CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN


メニュー

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
メニュー 閉じる

特集FEATURE

バックナンバー

【クラシック大全第2章】オペラ400年史

解説 Commentary

プッチーニとR・シュトラウス ~ヴェルディとワーグナーを越えて

 独創性を誇ってこそ作曲家である。しかし、時には他人の楽想を拝借し、ユーモア交じりで使ってみることも。例えば、プッチーニの《ラ・ロンディネ(つばめ)》(1917)では、詩人プルニエが女性の名「サロメ」を口にした途端、R・シュトラウスの《サロメ》(1905)のモティーフが飛び出してくる。プッチーニはその音型を嬰へ短調で使ったが、分かり易くイ短調で示すなら「ラ・ド・ラ・ミ」。少女の妖しさの象徴なのか、R・シュトラウスが劇中でたびたび鳴らすモティーフであり、オペラ・ファンには馴染みある一節だろう。《ラ・ロンディネ》の前半は喜劇色が強いから、こうしたお遊びも楽しめる。作曲家同士が意識し合っていた好例として紹介しておきたい。

 プッチーニとR・シュトラウスがオペラ界に躍り出た際、彼らはそれぞれ、ヴェルディとワーグナーの後継者とみなされた。プッチーニは特に、ヴェルディゆかりの楽譜出版リコルディ社に見出だされたので、社主ジューリオ自ら旗を振り、「巨匠の《ファルスタッフ》と新人の《マノン・レスコー》をどうぞ宜しく!」と各地の歌劇場に売り込んだ。この2作が同じ1893年に初演されたので、ここぞとばかりに「抱き合わせ商法」を展開したのである。
 一方、早熟型のR・シュトラウスは、10代初めからワーグナーのオペラを鑑賞し、17歳で《トリスタンとイゾルデ》の楽譜をむさぼり読んだという。その結果、楽劇王と同じく彼も「大規模なオーケストレーションと、拍手でドラマを遮らない音作り」を心掛け、上述の《サロメ》を休憩なしの一幕立てで世に問うた。その一方で彼は、ワーグナーとは異なる視点も持ち、「キャッチーなメロディ」を劇中にたびたび挿入した。その最たるものが、18世紀ウィーンの宮廷社会を舞台に、大人の女の愛と諦念を描いた《ばらの騎士》(1911)である。第1幕でイタリア人歌手が歌う伸びやかなアリア、第2幕で色好みのオックス男爵が口ずさむ優雅なワルツなど、いつまでも耳に残る魅惑的な旋律である。
 でも、イタリア人のプッチーニにしてみれば、ワーグナー流を理解しつつも観客から拍手を奪うつもりは毛頭ない。そのため、彼は音楽に切れ目を入れて、客席が沸く瞬間もきちんと用意した。ナポレオン侵攻に揺れるローマで歌姫が情欲の犠牲となる悲劇《トスカ》(1900)では、テノールの二つのアリア - 朗々たる〈妙なる調和〉と悲痛さ極まりない〈星はきらめき〉- が劇的なコントラストを呈示。ソプラノの名曲〈歌に生き、愛に生き〉では、恋人の拷問を止めさせたいヒロインが、絶体絶命の境地で神に縋(すが)るべく、スリリングな音運びが停まり、情感豊かな調べが展開するのである。

 なお、この二人の活動は第一次世界大戦のさなかも続いた。戦時下ではオペレッタのような軽妙さは活かし辛いが、R・シュトラウスもプッチーニも「骨太の書き手」であり、重い響きの管弦楽を、人声と自在に合わせる技に長けていた。その後、プッチーニの《トゥーランドット》(1926)が「オペラ史最後の大ヒット作」と呼ばれることに。このオペラは、古代の中国皇帝から女奴隷まで舞台に集う大掛かりな一作だが、プッチーニは〈女奴隷の死〉の場まで書いて逝去。そこで、後輩フランコ・アルファーノが補作を頼まれ、残されたスケッチをもとに壮大なフィナーレを作り上げた。その後、21世紀に入ってルチアーノ・ベリオがこの大詰めに新たな音楽を書き、一味違う神秘的な響きをもたらしている。

岸 純信(オペラ研究家)

