CLASSICA JAPAN

CLASSICA JAPAN


メニュー

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
メニュー 閉じる

特集/FEATURE

来月のラインナップ

「100年に1人のテノール」フアン・ディエゴ・フローレス、13年ぶりに来日決定!

土曜日:オペラ

PROGRAM

ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2018『リッチャルドとゾライデ』

初回放送5月18日(土)21:00~24:05

©Amati Bacciardi

作曲家ロッシーニの生地ペーザロで1980年から毎年8月に開催されている「ロッシーニ・オペラ・フェスティバル」(ROF)。ここは、ロッシーニの39本のオペラ作品のうち、忘れられた作品たちにも代表作と同等に光を当て、精緻な資料研究に基づく校訂版楽譜の刊行とともに、20世紀末からの「ロッシーニ・ルネサンス」を巻き起こした、ロッシーニの聖地。作曲家没後150年の2018年も、きわめて上演機会の少ない歌劇『リッチャルドとゾライデ』が新制作上演された。十字軍の騎士と中東の王女の恋を描いたこの作品は、ロッシーニの20年間にわたるオペラ創作期の中期に当たる1818年に作曲・初演された。つまり2018年は、ちょうど作品の誕生200年の節目でもあった。この番組は、史上最高のロッシーニ・テノール、フアン・ディエゴ・フローレスと、注目の新星ソプラノ、プリティ・イェンデがタイトルロールで出演した公演。この作品がなかなか上演されない理由のひとつに、主役級のテノールが二人必要だという事情がある。敵王のアゴランテはただの悪役ではなく威厳に満ちた英雄的なテノールで、ロシア人テノールのセルゲイ・ロマノフスキーの力強い声は、王の品格を十分に湛えてまれに見る好演。上演開始から1時間近くも経って、ようやく現れるのが、われらがフローレス。いつもながらの安定の美声とハイCの連発で一気に聴衆を魅了。そしてもう一人、リッチャルドとともに登場する友人の騎士エルネスト役のスペイン人テノール、シャビエル・アンドゥアーガが特筆すべき声の持ち主。脇役ながら大いに気を吐き、その美声でベルカント・テノールの王フローレスと互角以上に渡り合っている。今後の活躍が注目される。もう一方の注目は、現在世界の歌劇場を席捲する南アフリカ出身のライジング・スター、プリティ・イェンデ。表現力豊かな芯のある声と完全無欠の高音のアジリタを併せ持つ彼女は、2016年に続く2度目のROF登場。まだキャリア数年の若手ながら、相手役のフローレスに一歩も引けを取らない、堂々たる存在感を見せつけている。演出は、マーシャル・ピンコスキ。1985年にカナダ・トロントで、振付家のジャンネット・ラジュネス・ジングとともにバロック歌劇団「オペラ・アトリエ」を起ち上げた気鋭の演出家で、近年はミラノ・スカラ座を始めヨーロッパの劇場にも活動の幅を広げている。全幕を通してバレエを多用する(というより、バレエとオペラを、より緊密に融合させようとする)手法は、彼のチームの大きな特徴。


[出演]フアン・ディエゴ・フローレス(リッチャルド)プリティ・イェンデ(ゾライデ)セルゲイ・ロマノフスキー(アゴランテ)ニコラ・ウリヴィエーリ(イルカーノ)ヴィクトリア・ヤロヴァヤ(ゾミーラ)シャビエル・アンドゥアーガ(エルネスト)ソフィア・ムチェドリシヴィリ(ファティマ)マルティニアーナ・アントニエ(エルミーラ)ルジル・ガティン(ザモッレ)
[演目]ロッシーニ:2幕のドランマ・セリオ・ペル・ムジカ『リッチャルドとゾライデ』(フェデリーコ・アゴスティネッリ&ガブリエーレ・グラヴァーニャ校訂によるクリティカル・エディション)
[演出]マーシャル・ピンコスキ
[振付]ジャンネッテ・ラジュネス・ツィング
[指揮]ジャコモ・サグリパンティ
[演奏]RAI国立交響楽団、ヴェンティーディオ・バッソ劇場合唱団
[収録]2018年8月11日アドリアティック・アレーナ(ペーザロ)

PROGRAM

フローレスの『ランメルモールのルチア』2015

初回放送5月4日(土・祝)21:00~23:45

©A Bofil

フローレスが、彼の声質からすれば少々重めとも思われたエドガルド役に初挑戦したことで話題になった舞台。往々にして存在がかすんでしまうエドガルド役のテノールだが、さすがフローレスは圧巻の存在感。特に、最終場で歌う「わが祖先の墓よ」は、直前のルチアの熱唱を忘れさせるほどの迫真の歌唱で、フィナーレを引き締めている。ロッシーニを得意とするフローレスだが、こうしたドラマティックな役にも堂々対応する幅広い適性は、ベルカント役に限定されない、さらなる躍進を確信させてくれる。


