CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN


メニュー

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
メニュー 閉じる

特集FEATURE

バックナンバー

【クラシック大全第2章】人間ドキュメント: 隠されたストーリー

解説 Commentary

歌劇はカゲキなスポーツ!〜スター歌手らが赤裸々に語る

 演出家のピーター・セラーズとかつて、「オペラと相撲の共通点」について語り合ったことがある。「相撲取りは、ただの肥満体とは全く異なるアスリートだ。人々は普段の稽古で鍛え上げた巨体が生み出す迫真の格闘技を、スポーツとして楽しむ。オペラでも太った女性、頭のはげた男性が絶世の美女と王子様に扮したりする。観客は最初、『ありえない』とビジュアルに困惑するが、いざアリア、デュエットが始まれば、類まれな美声の魔法にかかり、愛の歌に酔う。最近は映像ソフトの普及で、オペラ歌手にもハリウッドビューティー並みのビジュアルを要求するから、美男美女が増えたけれども、ネガティブからポジティブへ、瞬間で光景が変わるオペラ本来の楽しみを奪ってしまった」

・・・続きを読む

 確かに現代のスター歌手は容姿端麗だが、長期間の訓練と稽古を積み重ね、生身の肉体を楽器として駆使、あるいは酷使する職業であることに変わりはない。クラシック音楽の担い手の中では最も、アスリートに近い。番組の中で、ポーランド出身のテノール、ピョートル・ベチャワやドイツのバイエルン州立歌劇場のニコラウス・バッハラー総裁(俳優出身)はオペラを「過激なスポーツ」と呼ぶ。ウィーン国立歌劇場の近くで代々耳鼻科を営み、「歌手のドクター」と呼ばれているラインハルト・キュルステン医師は「F1レースに匹敵する負荷」、音楽ジャーナリストのユルゲン・ケスティングは「持久力」をそれぞれ指摘する。スターテノールのヨナス・カウフマンが「それでも頑張る理由」の1つにずばり、「自己顕示欲」を挙げているのは面白い。ただし「正直でない人、自分の長所も短所もさらけ出せない人は舞台に立てない」と、自戒の念も込めて語っている。理想はあくまでも高く。モーツァルトの「魔笛」の「夜の女王」で有名だったドイツ往年の美人ソプラノ、エッダ・モーザーが今や貫禄十分の名教師として現れ、「より高いところへ。それには呼吸が何より大事よ!」と熱血指導をする場面にも驚く。

 「歌いたい」という肉体の欲望と向き合いながら、ソプラノのアニヤ・ハルテロスは「自分の声はどうやって出ているのか」を究め、メゾ・ソプラノのクリスタ・ルートヴィヒは「自分の限界をわきまえなければならない」と説く。ルートヴィヒに続いてベチャワ、カウフマンらが自らの失敗、不調、キャンセルの体験を生々しく振り返る。キュルステン医師が「演奏中のアクシデントはサッカー選手の試合中の負傷と同じで原則、打つ手はない」とかばい、「歌手をつぶす指揮者、演出家がいたり、YouTubeなどの動画ソフトで失敗の現場まで世界に流されたりするなか、芸術をどう支えるか」の使命を語る。

 「オペラに強い個性は必要か?」の問いかけに対し、ハルテロスは「現代の劇場では演出家が主導権を握り、コンセプトに合う歌手を探す。合わなければ降ろされるだけ」と、実情を明かす。ベチャワも「歌手を利用しても、育てようとしないのは現代の病」と手厳しい。それでも「自らを『歌わせよう』とする力を感じる霊的な体験」(ベチャワ)や、「忘我を経て再び自己を発見する瞬間」(ハルテロス)を求めて「突き進むしかない」(カウフマン)と覚悟を定め、オペラハウスのアスリートたちは今日も舞台に立つ。ドイツ語の細部まで正確に語る論理性、歌劇場の数が多く、切れ目ない出演を通じて鍛え上げられた歌手のプロ意識の両面で、とても示唆に富む番組だ。


池田卓夫(音楽ジャーナリスト)