岸 純信 Suminobu Kishi

1963年生まれ。音楽雑誌や公演プログラム等に寄稿。CD及びDVDの解説多数。 テレビ、ラジオなど放送媒体にもたびたび出演。新国立劇場次期オペラ芸術監督選考委員(2013年)。新国立劇場オペラ専門委員。静岡国際オペラコンクール企画運営委員。大阪大学外国語学部非常勤講師(オペラ史)。近著に『オペラは手ごわい』(春秋社)など。

©Hans van den Bogaard

PROGRAM

バイエルン州立歌劇場2010 『トスカ』

初回放送 2月4日(土)21:00~23:20

©Wilfried Hoesl

プッチーニの人気オペラ『トスカ』は、ローマに現存するサンタンジェロ城、サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会、ファルネーゼ宮殿を舞台に、歌姫トスカと恋人の画家カヴァラドッシ、そしてローマを牛耳るスカルピア男爵が繰り広げる愛憎劇。一分の隙もない緊張した展開と甘く美しい旋律は今なお多くの人の心を打つ、音楽とドラマが完全に密着した傑作。この番組は2010年夏のミュンヘン・オペラ・フェスティバルにて、現在最高のスーパースター、ヨナス・カウフマンが登場したことで話題を呼んだ公演。カウフマンが演じるカヴァラドッシのトスカに対する内に秘めた情熱、アンジェロッティへの友情、そして「妙なる調和」「星は光りぬ」など名アリアのドラマティックな歌唱。とにもかくにもカウフマンに釘付けの番組。遅めのテンポで音楽にメリハリを作っているのは、オペラ職人ともいえる指揮者ファビオ・ルイージ。

[演目]プッチーニ:3幕のメロドランマ『トスカ』
[演出]リュック・ボンディ
[装置]リヒャルト・ペドゥッツィ
[衣裳]ミレーナ・カノネーロ
[出演]カリタ・マッティラ(フローリア・トスカ)ヨナス・カウフマン(マリオ・カヴァラドッシ)ユハ・ウーシタロ(スカルピア男爵)クリスティアン・ファン・ホーン(チェーザレ・アンジェロッティ)エンリコ・フィッソレ(堂守)ケヴィン・コナーズ(スポレッタ)リュディガー・トレブス(シャルローネ)クリスティアン・リーガー(看守)テルツ少年合唱団メンバー(羊飼いの少年)
[指揮]ファビオ・ルイージ
[演奏]バイエルン州立歌劇場管弦楽団及び同合唱団、同児童合唱団 他
[収録]2010年6月28日ミュンヘン・ナツィオナルテアター「ミュンヘン・オペラ・フェスティバル2010」

PROGRAM

ミラノ・スカラ座2015『トゥーランドット』

初回放送 2月11日(土・祝)21:00~23:25

©Hans van den Bogaard

イタリアの威信をかけ、“オペラの殿堂”ミラノ・スカラ座が、同歌劇場次期音楽監督であり、ミラノ出身の指揮者リッカルド・シャイーの指揮でイタリアが誇る作曲家プッチーニの絶筆となった未完のオペラ『トゥーランドット』を上演したミラノEXPO2015オープニング公演。第3幕冒頭のテノールのアリア「誰も寝てはならぬ」が有名だが、全編にわたり異国情緒にあふれ、美しくドラマティックな音楽が圧巻。プッチーニは第3幕「リューの死」の場面まで作曲し死去。現在は作曲家の弟子フランコ・アルファーノによる補完版が上演されるが、この番組ではシャイーがイタリアの現代作曲家ルチアーノ・ベリオに補作を委嘱した全曲版をご覧いただく。アルファーノ版では主人公2人がリューの犠牲を忘れたかのように情熱的に結ばれるが、ベリオ版はリューの犠牲を目の当たりにしたトゥーランドットの心が少しずつ変化する様子を丁寧に描く。もちろん作曲家のスケッチを元にしているのでアルファーノ版と同じ旋律も響くが、華美にはならず、ラストはプッチーニが遺したピアノ譜通りのピアニッシモで静かに幕を閉じる。そのベリオ版の特徴に合わせて登場人物の心理描写を丁寧に描く演出はニコラス・レーンホフ。彼とコンビを組むことが多いライムント・バウアーの舞台装置も見どころ。流麗なカメラワークによって、テレビで見てもスカラ座の舞台の高さや奥行きに圧倒される。これぞイタリア・オペラ!これぞプッチーニ!という音楽を存分に堪能できる。