[演目]ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』(全3幕)
[出演]エレナ・モシュク(ルチア)フアン・ディエゴ・フローレス(エドガルド)マルコ・カリア(エンリーコ)アルベルト・カサルス(アルトゥーロ)シモン・オルフィラ(ライモンド)サンドラ・フェランデス(アリーザ)ホルヘ・ロドリゲス=ノルトン(ノルマンノ)
[演出]ダミアーノ・ミキエレット
[指揮]マルコ・アルミリアート
[演奏]リセウ劇場管弦楽団及び同合唱団
[収録]2015年12月4日リセウ大劇場(バルセロナ)

PROGRAM

バルセロナのフローレス『チェネレントラ』

初回放送5月11日(土)21:00~23:55

現代最高の人気テノールの一人、フローレスとアメリカの人気メゾ・ソプラノ、ディドナートがバルセロナで出演したロッシーニの傑作オペラ。カラフルな装置と衣裳、そしてねずみのダンサーなど、子供から大人まで楽しめる軽妙な演出はバルセロナの劇団「Comediants」を主宰するホアン・フォント。


[演目]ロッシーニ:2幕のドランマ・ジョコーゾ『チェネレントラ、あるいはまごころの勝利』(アルベルト・ゼッダ監修によるロッシーニ財団のクリティカル・エディション)
[台本]ヤコポ・フェルレッティ
[出演]フアン・ディエゴ・フローレス(ドン・ラミロ)ジョイス・ディドナート(アンジェリーナ《チェネレントラ》)ブルーノ・デ・シモーネ(ドン・マニフィコ)ダビド・メネンデス(ダンディーニ)クリスティーナ・オブレゴン(クロリンダ)イトクサロ・メントクサカ(ティスベ)シモン・オルフィラ(アリドーロ)、ほか
[演出]ホアン・フォント
[指揮]パトリック・サマーズ
[演奏]リセウ大劇場交響楽団及び同合唱団
[収録]2008年1月リセウ大劇場(バルセロナ)

日曜日:コンサート

PROGRAM

フローレス「モーツァルトのオペラ・アリアを歌う」

初回放送5月12日(日)21:00~22:25

©BFMI

1996年にペーザロのロッシーニ・フェスティヴァルでセンセーショナルなデビューを飾るやいなや、「史上最高のロッシーニ歌手」として瞬く間に頂点へと駆け上り、近年はベッリーニやドニゼッティなどにもレパートリーを拡大している「ベルカント・テノールの王」フアン・ディエゴ・フローレス。実はこれまでモーツァルトを歌うことには慎重な姿勢を示していた。彼の艶やかで優雅に輝く美声と類まれな正確なメリスマをもってすれば、モーツァルトをレパートリーに加えることに何の躊躇も要らないように思えるが、よりストイックで内面的な感情表現が必要なモーツァルトを歌うのにふさわしい時期が来るのを、周到に準備しながら待っていたのだ。そしていよいよその時が来た。アリア・アルバムを録音してモーツァルトを解禁したのは、フローレス44歳の2017年。この公演は、同年ミュンヘンのキュヴィリエ劇場で行なわれたオール・モーツァルト・プログラム。まだ生地ペルー・リマの音楽院の学生だった18歳の時に、『魔笛』の合唱に参加してモーツァルトの虜になったというフローレス。その原体験からおよそ四半世紀。まさに満を持して、の挑戦。まだバロック的な装飾フレーズの残る初期の『牧人の王』から、最晩年のドイツ語によるジングシュピール『魔笛』まで、モーツァルトの多彩なオペラ表現を強い説得力で歌い切る。情感豊かな『ドン・ジョヴァンニ』、王の品格漂う『イドメネオ』、ドラマティックな構成の対比を鮮やかに描くレチタティーヴォとアリア『あわれ、おお夢よ!/息吹くそよ風』。声楽における心理表現というものが、パーフェクトな歌唱技術に裏打ちされてこそ真の価値を発揮するのだと、理屈抜きに気づかせてくれる見事な歌唱。管弦楽は、チューリヒ歌劇場が通常の管弦楽団と別に常設しているピリオド楽器オーケストラ「ラ・シンティッラ」。指揮のリッカルド・ミナーシは、もともとイル・ジャルディーノ・アルモニコやコレギウム・ヴォカーレ・ゲントなどの古楽アンサンブルでコンサートマスターを務めたヴァイオリニストで、2016年からはザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の首席指揮者を務め、またオペラ指揮者としても目覚ましい活動を繰り広げている。オーケストラのチューニングは現代と同じモダン・ピッチ。「キング・オヴ・ハイD」とも呼ばれるフローレスの高音を遺憾なく発揮させるための選択だと思われるが、それでもモダン・オケではなく、作品にふさわしい古楽オケとの共演を選んだことにも、フローレスのモーツァルトへの想いとこだわりが垣間見える。会場のキュヴィリエ劇場は、1781年にモーツァルトが『クレタの王イドメネオ』を初演した由緒ある宮廷劇場で、1806年にバイエルン公国が王国に昇格した際にはナポレオン臨席の下、『ドン・ジョヴァンニ』が上演された。美しいロココ様式の内装が、まるでモーツァルトの時代にタイムスリップしたかのような味わいを漂わせている。
このコンサートの半年前にほぼ同じ曲目で収録したCDは、フローレスのソニークラシカル・レーベルへの移籍第1弾としてリリースされ、日本でも高い評価を得た。新たな冒険に見事なスタートを切ったフローレス。今後は、まだ果たしていないモーツァルトのオペラ全曲舞台でも名唱を残してゆくはず。その日がそう遠くはなさそうだと予感させる番組。