池田卓夫 Takuo Ikeda

1958年東京都杉並区生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科を1981年に卒業し、日本経済新聞社に入社。産業部、広島支局、証券部、国際部の記者を経て、1988~92年にフランクフルト支局長。「ベルリンの壁」崩壊から旧東西ドイツ統一までを現地から報道した。1993年に文化部へ異動、1995~2011年に同部の編集委員を務めた。現在は電子編集部記者。音楽についての執筆は高校生で始め、1986年から「音楽の友」誌、1995年から「ミュゼ(現intoxicate)」誌などに寄稿。演奏会やオペラ、CDの企画やMC(司会)、翻訳、音楽コンクールの審査などにも携わる。2012年に会津若松市で世界初演した福島復興復活支援オペラ「白虎」(宮本益光台本・加藤昌則作曲)にはエグゼクティブプロデューサーとして関わり、三菱UFJ信託芸術文化財団の「佐川吉男賞」を授かった。東京都台東区芸術文化支援制度アドバイザー、エンジン01文化戦略会議メンバー。


史実を踏まえつつ、大胆な潤色を加えた稀有な音楽伝記ドラマ

 木々のざわめきに囲まれた池のほとりの四阿(あずまや)で、思い詰めた表情の女性がペンを走らせている。背後に流れるのは、交響曲第9番『新世界より』の神秘的な序奏だ。
 時は1894年の早春。ここはプラハの南東約65キロのヴィソカー村。女性は、このあたり一帯の領地を持つコウニッツ伯爵の妻ヨゼフィーナ。彼女はかつてプラハの劇場の人気女優で、その美貌は40代半ばとなった今も色濃くとどめられてはいたが、顔色は青白かった。重い病に冒された彼女は、遠い異国にいる昔の恋人に、帰国を促す手紙をしたためたのだった。

・・・続きを読む

 手紙が書きあがると音楽は一転して劇的な主部に入り、一隻の大型客船が大西洋の大海原を一路、波を切ってアメリカからヨーロッパへと急ぐ場面が映し出される。
 ニューヨークの音楽院の院長としてアメリカ滞在中のドヴォルザークが夏の休暇をとり、妻子とともにボヘミアに一時帰国してきたのだ。ドラマはすべて、この5カ月間の彼の一時帰国中の出来事で構成されている。
 今でこそ国際的名声に包まれる彼も、若き無名時代、音楽の個人授業によって辛うじて生計を立てていた。その生徒の中に、ヨゼフィーナとアンナの姉妹がいた。姉のヨゼフィーナに熱を上げる彼は、まだ少女のアンナが密かに自分を見つめているのに気づかなかった。だが、ヨゼフィーナが彼ではなくコウニッツ伯爵を選んだのちに、アンナの可憐さに俄然心を奪われ、アンナを妻とする。アンナは貧しい家計を支え、夫の大成に一役も二役も買ってきた。
 そんな夫妻を襲ったのは、愛児3人の相次ぐ死という苛酷な試練。嗚咽するアンナの肩を抱き、強く励ましたのは姉のヨゼフィーナだった。一方、ドヴォルザークはこの耐えがたい悲しみを、わが子が十字架につけられた聖母の悲しみに重ね合わせ、名曲『スターバト・マーテル』を書き上げる。
 だが今、ヨゼフィーナからの手紙に接して矢も楯もなく故郷に戻ったドヴォルザークは、ヨゼフィーナと逢瀬を重ねるようになる。夫のポケットから取り落とされたヨゼフィーナの手紙を目にしてしまったアンナは、夫と姉の急速な接近に激しく苦悩する。
 アメリカに戻らず、このままここに留まって欲しいと切望するヨゼフィーナ。早くアメリカに戻らねば、と夫を促すアンナ。そんなとき、ヨゼフィーナが心臓発作を起こして倒れ、医師は彼女の余命がいくばくもないことをドヴォルザーク夫妻に告げる。
 横糸として織り込まれているのは、ドヴォルザークの弟子スークと、夫妻が3児を失ったのちに生まれた6人の子どものうちの長女オッティリエとの不器用な恋だ。ドヴォルザークの愛してやまなかった鳩と機関車も随所に登場する。そして、弦楽四重奏曲『アメリカ』、『ユーモレスク』などの名曲が物語を彩る。
 ヴィソカー村のゆたかな自然環境の中で、彼は1曲の心温まるピアノ曲を着想し、完成したその曲をヨゼフィーナに捧げた。

 実在のヨゼフィーナは、このテレビ映画の物語のあと、ドヴォルザーク夫妻の再度の渡米中に世を去った。異郷で初恋の人の訃報を手にした作曲家は、完成間近のチェロ協奏曲ロ短調の第2楽章中間部とフィナーレの結び前に、彼女の愛した歌曲『私をひとりにして』の旋律を挿入して、永遠に彼女を偲んでいる。


