CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN


メニュー

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
メニュー 閉じる

特集FEATURE

バックナンバー

【クラシック大全第2章】人間ドキュメント: 隠されたストーリー

解説 Commentary

ポートレート「シャロン・イスビン」日本初放送に寄せて

8月の人間ドキュメントではポートレート「シャロン・イスビン」を放送します。グラミー賞を2度受賞しているギタリスト、シャロン・イスビンの半生を綴った番組では、彼女の生い立ちから、様々なジャンルとのコラボレーションなど多彩な活動ぶりを紹介します。シャロン・イスビンご本人から番組放送に向けてメッセージが届きましたのでご紹介します。

シャロン・イスビン©J. Henry Fair -ポートレート『シャロン・イスビン』が日本で放送されます。

 これまで日本では何度も公演させていただき、日本の芸術や音楽、文化に魅了されています。事実、私の初期のギターの内、2本は日本のギター製作者、河野賢氏からのプレゼントです。このドキュメンタリーをクラシカ・ジャパンが放送することで、音楽を好きな多くの視聴者の皆さんにご覧いただけることを喜ばしく、そして光栄に思います。

 I’ve had the pleasure of performing in Japan many times, and find the art, music and culture fascinating. In fact, two of my early guitars were Japanese, gifts from the late guitar maker Masaru Kohno. I’m delighted and honored that Classica Japan is broadcasting the documentary making it possible to reach many more viewers who love music.

9歳の頃のシャロン・イスビン -なぜギターに恋したのでしょうか?

 9歳の時に、1年間家族とイタリアに引っ越しました。兄はエルヴィス・プレスリーに憧れてギターを習い始めましたが、彼が習っていたのはクラシックで、先生はアンドレス・セゴビアに学んだ方でした。
 結局兄はギターを辞めてしまったので、代わりに私が始めることにしたのです。ギターはまるで私のために作られたようなものでした。木の振動を感じ、弦に直接触れる ― そんなギターでしか味わえない特別な感覚が大好きでしたね。

 I was nine years old when our family moved to Italy for a year. My older brother asked for guitar lessons hoping to become the next Elvis Presley. But when he learned the instructor taught classical and was a student of Andrés Segovia, he backed out and I volunteered to take his place. A guitar was built for me – I loved the feeling of holding it while experiencing the vibrations of the wood and direct contact with the strings, such a special and unique experience.

-女性ギタリストのパイオニアとしてご苦労があったのでしょうか?

 ギタリストとして、女性としてのパイオニアになるということは、可能な限り最高になるための特別な努力も惜しまないし、性別を超えて一人のアーティストとして見なされるという励みにもなります。ある夏のアスペン音楽祭で50人のギターの生徒の中でたった2人しかいない女性の1人であった時に、私は早々とそのことを学びました。
 楽器の可能性やレパートリーを広げ、ギターに対する偏見に立ち向かい、それをより多くの観客に届けることに私は夢中なのです。10代の頃は音楽コンクールで戦うことがギターに近づくことでしたが、今では自分のための曲を優れた作曲家に書いてもらうことが使命となりました。多くの新作に命を与えることは喜びです。また、ジュリアード音楽院に初めてギター科を作り、次世代に影響を与える機会を与えられたと思っています。

 Being a pioneer both as a guitarist and woman has motivated me to work extra hard to become the best I can be, and to be viewed as an artist without questions of gender. I learned that early on being one of only two female guitar students among 50 one summer at the Aspen Music Festival! I’m passionate about expanding the horizons of the instrument and its repertoire, challenging prejudices about guitar, and bringing it to a wider audience. As a teenager, I fought to enter and win music competitions that had formerly been closed to guitar. Convincing outstanding composers to write for me has been a lifelong mission, and it’s a joy to bring many new works to life. Creating the first guitar department at Juilliard gives me the opportunity to influence future generations as well.

-クラシックギターにはどのような面白さがあるのでしょうか?

 楽器が持つ親しみやすさと官能性、そして無限の音色と色彩感は、まさに魔法のようです!

 The intimacy and sensuality of the instrument, and its infinite timbres and colors is magical!

スティーヴ・ヴァイとのコラボレーション© Afshin Javadi   -クラシックの枠を超え、これまでにどんなジャンルのアーティストとコラボレーションしてきましたか?