[出演]ニーナ・シュテンメ(トゥーランドット)アレクサンドル・アントネンコ(カラフ)マリア・アグレスタ(リュー)アレクサンドル・ツィムバリュク(ティムール)カルロ・ボージ(皇帝)アンジェロ・ヴェッチャ(ピン)ロベルト・コヴァッタ(パン)ブラゴイ・ナコスキ(ポン)ジャンルカ・ブレーダ(上級官吏)アゼル・ルザ=ザダ(ペルシャの王子)バルバラ・ロタ・ラヴァリン(第1の召使)キエルスティ・エーデガード(第2の召使)
[演目]プッチーニ:3幕5場のドランマ・リーリコ『トゥーランドット』(ルチアーノ・ベリオによる第3幕補完版)
[台本]ジュゼッペ・アダーミ&レナート・シモーニ
[原作]カルロ・ゴッツィの御伽噺風戯曲『トゥーランドッテ』
[演出]ニコラス・レーンホフ
[装置]ライムント・バウアー
[衣装]アンドレア・シュミット=フッテラー
[照明]ドゥエイン・シューラー
[振付]デンニ・セイヤーズ
[指揮]リッカルド・シャイー
[演奏]ミラノ・スカラ座管弦楽団及び同合唱団、ミラノ・スカラ座アカデミー児童合唱団
[収録]2015年5月1日ミラノ・スカラ座

PROGRAM

バーデン=バーデン祝祭劇場2011『サロメ』

初回放送 2月18日(土)21:00~22:50

©Andrea Kremper

オスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』をR・シュトラウスがオペラ化。1905年12月9日ドレスデン宮廷歌劇場での初演は空前の反響を呼び、聖書を題材にしているのにエロティックで反社会的であるとして、各地で上演禁止になった問題作。一方で調性崩壊ぎりぎりの半音階進行と、ハープやチェレスタ、ハルモニウムまで使った大編成オーケストラの前衛的音楽が高く評価され、R・シュトラウスがオペラ作曲家として輝かしい第一歩を踏み出した記念碑的作品でもある。この番組は、2011年バーデン=バーデン祝祭劇場で収録されたニコラウス・レーンホフ演出、シュテファン・ゾルテス指揮による公演。王を惑わす少女サロメを演じるドイツが誇るドラマティック・ソプラノ、アンゲラ・デノケは、強靭な声のみならず成熟した色気と「7つのヴェールの踊り」の妖艶さが凄い。義理の娘に欲望を抱くヘロデ王を演じる実力派テノール、キム・ベグリーの演技力にも注目。

[演目]R・シュトラウス:1幕の楽劇『サロメ』
[演出]ニコラウス・レーンホフ
[装置]ハンス=マルティン・シュローダー
[衣裳]ベッティーナ・ワルター
[振付]デンニ・セイヤーズ
[出演]アンゲラ・デノケ(サロメ)キム・ベグリー(ヘロデ)ドリス・ゾッフェル(ヘロディアス)アラン・ヘルド(ヨカナーン)マルセル・レイヤン(ナラボート)ユルギータ・アダモニテ(ヘロディアスの小姓)ジェフリー・フランシス(第1のユダヤ人)ベンジャミン・ヒューレット(第2のユダヤ人)ティモシー・ロビンソン(第3のユダヤ人)パスカル・ピティ(第4のユダヤ人)ラインハルト・ドルン(第5のユダヤ人)スティーヴン・ヒュームズ(第1のナザレ人)ローマン・グリュブナー(第2のナザレ人&カッパドキア人)デイヴィッド・イェルサレム(第1の兵士)アルトゥール・グリワツィク(第2の兵士)アイオナ・サコヴィッツ(奴隷)パトリック・ビュットナー(ナーマン)
[指揮]シュテファン・ゾルテス
[演奏]ベルリン・ドイツ交響楽団
[収録]2011年バーデン=バーデン祝祭劇場