音楽評論家  萩谷由喜子


萩谷由喜子 Yukiko Hagiya

音楽評論家。東京生まれ。日舞、邦楽とピアノを学び、立教大学卒業後音楽教室を主宰する傍ら音楽評論を志鳥栄八郎に師事。現在『音楽の友』『モストリークラシック』の批評欄を担当。日本経済新聞、産経新聞等に執筆。ラジオ、テレビに随時出演。主な著書に賢治没後80年記念復刻音源つき『宮澤賢治の聴いたクラシック』(小学館)、『クロイツァーの肖像』『クラシックの作曲家たち』『クラシックのピアニストたち』(以上ヤマハミュージックメディア)、『五線譜の薔薇』『音楽史を彩る女性たち』『幸田姉妹』『田中希代子』(以上ショパン)『諏訪根自子~美貌のヴァイオリニストその劇的生涯』(アルファベータ)他。中央区民カレッジ講師、千代田区かがやき大学講師。
ホームページはhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~yukiko99/

PROGRAM

クラシカ・音楽人 <びと>「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」                

初回放送 2月4日(土)20:30~21:00

©CLASSICA JAPAN/Rikimaru HOTTA

チャンネル独自の視点で、音楽に身も心も捧げる話題の音楽人の本音に迫るインタビュー番組。2月は、日本のインターネットサービスの草分け的存在で、東京・春・音楽祭実行委員長も務める株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)代表取締役会長兼CEOの鈴木幸一氏が登場!鈴木氏は1946年横浜市生まれ。1992年12月に株式会社インターネットイニシアティブ企画を創立し、日本における商用インターネットサービスの先駆者として、20年以上にわたり新しい通信インフラ市場を切り拓いてきた。根っからのクラシック好きの鈴木氏は、現在実行委員長を務める東京・春・音楽祭ではインターネットによるハイレゾリューション音源のライブ配信を行い、2016年よりベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールでライブ配信の共同事業を始めるなど、クラシック音楽を新しい視点と発想で支えている。番組では、彼のこれまでの挑戦の人生を振り返りながら、音楽においてインターネットが変えたこと、音楽とインターネットの未来、そして自ら「道楽」と言う東京・春・音楽祭への情熱を語ります。

PROGRAM

歌劇はカゲキなスポーツ!

初回放送 2月14日(火)21:00~21:50

©Wunderlich Medien

スポーツ選手が肉体をキープしなければならないのと同様に、オペラ歌手は声や声帯をキープしなければならない「声の選手」である。彼らの仕事がいかに大変で、肉体を酷使しているのか、ほとんど知られていない。この番組は、オペラ歌手がベストの状態を求めるときに、常に克服しなければならない肉体的精神的な困難を調査した、大変珍しいドキュメンタリー。プロで歌うことの美的観点や経済的な要素、そして医学的生理的な要因とはもちろん、とりわけ音楽作りそのものに焦点を当てているところにも注目。往年の名歌手クリスタ・ルートヴィヒは、ショルティ指揮『パルジファル』でいかに声帯を壊してしまったか。人気テノール、ヨナス・カウフマンはちょっとした自信の必要性を説き、ソプラノのアニヤ・ハルテロスは音楽を知らない演出家によって受けるダメージの危険性を警鐘する。華やかなステージからは見えないオペラ歌手たちのアスリートぶりを発見。

[出演]ヨナス・カウフマン(テノール歌手)アニヤ・ハルテロス(ソプラノ歌手)ピョートル・ベチャワ(テノール歌手)クリスタ・ルートヴィヒ(元メゾ・ソプラノ歌手)エッダ・モーザー(元ソプラノ歌手)ダニエル・ベーレ(テノール歌手)ニコラウス・バッハラー(バイエルン州立歌劇場総裁)ラインハルト・キュルステン(耳鼻咽喉科専門医)ユルゲン・ケスティング(音楽ジャーナリスト)[ナレーション]ミゲル・イヴェン
[監督]トーマス・フォークト&ヴォルフガング・フォン・ヴンダーリヒ
[原案&脚本]トーマス・フォークト&バルバラ・ヴンダーリヒ
[制作]2011年