[演目]モーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』K.588~フェランドのアリア「愛の息吹き」、歌劇『牧人の王(羊飼いの王様)』K.208~アレッサンドロのアリア「陽の輝きの前に」、歌劇『ドン・ジョヴァンニ』K.527~序曲/ドン・オッターヴィオのアリア「あのひとの安らぎは私の安らぎ」「私の大切な人を慰めて」、歌劇『フィガロの結婚』K.492~序曲、歌劇『後宮からの逃走』K.384~ベルモンテのアリア「わたしはおまえの強さを信じ」、レチタティーヴォとアリア『あわれ、おお夢よ!/息吹くそよ風』K.431(425b)、歌劇『皇帝ティートの慈悲』K.621~序曲/ティートのアリア「もしも帝国に、友なる神々よ」、歌劇『クレタの王イドメネオ』K.366~序曲、歌劇『魔笛』K.620~タミーノのアリア「なんと美しい絵姿」、歌劇『クレタの王イドメネオ』K.366~イドメネオのアリア「海から逃れたが」
[指揮]リッカルド・ミナーシ
[演奏]チューリヒ歌劇場「ラ・シンティッラ」、フアン・ディエゴ・フローレス(テノール)
[収録]2017年11月17日レジデンツ宮殿「キュヴィリエ劇場」(ミュンヘン)

PROGRAM

ティーレマン「ネトレプコとフローレスのチャールダーシュの女王」

初回放送5月19日(日)21:00~22:45

©Matthias Creutziger

2019年1月、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートに初登場して小粋なワルツやポルカを披露したクリスティアン・ティーレマン。実は、彼はウィンナ・オペレッタの大ファンでもあり、2012年から首席指揮者を務めるシュターツカペレ・ドレスデン年末恒例のジルヴェスター・コンサートでは、オペレッタ・ナンバーを何度も取り上げている。2014年のジルヴェスター・コンサートでは、アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)とファン・ディエゴ・フローレス(テノール)という21世紀の最強コンビを主役に、カールマンの傑作『チャールダーシュの女王』が披露された。ゼンパーオーパーのオーケストラ・ピットを上げ、舞台上にオーケストラを配置した演奏会形式。オペレッタの特徴でもある台詞を除き、歌の部分だけで構成したハイライト上演。ネトレプコの見事なステップなど多少の動きはあるものの、物語を進行する演劇的な演出を排した、見た目はまったく通常のコンサート。にもかかわらず、いや、だからこそ、最高に楽しいオペレッタの世界が画面いっぱいに広がる!芝居の要素を外したことで、カールマンの音楽の素晴らしさが、あらためて濃厚に立ち昇ってくる。第1幕冒頭のシルヴァのアリア「ハイヤ、山こそわが故郷」はいきなりの見どころだが、こんな名ナンバーを最初から惜しげもなく繰り出してなお、最後まで魅力を失うことのない名旋律の宝庫が、この『チャールダーシュの女王』。物語は、“チャールダーシュの女王”と呼ばれる美人歌手シルヴァと、オーストリア貴族の御曹司エドウィンとの身分違いの恋を巡る騒動。シルヴァを歌うネトレプコの存在感が圧巻で、最初のひと声から、正確に言えば声を発するより前、大歓声を浴びて舞台に登場した瞬間から、プリマ・ドンナのオーラ全開。観客全員を味方に完璧な歌姫役を歌い演じ切る。そしてフローレスのオペレッタも見もの!ブッファも第一級のベルカント・テノールの王にとって、まさに喜劇はお手のもの。脇を固める歌手たちにも注目。ティーレマンも、ワーグナーを振るときの鬼気迫る表情とは大違い。そのノリノリの熱演が、ゴージャスなキャスティングと相俟って、この傑作オペレッタに音楽面から新たな光を当てている。なお、第1幕のエドウィンの登場の歌として、同じカールマンのオペレッタ『モンマルトルのすみれ』から「今夜お前の夢を見る」が挿入されている。