 演奏家とのコラボレーションは楽しいものです。アントニオ・カルロス・ジョビンやローリンド・アルメイダ、チアゴ・デ・メロ、ホメロ・ルバンボのようなブラジルのボサノヴァ・アーティスト、伝説的フォーク歌手のジョーン・バエズ、ロックアイコンであるスティーヴ・ヴァイ、ジャズのスタンリー・ジョーダンやサックス奏者ポール・ウィンター、ブルーグラスバイオリンのマーク・オコーナーなど、大勢のミュージシャンとコラボしました。このドキュメンタリーで視聴者は多くのコラボレーションをご覧いただけますし、日本でも発売されるDVDやBlu-rayのボーナス特典にも彼らとのパフォーマンスが入っています。
 ソニーから発売された直近の2枚のアルバム『Journey to the New World』と『Sharon Isbin & Friends: Guitar Passions』は、こういったフォーク、ロック、ジャズのコラボレーションが収められています。ワーナークラシックスから出ている私のバッハ集 『J.S. Bach: Complete Lute Suites』とCD5枚組のボックスセット『Sharon Isbin: 5 Classic Albums』は、バロック、ブラジル音楽、現代音楽、そしてニューヨーク・フィルハーモニックとの『ロドリーゴ:アランフェス協奏曲』やヴィラ=ロボス、ポンセのギター協奏曲(NYフィル唯一のギターとの録音)が収録されています。
詳しくはこちらのサイトへ:http://www.sharonisbin.com

 I’ve enjoyed collaborating with amazing Brazilian bossa nova artists, including Antonio Carlos Jobim, Laurindo Almeida, Thiago de Mello, and Romero Lubambo; folk legend Joan Baez; rock icon Steve Vai; jazz performers Stanley Jordan and saxophonist Paul Winter; bluegrass violinist Mark O’Connor, and many more. Viewers can experience many of these collaborations in the documentary, and in the DVD and Blu-ray of the film with bonus performance segments, available in Japan on the Video Artists International label. My two latest Sony albums, Journey to the New World and Sharon Isbin & Friends: Guitar Passions highlight these folk, rock and jazz collaborations. My all-Bach (J.S. Bach Complete Lute Suites) and 5-CD box set (Sharon Isbin: 5 Classic Albums) on Warner Classics is an opportunity for listeners to experience baroque, Brazilian and contemporary music, as well as Rodrigo Aranjuez/Villa-Lobos/Ponce guitar concerti with the New York Philharmonic (their only recording with guitar).
To learn more, please visit: http://www.sharonisbin.com

-グラミー賞を2度受賞されていることについてはいかがでしょうか?

 最初の時は素晴らしいサプライズ、特にクラシック音楽でギタリストが受賞したのは28年ぶりだったので。この名誉は、ギターという楽器がリスペクトされる機会を大いに与えてくれました。

 The first time was a wonderful surprise, especially since it had been 28 years since a guitarist had won in classical. The honor has helped to increase respect and opportunities for the instrument.

-これからの活動予定や抱負をお聞かせください。

 2017年初頭リリース予定の、全てスペイン音楽によるアルバムを収録したところです。素晴らしいアルゼンチン系アメリカ人のオペラスター、イザベル・レナードと共演しています。彼女は今年小澤征爾指揮のアルバム(「ラヴェル:歌劇『子どもと魔法』」)でグラミー賞を受賞しました。
 ニューアルバムでは、私が新たに編曲したものをお披露目します。40年の中で、クラシックギター伴奏でメジャーなスペイン歌手が歌うという初めてのジャンルとして、画期的なものとなるでしょう!
 昨年、ジャズ・ミュージシャンのクリス・ブルーベック(デイヴ・ブルーベックの息子)が私のために作曲した『ギター協奏曲』を初演しました。いつか、他の私のために書いてくれた曲と一緒に、その美しい『ギター協奏曲』をレコーディングできることを楽しみにしているんです。

 I’ve just recorded an all-Spanish album with the wonderful Argentinian-American opera star, Isabel Leonard, for release in early 2017. Her latest Grammy win was this year for a recording conducted by Seiji Ozawa! Our CD premieres new arrangements of mine, and is groundbreaking as the first its kind by a major Spanish singer with classical guitar in forty years! I look forward in the future to recording the beautiful concerto written for me by jazz musician Chris Brubeck, son of the late Dave Brubeck, that I premiered last year, along with other works written for me.