PROGRAM

アメリカに届いた手紙~ドヴォルザークの秘められた恋

初回放送 2月21日(火)21:00~22:50

チェコの国民的作曲家アントニーン・ドヴォルザークの秘められたエピソードを描いたチェコ国営テレビジョン制作の長編テレビ映画。ドヴォルザークの妻アンナは、彼との間に9人の子供を授け、さらに彼が作曲に専念できる完璧な環境を与えていた。しかし、ドヴォルザークは若い頃に失恋したアンナの姉で女優のヨゼフィーナへの想いを抱いていた。1894年に交響曲第9番『新世界より』が初演されてまもなく、ドヴォルザークはアメリカから祖国に一時的に帰国する。作曲家53歳。想像力はみなぎり、彼の名声は絶頂期。しかし、彼の胸のポケットには、ボヘミアからアメリカに届いた手紙があった。それは、ヨゼフィーナからの手紙。彼女は大病を患い、先があまり長くないことを書いていた。ドヴォルザークは自身の心に従って人生の大きな代償を伴うかも知れない決断をするのか、それとも…。成功を収めた芸術家が、全てに恵まれた環境の中で、自身の心に従うべきかどうか。その時、妻はどうするのか。人間の喜びと悲しみ、さまざまな葛藤、夫と妻の愛の姿をドヴォルザークの名曲と共に美しく描く。

[出演]ヒネク・チェルマーク(アントニーン・ドヴォルザーク)ペトラ・シュパロコヴァ(アンナ・ドヴォルザーコヴァー)ソーニャ・ノリソヴァ(ジョセフィーナ・チェルマーコヴァー)他
[撮影]トマーシュ・シゼル
[脚本]ペトル・ジークムンド
[監督]ヤルスラフ・ブラベツ
[制作]2015年

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
お知らせNEWS
  • 2018.06.21
    アプリのメンテナンスに関して
    6月25日(月)午前1時から午前7時まで、
    メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上でのサービス利用ができません。
    お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください
  • 2018.02.20
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 放送時間変更のお知らせ
    3月20日に初放送を予定しております、
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 につきまして、
    権利元から到着した番組尺が当初のものより長いことが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    3/20(火)
    ■変更前
    21:00~21:55 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    21:55~22:25 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:25~25:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:10~26:55 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    26:55~28:10 ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン『ブルックナー:交響曲第3番』

    ■変更後
    21:00~22:10 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    22:10~22:40 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:40~25:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:25~27:10 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    27:10~28:10 ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送響『シベリウス:交響曲第7番』

    3/21(水・祝)
    ■変更前
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~16:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    16:50~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/22(木)
    ■変更前
    12:05~13:05 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:05~13:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    13:40~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    12:05~13:10 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:10~13:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    13:25~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    3/23(金)
    ■変更前
    09:10~09:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第14番』
    09:40~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    09:10~09:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    09:25~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/24(土)
    ■変更前
    06:00~08:40 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    08:40~09:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    09:10~10:50 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:50~11:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:40~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    06:00~06:15 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    06:15~08:25 陳銀淑:歌劇『不思議の国のアリス』
    08:25~08:55 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    08:55~10:35バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:35~11:25 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:25~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/25(日)
    ■変更前
    22:55~23:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    23:50~24:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:40~26:00 ピエール・ブーレーズ追悼コンサート2016 in パリ

    ■変更後
    22:55~24:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    24:05~24:55 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:55~26:00 ポートレート「シャロン・イスビン」

    3/26(月)
    ■変更前
    24:55~25:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    25:50~26:20 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:20~29:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:10~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第7番』

    ■変更後
    24:55~26:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    26:05~26:35 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:35~29:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:25~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』

    3/27(火)
    ■変更前
    28:35~29:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    29:05~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    28:35~28:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    28:50~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
  • 2018.02.20
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』 放送時間変更のお知らせ
    2月25日に初放送を予定しております、
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』につきまして、
    想定より番組が早く終了することが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    2月及び3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    2/25(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    21:00~22:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    22:40~23:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/26(月)
    ■変更前
    22:50~24:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    22:50~24:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    24:30~24:50 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/27(火)
    ■変更前
    19:00~21:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    19:00~20:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    20:40~21:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/28(水)
    ■変更前
    15:00~17:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:00~16:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:40~17:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    3/1(木)
    ■変更前
    12:00~14:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    12:00~13:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    13:40~14:00 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/2(金)
    ■変更前
    7:50~9:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    7:50~9:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    9:30~9:50 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/3(土)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/11(日)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』



  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)