[演目]カールマン:喜歌劇『チャールダーシュの女王』ハイライト(演奏会形式)
[指揮]クリスティアン・ティーレマン
[演奏]シュターツカペレ・ドレスデン、ザクセン州立歌劇場合唱団、アンナ・ネトレプコ(シルヴァ)ファン・ディエゴ・フローレス(エドウィン)クリスティーナ・ランズハマー(シュタージ)パヴォル・ブレスリク(ボニ)セバスティアン・ヴァルティヒ(フェリ)ベルント・ツェティシュ(レオポルト・マリア伯爵)ホルガー・シュタイネルト(キス)
[収録]2014年12月28日ゼンパーオーパー(ドレスデン)

PROGRAM

フローレス「ザルツブルク・リサイタル2015」

初回放送5月5日(日・祝)21:00~22:35

©Marco Borrelli

イタリアとフランスの歌曲とオペラ・アリアを組み合わせ、アンコールではギターを弾きながらスペイン語の流行歌も歌い、フローレス最大の魅力である力強く輝かしい高音と明るく伸びやかな歌声だけでなく、その茶目っ気たっぷりなエンターテイナーぶりもたっぷり楽しめる内容。必見はアンコール。ギター弾き語りの『ベサメ・ムーチョ』『マラゲーニャ・サレローサ』(クエンティン・タランティーノの映画『キル・ビル2』のエンディング曲)のメドレーや、テノールおなじみの名曲『グラナダ』、そして高音のハイCが連発する歌劇『連帯の娘』のアリアでは観客全員総立ちの大熱狂。フローレスはギターも上手い!数々の名歌手と共演を重ねてきたヴィンチェンツォ・スカレーラのピアノも素晴らしい。
フローレスが歌うたびに観客が盛り上がる、まさに会場が一体となる感動と興奮を見ることができる。


[演目]レオンカヴァルロ:四月/おいで、愛する人/マッティナータ(朝の歌)、トスティ:魅惑/暁は光から/マレキアーレ、ロッシーニ:歌劇『イタリアのトルコ人』~ドン・ナルチーゾのレチタティーヴォとアリア「聞いた、ああ!全部聞いたぞ…私の計画を助けてください」、ドニゼッティ:歌劇『ルクレツィア・ボルジア』~ジェンナーロのレチタティーヴォとアリア「私はここを去らねばならぬ…私はあなたを愛しています、人が天使を愛するように」、デュパルク:悲しき歌/フィデレ/旅への誘い/ローズモンドの館、グノー:歌劇『ファウスト』~ファウストのアリア「この清らかな住まい」、ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』~エドガルドのアリア「わが祖先の墓よ…やがてこの世に別れを告げよう」、バラスケス:ベサメ・ムーチョ、ガラルサ/ブルゴス:マラゲーニャ・サレローサ、ララ:グラナダ、ドニゼッティ:歌劇『連隊の娘』~トニオのアリア「ああ、友よ…僕にとっては何という幸運」
[テノール]フアン・ディエゴ・フローレス[ピアノ]ヴィンチェンツォ・スカレーラ
[収録]2015年8月3日ザルツブルク祝祭大劇場(ザルツブルク)「ザルツブルク音楽祭2015」

クラシカ・ジャパン カスタマーセンター

045-330-2178

月~金9:30~18:30 祝日は除く

odette
05 月の番組ガイド&番組表 e-Book
04 月の番組ガイド&番組表 e-Book
お知らせNEWS
  • 2019.04.02
    アプリのメンテナンスに関して
    4月3日(水)午前1時から午前7時まで、メンテナンスのため、「クラシカ・ジャパン プラス」アプリでのサービスのご利用ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2019.01.29
    アプリのメンテナンスに関して
    1月31日(木)午前1時から午前7時まで、メンテナンスのため、「クラシカ・ジャパン プラス」アプリでのサービスのご利用ができません。
    お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018.12.17
    Android4.4以下をご利用のお客様へ
    Google Play ストアの要請により「クラシカ・ジャパン プラス」Androidアプリのアップデートを行います。それに伴い、当アプリのAndroid要件(動作環境)が「Android5以上」となるため、Android4.4以下の端末をお使いのお客様は今後、当アプリのアップデートを行うことができなくなります。大変ご不便をおかけいたしますが、ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 2018.09.19
    メンテナンスのお知らせ
    9月20日(木)午前1時から午前7時まで、メンテナンスのため、「クラシカ・ジャパン プラス」アプリでのサービスのご利用ができません。
    お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018.07.20
    7月及び8月の放送時間変更のお知らせ
    7月23日に初放送を予定しております、
    マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』につきまして、
    想定より番組が長くなることが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    7月及び8月の放送時間が下記の通り一部変更となります。