シャロン・イスビン(Sharon Isbin)
公式ツイッター : https://twitter.com/sharonisbin
公式Facebook : http://www.facebook.com/SharonIsbin

PROGRAM

ポートレート「シャロン・イスビン」

放送日時 8月9日(火)21:00~22:05

©J Henry Fair

1957年ミネソタ州ミネアポリスで育ち、9歳の頃にクラシック・ギターのレッスンを始める。1975年トロント国際ギター・コンクール第1位。“現代クラシック・ギター奏法の父”と称されるアンドレス・セゴビアに師事し、現在はジュリアード音楽院ギター部門の主任教師を務めながら世界的な活動を行っている。この番組では、彼女の生い立ちからミネソタ州で過ごした10代のエピソード、ギタリストは男性という因習の中で障害を乗り越えてきた努力、ジョン・コリリアーノやタン・ドゥンといった多くの現代音楽の作曲家とのコラボレーション、ホワイトハウスでのオバマ大統領の御前演奏まで、彼女のジャンルを越えた多彩な活動ぶりを伝える。そして、バロックからラテン音楽、20世紀音楽、ジャズ・フュージョンまで幅広いレパートリーを持つ彼女の、情熱的でスケールの大きな演奏が圧巻。アメリカのロックミュージシャン、スティーヴ・ヴァイとのセッションや偉大なフォークシンガー、ジョーン・バエズとの対面は必見!クラシック・ギターの新たな魅力と感動を発見する。

[出演]シャロン・イスビン(ギタリスト)ジョン・コリリアーノ(作曲家)タン・ドゥン(作曲家)スティーヴ・ヴァイ(ロック・ギタリスト)ジョーン・バエズ(ミュージシャン)マルチナ・ナヴラチロワ(元テニスプレイヤー)スタンリー・ジョーダン(ジャズ・ギタリスト)クリストファー・ルース(作曲家)ニコラ・パスコフスキ(作曲家)ジャニス・イアン(ミュージシャン)リチャード・ダイアー(音楽評論家)他
[監督]スーザン・ダンゲル
[制作]2014年

【クラシック大全第2章】人間ドキュメント: 隠されたストーリー

解説 Commentary

ダーシー・バッセルが語る「バレエのヒロインたち」

 英国ロイヤル・バレエの元プリマ・バレリーナ、ダーシー・バッセルが「バレリーナ」という存在について語る。

 バレエ史を振り返ると、ニジンスキー、ヌレエフ、バリシニコフ、ドンなど、傑出した男性ダンサーも少なくないが、一般的に「バレエ」と聞いてまず思い浮かべるのは、爪先で立ったバレリーナであろう。
 17世紀にはルイ14世をはじめ、舞台に立ったのはほとんど男性だったが、18世紀になると、テクニシャンのマリー・カマルゴ、演技派のマリー・サレという二人のバレリーナが登場する。19世紀にバレエは最初の絶頂期を迎えるのだが、この時代からバレエの主役はもっぱら女性になる。この時代に、「バレエといえばバレリーナ」というイメージが生まれ、それは今日まで続いている。
 狭義の「クラシック・バレエ」は19世紀末にロシアで生まれたが、そこで活躍したのはピエリーナ・レニャーニ、カルロッタ・ブリアンツァなど、もっぱらイタリア人バレリーナだった。レニャーニは「黒鳥のパ・ド・ドゥ」で有名な32回フェッテを世界で最初に披露したバレリーナだ。
 20世紀初頭にはやはりロシアで、テクニシャンとして知られたマチルダ・クシェシンスカヤ、そして最初の世界的スターとなったアンナ・パヴロワが登場する。
 20世紀半ばになると、ガリーナ・ウラノワが、ソ連から鉄のカーテンを超えてやってきて、西欧のバレエ・ファンを驚愕させた。
 戦後のイギリスを代表するのがマーゴ・フォンテインだ。彼女は40歳でロイヤル・バレエを退団したが、ソ連から亡命してきたヌレエフと、その後15年間も舞台に立ち続けた。
 現代バレエの代表的振付家といえば、ジョージ・バランシンだが、彼のミューズだったスザンヌ・ファレルは典型的なアメリカのバレリーナといえよう。
 その他、かつて英国ロイヤル・バレエのプリンシパルだったベリル・グレイ、かつてパリ・オペラ座バレエのエトワールで、現在オペラ座バレエ学校の校長をつとめているエリザベット・プラテルの貴重な映像も見られる。