PROGRAM

クライバーの『ばらの騎士』 1994

初回放送 2月25日(土)21:00~24:30

©Unitel

カルロス・クライバーの初来日と最後の来日を飾る、日本の音楽ファンにとっても特別な演目。この番組はウィーン国立歌劇場に9年ぶりに登場したクライバー伝説の公演。随所に映し出されるクライバーの魔法のような指揮。彼の指揮姿と音楽作りが堪能できる、まさにクライバーのオペラを象徴する、最も理想的な『ばらの騎士』映像。終幕の三重唱は特に必見。

[演目]R・シュトラウス:3幕の音楽のための喜劇『ばらの騎士』Op.59
[演出]オットー・シェンク
[装置]ルドルフ・ハインリヒ
[衣装]エルニ・クニーペルト
[指揮]カルロス・クライバー
[演奏]ウィーン国立歌劇場管弦楽団及び同合唱団、オーストリア連邦劇場舞台オーケストラ(指揮:ラルフ・ホスフェルト)
[収録]1994年3月ウィーン国立歌劇場
[出演]フェリシティ・ロット(元帥夫人)アンネ・ソフィー・フォン・オッター(オクタヴィアン)バーバラ・ボニー(ゾフィー)クルト・モル(オックス男爵)ゴットフリート・ホーニク(ファーニナル)オリヴェラ・ミリャコヴィチ(マリアンネ)ハインツ・ツェドニク(ヴァルツカッキ)アンナ・ゴンダ(アンニーナ)キース・イカイア=パーディ(歌手)ヴァルデマール・クメント(元帥夫人の執事)ペーター・ヴィンベルガー(警部)フランツ・カーゼマン(ファーニナル家の執事)ヴォルフガング・バンクル(公証人)ペーター・イェロジッツ(料理屋の主人)

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
お知らせNEWS
  • 2018.06.21
    アプリのメンテナンスに関して
    6月25日(月)午前1時から午前7時まで、
    メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上でのサービス利用ができません。
    お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください
  • 2018.02.20
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 放送時間変更のお知らせ
    3月20日に初放送を予定しております、
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 につきまして、
    権利元から到着した番組尺が当初のものより長いことが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    3/20(火)
    ■変更前
    21:00~21:55 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    21:55~22:25 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:25~25:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:10~26:55 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    26:55~28:10 ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン『ブルックナー:交響曲第3番』

    ■変更後
    21:00~22:10 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    22:10~22:40 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:40~25:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:25~27:10 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    27:10~28:10 ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送響『シベリウス:交響曲第7番』

    3/21(水・祝)
    ■変更前
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~16:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    16:50~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/22(木)
    ■変更前
    12:05~13:05 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:05~13:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    13:40~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    12:05~13:10 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:10~13:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    13:25~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    3/23(金)
    ■変更前
    09:10~09:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第14番』
    09:40~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    09:10~09:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    09:25~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/24(土)
    ■変更前
    06:00~08:40 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    08:40~09:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    09:10~10:50 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:50~11:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:40~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    06:00~06:15 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    06:15~08:25 陳銀淑:歌劇『不思議の国のアリス』
    08:25~08:55 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    08:55~10:35バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:35~11:25 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:25~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/25(日)
    ■変更前
    22:55~23:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    23:50~24:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:40~26:00 ピエール・ブーレーズ追悼コンサート2016 in パリ

    ■変更後
    22:55~24:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    24:05~24:55 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:55~26:00 ポートレート「シャロン・イスビン」

    3/26(月)
    ■変更前
    24:55~25:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    25:50~26:20 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:20~29:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:10~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第7番』

    ■変更後
    24:55~26:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    26:05~26:35 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:35~29:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:25~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』

    3/27(火)
    ■変更前
    28:35~29:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    29:05~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    28:35~28:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    28:50~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
  • 2018.02.20
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』 放送時間変更のお知らせ
    2月25日に初放送を予定しております、
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』につきまして、
    想定より番組が早く終了することが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    2月及び3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    2/25(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    21:00~22:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    22:40~23:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/26(月)
    ■変更前
    22:50~24:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    22:50~24:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    24:30~24:50 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/27(火)
    ■変更前
    19:00~21:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    19:00~20:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    20:40~21:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/28(水)
    ■変更前
    15:00~17:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:00~16:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:40~17:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    3/1(木)
    ■変更前
    12:00~14:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    12:00~13:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    13:40~14:00 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/2(金)
    ■変更前
    7:50~9:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    7:50~9:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    9:30~9:50 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/3(土)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/11(日)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』



  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)