    7/23(月)
    ■変更前
    21:00~22:20 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    22:20~23:10 ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル「ブラームス:交響曲第3番」


    ■変更後
    21:00~22:25 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    22:25~23:10 ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル「ブラームス:交響曲第3番」

    7/24(火)
    ■変更前
    17:30~18:00 カヴァコス『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第3番』
    18:00~19:20 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』


    ■変更後
    17:30~17:55 カヴァコス『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第3番』
    17:55~19:20 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』

    7/25(水)
    ■変更前
    12:30~13:20 ジャルスキーが歌うペルゴレージ『スターバト・マーテル』
    13:20~14:40 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』


    ■変更後
    12:30~13:15 ジャルスキーが歌うペルゴレージ『スターバト・マーテル』
    13:15~14:40 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』

    7/26(木)
    ■変更前
    8:40~9:30 ジャルスキーが歌うペルゴレージ『スターバト・マーテル』
    9:30~10:50 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』


    ■変更後
    8:40~9:25 ジャルスキーが歌うペルゴレージ『スターバト・マーテル』
    9:25~10:50 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』

    7/27(金)
    ■変更前
    6:00~7:20 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    7:20~8:10 ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル「ブラームス:交響曲第3番」


    ■変更後
    6:00~7:25 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    7:25~8:10 ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル「ブラームス:交響曲第3番」

    7/28(土)
    ■変更前
    12:15~13:35 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    13:35~15:45 サン・カルロ歌劇場2012『真珠採り』


    ■変更後
    12:15~13:40 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    13:40~15:45 サン・カルロ歌劇場2012『真珠採り』

    7/29(日)
    ■変更前
    21:55~22:50 ヘンゲルブロック&NDRエルプフィル「ブラームス:交響曲第4番」
    22:50~23:55 マックス・ラーベ&パラストオーケストラ2016
    23:55~25:35 映画『ロパートキナ 孤高の白鳥』
    25:35~26:55 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』


    ■変更後
    21:55~22:45 ヘンゲルブロック&NDRエルプフィル「ブラームス:交響曲第4番」
    22:45~23:50 マックス・ラーベ&パラストオーケストラ2016
    23:50~25:30 映画『ロパートキナ 孤高の白鳥』
    25:30~26:55 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』

    8/5(日)
    ■変更前
    12:15~13:35 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    13:35~15:45 サン・カルロ歌劇場2012『真珠採り』


    ■変更後
    12:15~13:40 マランダン・バレエ・ビアリッツ『チャイコフスキー組曲』
    13:40~15:45 サン・カルロ歌劇場2012『真珠採り』
  • 2018.06.21
    アプリのメンテナンスに関して
    6月25日(月)午前1時から午前7時まで、
    メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上でのサービス利用ができません。
    お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください
  • 2018.02.20
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 放送時間変更のお知らせ
    3月20日に初放送を予定しております、
    ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」 につきまして、
    権利元から到着した番組尺が当初のものより長いことが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    3/20(火)
    ■変更前
    21:00~21:55 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    21:55~22:25 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:25~25:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:10~26:55 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    26:55~28:10 ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン『ブルックナー:交響曲第3番』

    ■変更後
    21:00~22:10 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    22:10~22:40 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    22:40~25:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    25:25~27:10 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.2
    27:10~28:10 ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送響『シベリウス:交響曲第7番』

    3/21(水・祝)
    ■変更前
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~16:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    16:50~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    16:00~16:35 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    16:35~17:45 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/22(木)
    ■変更前
    12:05~13:05 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:05~13:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』
    13:40~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    12:05~13:10 ポートレート「ソル・ガベッタ」
    13:10~13:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    13:25~14:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    3/23(金)
    ■変更前
    09:10~09:40 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第14番』
    09:40~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    09:10~09:25 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    09:25~10:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/24(土)
    ■変更前
    06:00~08:40 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    08:40~09:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    09:10~10:50 バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:50~11:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:40~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    06:00~06:15 ツィメルマンのショパン『バラード第3番』
    06:15~08:25 陳銀淑:歌劇『不思議の国のアリス』
    08:25~08:55 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    08:55~10:35バレンボイム「シューベルト:ピアノ・ソナタ全集」Vol.3
    10:35~11:25 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    11:25~12:35 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    3/25(日)
    ■変更前
    22:55~23:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    23:50~24:40 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:40~26:00 ピエール・ブーレーズ追悼コンサート2016 in パリ