 この番組では、テクニックと表現力の両面から「バレリーナ」という存在に迫る。テクニックの面では、5つのポジションやアントルシャ(飛び上がって脚を交叉させる)が丁寧に解説され、さらにダーシー・バッセルがパリやサンクトペテルブルク、モスクワを旅しながら国によるバレエスタイルの違いも説明してくれるので、「バレエ入門」としても最適だ。何しろ解説者自身がかつて英国ロイヤル・バレエのプリマ・バレリーナとして絶大な人気を誇っていたので、その話にはじつに説得力がある。

 バレリーナという存在を歴史的に辿った番組。これを見るとバレエの歴史がよくわかる。 

鈴木晶(法政大学教授・舞踊評論家)

鈴木 晶 Shou Suzuki

法政大学教授、早稲田大学大学院客員教授。舞踊史。著書に『オペラ座の迷宮』『バレエ誕生』他多数。訳書は『ディアギレフ 芸術に捧げた生涯』他多数。現在、「ミュージカル映画の黄金時代」を執筆中。「ダンスマガジン」他に舞踊評を寄稿。

©J Henry Fair

PROGRAM

ダーシー・バッセルが語る「バレエのヒロインたち」

初回放送 8月16日(火)21:00~22:10

©Courtesy of Argonon International

バレエファンはもちろん、誰もがバレエの素晴らしい世界を楽しめる番組。18世紀にマリー・カマルゴとマリー・サレという女性職業ダンサーが登場。19世紀にポワントで『ラ・シルフィード』を踊ったマリー・タリオーニや『ジゼル』のカルロッタ・グリシ、19世紀後半のロシアで『眠れる森の美女』のオーロラ姫を踊ったカルロッタ・ブリアンツァ、『白鳥の湖』でオデットとオディールの一人二役を最初に演じたピエリーナ・レニャーニ、マリインスキーのマチルダ・クシェシンスカ。20世紀ではロシアのアンナ・パヴロワとガリーナ・ウラノワ、英国のマーゴ・フォンテイン、アメリカのスザンナ・ファレル。歴史的バレリーナはバレエスタイルを発展させ、そのパイオニアとして名を残している。彼女たちがバレエの歴史をどのように変えてきたのか、数々の貴重映像で明らかに。興味深いのは、全世界のバレエクラスで共通の「1から5のポジション」を行っているにも関わらず、国によってバレエスタイルが異なること。番組では各国の特徴を、英国はモニカ・メイソン、フランスはギレーヌ・テスマー、アメリカはシンシア・ハーヴェイ、ロシアはアルティナイ・アスィルムラートワが、自らも受け継いだ自国の伝統を伝える立場として、わかりやすく説明する。

[出演]ダーシー・バッセル(ナビゲーター)ジェニファー・ホーマンス(舞踊歴史家)イゴール・ストゥプニコフ(舞踊歴史家)他
[監督]ロス・マクギボン
[制作]2014年

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
12 月の番組ガイド&番組表 e-Book
お知らせNEWS
  • 2018.09.19
    メンテナンスのお知らせ
    9月20日(木)午前1時から午前7時まで、メンテナンスのため、「クラシカ・ジャパン プラス」アプリでのサービスのご利用ができません。
    お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018.07.20
    7月及び8月の放送時間変更のお知らせ
    7月23日に初放送を予定しております、
    マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』につきまして、
    想定より番組が長くなることが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    7月及び8月の放送時間が下記の通り一部変更となります。

    7/23(月)
    ■変更前
    21:00~22:20 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    22:20~23:10 ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル「ブラームス:交響曲第3番」


    ■変更後
    21:00~22:25 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    22:25~23:10 ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル「ブラームス:交響曲第3番」

    7/24(火)
    ■変更前
    17:30~18:00 カヴァコス『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第3番』
    18:00~19:20 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』


    ■変更後
    17:30~17:55 カヴァコス『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第3番』
    17:55~19:20 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』

    7/25(水)
    ■変更前
    12:30~13:20 ジャルスキーが歌うペルゴレージ『スターバト・マーテル』
    13:20~14:40 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』


    ■変更後
    12:30~13:15 ジャルスキーが歌うペルゴレージ『スターバト・マーテル』
    13:15~14:40 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』

    7/26(木)
    ■変更前
    8:40~9:30 ジャルスキーが歌うペルゴレージ『スターバト・マーテル』
    9:30~10:50 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』


    ■変更後
    8:40~9:25 ジャルスキーが歌うペルゴレージ『スターバト・マーテル』
    9:25~10:50 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』

