、キリストの7つの言葉(ラテン語)がそれぞれ朗読された後に、瞑想のために作られた7曲のソナタ、そして最後にイエスの死の時に起こった地震(Il Terremoto)を表現する楽曲で構成。各ソナタは瞑想という目的上、全てゆったりとしたテンポで作曲され、作曲家自身「初めて音楽を聴く人にも深い感動を与えずにはおかない」と語る1時間を越える大曲。この番組は、古楽の巨匠ジョルディ・サヴァール指揮ル・コンセール・デ・ナシオンが演奏する初演版(管弦楽版)を1786年の初演場所であるサンタ・クエバ聖堂で収録した映像。

[演目]ハイドン:十字架上のキリストの最後の7つの言葉(1785年管弦楽版)~導入部/福音書朗読『父よ、彼らをお赦し下さい』(ルカ福音書第23章第34節)/ソナタ第1番/福音書朗読『あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる』(ルカ福音書第23章第43節)/ソナタ第2番/福音書朗読『婦人よ、御覧なさい。あなたの子です』(ヨハネ福音書第19章第26節)/ソナタ第3番/福音書朗読『わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか』(マタイ福音書第27章第46節)/ソナタ第4番/福音書朗読『渇く』(ヨハネ福音書第19章第28節)/ソナタ第5番/福音書朗読『成し遂げられた』(ヨハネ福音書第19章第30節)/ソナタ第6番/福音書朗読『父よ、わたしの霊を御手にゆだねます』(ルカ福音書第23章第46節)/ソナタ第7番/『地震』プレスト・コン・トゥッタ・ラ・フォルァ
[指揮]ジョルディ・サヴァール
[演奏]ル・コンセール・デ・ナシオン
[収録]1990年12月サンタ・クエバ聖堂(カディス、スペイン)

PROGRAM

アーノンクールのリハーサル『ハイドン:四季』

初回放送 2月23日(火)21:00~21:35

©ORF/Roman Zach-Kiesling

ウィーン・フィルとのやり取りや彼らに自分の解釈を伝える様子、ウィーン・フィルメンバーの反応など、貴重な映像がみられる。83歳とは思えないエネルギッシュなリハーサルから、アーノンクールの意外に熱い面が見て取れる。

[出演]ニコラウス・アーノンクール(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団、ドロテア・レシュマン(ハンネ/ソプラノ)ミヒャエル・シャーデ(ルーカス/テノール)フローリアン・ベッシュ(シモン/バス)エルンスト・ラッフェルスベルガー(合唱指揮)
[監督]エリック・シュルツ
[制作]2013年

PROGRAM

アーノンクール&ウィーン・フィル「ハイドンの四季」

初回放送 2月23日(火)21:35~24:10

2013年ザルツブルク音楽祭におけるウィーン・フィルのオープニング・コンサート。ハイドンが69歳の時に作曲したオラトリオ『四季』は、有名な前作『天地創造』と並び、ハイドンの最高傑作と言われる声楽曲。四季の移り変わりを季節ごとに描き、農夫ルーカス、小作人シモン、その娘ハンネという3人の庶民の生活と感情を通じて、偉大な自然とそれを創造した主への感謝を描いている。バロック以前の音楽の専門家としてスタートしたアーノンクールは、ウィーン・フィルというモダン楽器のオーケストラを得て、長年の経験と研究から培われた深い解釈によって、新鮮でドラマティックな演奏を見せてくれる。

[演目]ハイドン:オラトリオ『四季』Hob.XXⅠ-3 
[指揮]ニコラウス・アーノンクール
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団、ドロテア・レシュマン(ハンネ)ミヒャエル・シャーデ(ルーカス)フローリアン・ベッシュ(シモン)
[収録]2013年7月ザルツブルク祝祭大劇場「ザルツブルク音楽祭2013」

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
お知らせNEWS
  • 2018.02.20
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 放送時間変更のお知らせ
    3月20日に初放送を予定しております、
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 につきまして、
    権利元から到着した番組尺が当初のものより長いことが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    3/20(火)
    ■変更前
    21:00~21:55 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    21:55~22:25 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:25~25:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:10~26:55 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    26:55~28:10 ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン『ブルックナー:交響曲第3番』

    ■変更後
    21:00~22:10 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    22:10~22:40 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:40~25:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:25~27:10 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    27:10~28:10 ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送響『シベリウス:交響曲第7番』

    3/21(水・祝)
    ■変更前
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~16:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    16:50~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/22(木)
    ■変更前
    12:05~13:05 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:05~13:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    13:40~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    12:05~13:10 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:10~13:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    13:25~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    3/23(金)
    ■変更前
    09:10~09:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第14番』
    09:40~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    09:10~09:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    09:25~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/24(土)
    ■変更前
    06:00~08:40 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    08:40~09:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    09:10~10:50 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:50~11:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:40~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    06:00~06:15 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    06:15~08:25 陳銀淑:歌劇『不思議の国のアリス』
    08:25~08:55 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    08:55~10:35バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:35~11:25 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:25~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/25(日)
    ■変更前
    22:55~23:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    23:50~24:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:40~26:00 ピエール・ブーレーズ追悼コンサート2016 in パリ

    ■変更後
    22:55~24:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    24:05~24:55 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:55~26:00 ポートレート「シャロン・イスビン」

    3/26(月)
    ■変更前
    24:55~25:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    25:50~26:20 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:20~29:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:10~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第7番』

    ■変更後
    24:55~26:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    26:05~26:35 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:35~29:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:25~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』

    3/27(火)
    ■変更前
    28:35~29:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    29:05~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    28:35~28:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    28:50~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
  • 2018.02.20
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』 放送時間変更のお知らせ
    2月25日に初放送を予定しております、
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』につきまして、
    想定より番組が早く終了することが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    2月及び3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    2/25(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    21:00~22:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    22:40~23:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/26(月)
    ■変更前
    22:50~24:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    22:50~24:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    24:30~24:50 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/27(火)
    ■変更前
    19:00~21:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    19:00~20:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    20:40~21:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/28(水)
    ■変更前
    15:00~17:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:00~16:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:40~17:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    3/1(木)
    ■変更前
    12:00~14:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    12:00~13:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    13:40~14:00 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/2(金)
    ■変更前
    7:50~9:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    7:50~9:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    9:30~9:50 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/3(土)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/11(日)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』



  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)