    ■変更後
    22:55~24:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    24:05~24:55 英国ロイヤル・バレエ1992『ユダの木』
    24:55~26:00 ポートレート「シャロン・イスビン」

    3/26(月)
    ■変更前
    24:55~25:50 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    25:50~26:20 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:20~29:10 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:10~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第7番』

    ■変更後
    24:55~26:05 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
    26:05~26:35 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    26:35~29:25 ハンブルク州立歌劇場2014『リア王』
    29:25~30:00 ヴィラ=ロボス『弦楽四重奏曲第12番』

    3/27(火)
    ■変更前
    28:35~29:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「創立50周年!東京シティ・バレエ団芸術監督 安達悦子」
    29:05~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」

    ■変更後
    28:35~28:50 ベームのモーツァルト『メヌエット K.409』
    28:50~30:00 ドキュメンタリー「ベルリン州立歌劇場の再建」
  • 2018.02.20
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』 放送時間変更のお知らせ
    2月25日に初放送を予定しております、
    ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』につきまして、
    想定より番組が早く終了することが判明いたしました。
    そのため、既にお知らせしております、
    2月及び3月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    2/25(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    21:00~22:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    22:40~23:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/26(月)
    ■変更前
    22:50~24:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    22:50~24:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    24:30~24:50 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/27(火)
    ■変更前
    19:00~21:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    19:00~20:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    20:40~21:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    2/28(水)
    ■変更前
    15:00~17:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:00~16:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:40~17:00 バーンスタインのブラームス『大学祝典序曲』

    3/1(木)
    ■変更前
    12:00~14:00 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    12:00~13:40 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    13:40~14:00 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/2(金)
    ■変更前
    7:50~9:50 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    7:50~9:30 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    9:30~9:50 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/3(土)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』

    3/11(日)
    ■変更前
    15:15~17:15 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』

    ■変更後
    15:15~16:55 ティーレマン『ジルヴェスター・コンサート2017』
    16:55~17:15 ツィメルマンのショパン『バラード第4番』



  • 2018.01.15
    アプリのメンテナンスに関して
    1月17日午前2時から午前5時まで、メンテナンスのためクラシカ・ジャパン プラスのアプリ上での動画再生ができません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

  • 2017.12.18
    WEBサイトをリニューアルしました
    クラシカ・ジャパンは2018年1月に開局20周年を迎えるにあたり、 テレビ放送の枠組みを超えたクラシック音楽ファンのためのコミュニティー・メディアへとパワーアップします!
     
    開局20周年に先立ちまして、WEBサイトをリニューアル!
    また、「クラシカ・ジャパン会員」サービスをスタートしました。
     
    「クラシカ・ジャパン会員」サービスでは、国内外のクラシック音楽の最新情報とともに、クラシカ・ジャパンのオリジナル番組や、インタビュー動画などの独占映像、そしてプレゼント応募などが無料でお楽しみいただけます。

    ぜひ、ご登録ください。
  • 2017.10.18
    10月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    10月22日に初放送を予定しております、
    BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    につきまして、想定より番組が早く終了することが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    10/22(日)
    ■変更前
    21:00~23:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    21:00~22:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    22:35~23:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/23(月)
    ■変更前
    22:40~24:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    22:40~24:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    24:15~24:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/24(火)
    ■変更前
    18:40~20:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    18:40~20:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    20:15~20:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/25(水)
    ■変更前
    14:40~16:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    14:40~16:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    16:15~16:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/26(木)
    ■変更前
    11:40~13:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    11:40~13:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    13:15~13:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/27(金)
    ■変更前
    7:40~9:40 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    7:40~9:15 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    9:15~9:40 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」

    10/28(土)
    ■変更前
    16:00~18:00 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」

    ■変更後
    16:00~17:35 BBCプロムス2017「ミルガ・グラジニーテ=ティーラ&バーミンガム市響」
    17:35~18:00 アーノンクール&ウィーン・フィル「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第2番」


  • 2017.09.22
    「ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』」放送中止のお知らせ
    9月30日に初回放送を予定しておりました、ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』につきまして、出演者の都合により、放送が不可能になりました。
    それに伴いまして、9月の編成内容が下記の通り一部変更となります。

    9/30(土)
    ■変更前
    21:00~23:05 ザルツブルク音楽祭2017『ヴォツェック』

    ■変更後
    21:00~23:05 映画『椿姫』 
     
    放送を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.08.15
    2017年8・9月放送「ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』」出演者変更のお知らせ
    8月26日初回放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    において、出演者が変更となりますので下記にお知らせ致します。