    7/27(金)
    ■変更前
    6:00~7:20 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    7:20~8:10 ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル「ブラームス:交響曲第3番」


    ■変更後
    6:00~7:25 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    7:25~8:10 ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル「ブラームス:交響曲第3番」

    7/28(土)
    ■変更前
    12:15~13:35 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    13:35~15:45 サン・カルロ歌劇場2012『真珠採り』


    ■変更後
    12:15~13:40 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    13:40~15:45 サン・カルロ歌劇場2012『真珠採り』

    7/29(日)
    ■変更前
    21:55~22:50 ヘンゲルブロック&NDRエルプフィル「ブラームス:交響曲第4番」
    22:50~23:55 マックス・ラーベ&パラストオーケストラ2016
    23:55~25:35 映画『ロパートキナ 孤高の白鳥』
    25:35~26:55 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』


    ■変更後
    21:55~22:45 ヘンゲルブロック&NDRエルプフィル「ブラームス:交響曲第4番」
    22:45~23:50 マックス・ラーベ&パラストオーケストラ2016
    23:50~25:30 映画『ロパートキナ 孤高の白鳥』
    25:30~26:55 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』

    8/5(日)
    ■変更前
    12:15~13:35 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    13:35~15:45 サン・カルロ歌劇場2012『真珠採り』


    ■変更後
    12:15~13:40 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    13:40~15:45 サン・カルロ歌劇場2012『真珠採り』
  • 2018.06.21
    アプリのメンテナンスに関して
    6月25日(月)午前1時から午前7時まで、
    メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上でのサービス利用ができません。
    お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください
  • 2018.02.20
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 放送時間変更のお知らせ
    3月20日に初放送を予定しております、
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 につきまして、
    権利元から到着した番組尺が当初のものより長いことが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    3/20(火)
    ■変更前
    21:00~21:55 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    21:55~22:25 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:25~25:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:10~26:55 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    26:55~28:10 ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン『ブルックナー:交響曲第3番』

    ■変更後
    21:00~22:10 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    22:10~22:40 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:40~25:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:25~27:10 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    27:10~28:10 ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送響『シベリウス:交響曲第7番』

    3/21(水・祝)
    ■変更前
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~16:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    16:50~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/22(木)
    ■変更前
    12:05~13:05 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:05~13:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    13:40~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    12:05~13:10 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:10~13:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    13:25~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    3/23(金)
    ■変更前
    09:10~09:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第14番』
    09:40~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    09:10~09:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    09:25~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/24(土)
    ■変更前
    06:00~08:40 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    08:40~09:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    09:10~10:50 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:50~11:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:40~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    06:00~06:15 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    06:15~08:25 陳銀淑:歌劇『不思議の国のアリス』
    08:25~08:55 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    08:55~10:35バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:35~11:25 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:25~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/25(日)
    ■変更前
    22:55~23:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    23:50~24:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:40~26:00 ピエール・ブーレーズ追悼コンサート2016 in パリ

    ■変更後
    22:55~24:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    24:05~24:55 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:55~26:00 ポートレート「シャロン・イスビン」

    3/26(月)
    ■変更前
    24:55~25:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    25:50~26:20 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:20~29:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:10~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第7番』

    ■変更後
    24:55~26:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    26:05~26:35 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:35~29:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:25~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』

    3/27(火)
    ■変更前
    28:35~29:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    29:05~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    28:35~28:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    28:50~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
  • 2018.02.20
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』 放送時間変更のお知らせ
    2月25日に初放送を予定しております、
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』につきまして、
    想定より番組が早く終了することが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    2月及び3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    2/25(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    21:00~22:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    22:40~23:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/26(月)
    ■変更前
    22:50~24:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    22:50~24:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    24:30~24:50 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/27(火)
    ■変更前
    19:00~21:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    19:00~20:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    20:40~21:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/28(水)
    ■変更前
    15:00~17:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:00~16:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:40~17:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    3/1(木)
    ■変更前
    12:00~14:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    12:00~13:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    13:40~14:00 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/2(金)
    ■変更前
    7:50~9:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    7:50~9:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    9:30~9:50 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/3(土)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/11(日)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』



  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)
  • 東芝グランドコンサート2019 <オフィシャルサイト> ファビオ・ルイージ指揮 デンマーク国立交響楽団
  • プラハ国立劇場オペラ「フィガロの結婚」
  • 映画『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』クラシカ・ジャパン開局20周年記念作品