    出演者
    (誤)
    クリスティナ=アントアネッタ・パサロイウ(ミカエラ/ソプラノ)
    イシュトヴァーン・ホルヴァート(レメンダード/テノール)
    エイドリアン・クラーク(ダンカイロ/バリトン)
    平野和(スニガ/バス)

    (正)
    エレナ・ツァラゴワ(ミカエラ/ソプラノ)
    シメオン・エスパー(レメンダード/テノール)
    ダリウス・ペルツァク(ダンカイロ/バリトン)
    セバスチャン・ソレス(スニガ/バス)

  • 2017.08.08
    2017年8月、9月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    8月19日に初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    8月26日に同じく初放送を予定しております、
    ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    につきまして、プログラムが想定より短くなったことが判明致しました。
    そのため、既にお知らせしております、編成内容が下記の通り一部変更となります。

    8/19(土)
    ■変更前
    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    21:00~23:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    23:40~24:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/21(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    17:00~19:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    19:40~20:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/22(火)
    ■変更前
    13:00~16:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    13:00~15:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    15:40~16:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/23(水)
    ■変更前
    09:20~12:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    09:20~12:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    12:00~12:20 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/24(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    06:00~08:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    08:40~09:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/25(金)
    ■変更前
    24:00~27:00 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    ■変更後
    24:00~26:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    26:40~27:00 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    8/26(土)
    ■変更前
    13:40~16:40 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』

    21:00~24:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    13:40~16:20 ブレゲンツ音楽祭2017『エジプトのモーゼ』
    16:20~16:40 アーノンクールのバッハ『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』

    21:00~23:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    23:15~24:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/28(月)
    ■変更前
    17:00~20:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    17:00~19:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    19:15~20:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/29(火)
    ■変更前
    12:45~15:45 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    12:45~15:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    15:00~15:45 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/30(水)
    ■変更前
    08:55~11:55 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    08:55~11:10 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    11:10~11:55 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    8/31(木)
    ■変更前
    06:00~09:00 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』

    ■変更後
    06:00~08:15 ブレゲンツ音楽祭2017『カルメン』
    08:15~09:00 ヤルヴィのシューマン『交響曲第2番』

    9月の編成内容につきましては8月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。
  • 2017.07.10
    2017年7月、8月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    7月30日(日)及び、8月に放送を予定しております、「佐渡裕『真夏の夜のガラ・コンサート2017』 in グラフェネック」につきまして、当初出演予定だったカティア・ブニアティシヴィリのキャンセルにより、コンサートが想定より短くなりました。
    そのため、既にお知らせしております、放送時間が下記の通り一部変更となります。
    8月の編成内容につきましては7月20日に更新する、WEBサイト上の放送スケジュールを御確認下さい。

    7/30(日)
    ■変更前
    21:00~24:00 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック

    ■変更後
    21:00~22:05 佐渡裕「真夏の夜のガラ・コンサート2017」 in グラフェネック
    22:05~24:00 ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2009『絹のはしご』
  • 2017.02.14
    2017年2月、3月の一部番組の放送時間変更のお知らせ
    2月19日に初放送を予定しております【ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」】の番組時間が想定より長いことが判明致しました。そのため、既にお知らせしております2月、3月の放送時間が下記の通り一部変更となります。詳しくはWEBサイトの日別番組表でご確認ください。

    2/19(日)
    ■変更前
    21:00~22:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:35~23:05 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:05~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    ■変更後
    21:00~22:40 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    22:40~23:10 クラシカ・音楽人〈びと〉「IIJ会長 鈴木幸一~音楽を愛し支える」
    23:10~24:00 ドキュメンタリー「ボリショイ・スタイルを求めて」

    2/20(月)
    ■変更前
    21:00~22:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:45~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    21:00~22:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    22:40~24:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/21(火)
    ■変更前
    17:00~18:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:45~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    17:00~18:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    18:40~20:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/22(水)
    ■変更前
    13:00~14:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:45~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    13:00~14:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    14:40~16:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/23(木)
    ■変更前
    10:00~11:45 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:45~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
      ↓
    ■変更後
    10:00~11:40 アレクサンダー・エクマンの『ある白鳥の湖』
    11:40~13:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」

    2/24(金)
    ■変更前
    7:45~9:20 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:20~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
      ↓
    ■変更後
    7:45~9:25 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    9:25~10:00 ゲルギエフのショスタコーヴィチ「交響曲第9番」

    2/25(土)
    ■変更前
    15:55~17:30 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:30~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    15:55~17:35 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    17:35~19:20 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    3/5(日)
    ■変更前
    17:35~19:10 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:10~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
      ↓
    ■変更後
    17:35~19:15 ブロムシュテット&P・ゼルキン「ゲヴァントハウス定期演奏会2016」
    19:15~21:00 ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」
  • 2017.02.14
    番組ガイド内容誤表記のお詫び
    2月号、3月号の番組ガイドの索引におきまして、下記タイトルの番組情報表記に誤りがございました。
    謹んでお詫び申し上げます。

    ラトル&ロンドン響2016「20世紀フランス音楽の夕べ」

    <誤>
    [演目]フランシス・プーランク:二重混声合唱のためのカンタータ『人間の顔』、シャルル・ケクラン:ラドヤード・キップリングの「ジャングル・ブック」を題材にした『レ・バンダール=ログ』(猿のスケルツォ)、ジェルジ・クルターク:厳かな小音楽~ピエール・ブーレーズの90歳の誕生日に(ドイツ初演)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送合唱団[合唱指揮]ギース・レーンナールス[収録]2016年2月20日フィルハーモニー(ベルリン)
    ■字幕/約1時間41分

    <正>
    [演目]モーリス・ラヴェル:クープランの墓(プレリュード/フォルラーヌ/メヌエット/リゴドン)、アンリ・デュティユー:ヴァイオリン協奏曲『夢の樹』、モーリス・ドラージュ:4つのインドの詩、アンリ・デュティユー:メタボール、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲[指揮]サー・サイモン・ラトル[演奏]ロンドン交響楽団、レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)ジュリア・ブロック(ソプラノ)[収録]2016年1月13日バービカンホール(バービカンセンター内、ロンドン)[映像監督]フランソワ=ルネ・マルタン
    ■ 字幕/約1時間41分
  • 2016.11.10
    放送障害のお詫び
    2016年11月10日(木)10時07分頃、番組宣伝映像におきまして、映像が止まるなど、お見苦しい箇所が御座いましたことをお詫び申し上げます。

    今後ともクラシカ・ジャパンをよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.09.30
    10月編成変更のお知らせ
    10月9日(日)21時~放送の BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」 において、公演プログラムに変更があり、予定より長いコンサートとなりました。

    そのため、既にお知らせしております10月の編成内容が一部変更となります。

    10月9日(日)~15日(土)、23日(日)の放送スケジュールについては、各日別番組表のページをご確認ください。
  • 2016.04.04
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』の公演収録日について
    ザルツブルク・イースター音楽祭2016『オテロ』につきまして、3月27日公演を放送予定でしたが、主催者側の都合により、3月27日には映像収録が行われませんでしたので、クラシカ・ジャパンでは、予定を変更して3月19日プレミエ公演を日本語字幕付きで放送いたします。
  • 2016.03.01
    『スカパー!プレミアムサービス 新規加入キャンペーン』
    3月中にスカパー!プレミアムサービスにて、クラシカ・ジャパンのご視聴をお申込みいただくと、4月、5月の2ヵ月間、各月の月額視聴料が1,000円(税込)になります!
    3月31日(木)のお手続き完了分まで対象となります。今が加入のチャンス!
    詳しくは、スカパー!0120-039-888(受付時間/10:00~20:00年中無休)までお電
    話ください。
  • 2015.10.30
    ホームページをリニューアルしました。
    ホームページをリニューアルし、10月30日に公開いたしました。コラムやアーティスト・インタビュー、クラシックの動画、放送情報などが楽しめるように内容をより分かりやすくし、デザインや構成を見直しております。今後、内容をさらに充実してまいりますので、引き続き、クラシカ・ジャパンをよろしくお願いします。
  • 2015.10.28
    スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光でクラシカ・ジャパンをご視聴頂いているお客様へ
    2015年10月26日(月)深夜3時より放送のシリーズ「明日のスターたち」#12はメンテナンスの為、スカパー!プレミアムサービスまたはスカパー!プレミアムサービス光にご加入のお客様はご視聴いただけません。一部の番組表に番組名の記載があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 2015.10.20
    11月の番組情報を公開いたしました。
    11月の番組表情報と番組表・番組ガイドのebookをUPしました。ぜひご覧ください。
  • 2015.10.07
    番組情報表記変更のお詫び
    2015年9月より放送している「ボリショイ・バレエ1991『ジゼル』」におきまして、番組情報表記に一部誤りがございました。下記の通り変更し、お詫び申し上げます。

    【変更前】
    ヴィクトール・バリキン(アルベルト)

    【変更後】
    アレクセイ・ファジェーチェフ(アルベルト)
  • 英国ロイヤル・オペラ 2019
  • 映画『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』クラシカ・ジャパン開局20周年記念作品