feature

会員限定

世界バレエフェスティバルに連続6回出場!
この秋、自らの所属するカンパニーでも来日
名門シュツットガルト・バレエ団プリンシパルにして世界的ダンサーのフリーデマン・フォーゲル

 フリーデマン・フォーゲルは、シュツットガルト生まれ。シュツットガルト・バレエ団の付属学校であるジョン・クランコ・バレエ学校に学び、奨学金を得てモンテカルロのモナコ王立プリンセス・グレース・バレエ学校に留学した後、1998年にシュツットガルト・バレエ団に入団した。つまり、世界中から精鋭が集まるシュツットガルト・バレエ団では珍しく、生粋の地元の人なのだ。2002年にはプリンシパルに昇格し、以来カンパニーの看板スターとして活躍を続けている。この夏に開催される3年に一度の世界バレエフェスティバルには、今回でなんと6回目の出場となる。さらにこの秋来日するシュツットガルト・バレエ団の上演演目は、『オネーギン』と『白鳥の湖』の2公演、初日を飾るのはどちらもフォーゲルだ。  『オネーギン』では長年レンスキーを踊っていたが、近年ではオネーギンを踊るようになり、誰もが認める世界のトップダンサーにのぼりつめた現在でも、彼は以前と変わらぬ透明感、誠実さを持っている。  古典やクランコ作品はもちろんのこと、コンテンポラリー含めレパートリーは幅広く、彼が初演した現代作品も多い。  そんな大スターであるフォーゲルに、カンパニーのこと、クランコ作品のこと、来日公演にかける意気込みなどをお聞きした。 フリーデマン・フォーゲルインタビュー前編 フリーデマン・フォーゲルインタビュー後編   フリーデマン・フォーゲル ドイツ・シュツットガルト生まれ。モンテカルロのモナコ王立プリンセス・グレース・バレエ学校卒業。1997年ローザンヌ国際バレエコンクール入賞、ルクセンブルグ国際バレエコンクールジュニアの部金賞、ユーロシティ国際バレエコンクール金賞。1998年ジャクソン国際バレエコンクール銅賞。同年9月シュツットガルト・バレエ入団。2002年プリンシパル就任。同年エリック・ブルーン賞。ドイツのダンス専門誌タンツにて「2010年ベストダンサー」、イタリアのダンス専門誌ダンツァ&ダンツァにて「2011年ベストダンサー」。2012年ポジターノ「レオニード・マシーン・ダンス賞」、2016年バレエ2000より「マヤ賞」など、国際的トップダンサーとしての高評価を得ている。初来日は1999年。世界バレエフェスティバルには2003年、2006年、2009年、2012年、2015年と連続出演。2018年も出演予定。シュツットガルト・バレエ団とは2005年、2008年、2012年、2015年に来日し、ジョン・クランコ振付『オネーギン』のオネーギンとレンスキー、クランコ版『ロミオとジュリエット』のロミオ、クランコ版『白鳥の湖』のジークフリートとマリシア・ハイデ版『眠りの森の美女』のデジレ王子を踊っている。   【公演情報1】 第15回世界バレエフェスティバル 会場:東京文化会館 ●Aプロ 「ヘルマン・シュメルマン」ポリーナ・セミオノワ/フリーデマン・フォーゲル 8月1日(水)18:00/2日(木)18:00/3日(金)18:00/4日(土)14:00/5日(日)14:00 ●Bプロ 「未定」フリーデマン・フォーゲル 8月8日(水)18:00/9日(木)18:00/10日(金)14:00/11日(土)14:00/12日(日)14:00 ●詳細はこちら   【公演情報2】 シュツットガルト・バレエ団2018年日本公演 会場:東京文化会館 ●「オネーギン」(ジョン・クランコ振付) 11月2日(金)19:00  タチヤーナ:アリシア・アマトリアン オネーギン:フリーデマン・フォーゲル レンスキー:デヴィッド・ムーア 11月3日(土・祝)14:00  タチヤーナ:ディアナ・ヴィシニョーワ オネーギン:ジェイソン・レイリー レンスキー:マルティ・フェルナンデス・パイシャ 11月4日(日)14:00  タチヤーナ:エリサ・バデネス オネーギン:マチュー・ガニオ レンスキー:アドナイ・ソアレス・ダ・シルヴァ ●「白鳥の湖」(ジョン・クランコ振付) 11月9日(金)18:30  オデット/オディール:アリシア・アマトリアン ジークフリート王子:フリーデマン・フォーゲル 11月10日(土)14:00  オデット/オディール:エリサ・バデネス ジークフリート王子:アドナイ・ソアレス・ダ・シルヴァ 11月11日(日)14:00  オデット/オディール:アンナ・オサチェンコ ジークフリート王子:デヴィッド・ムーア ●詳細はこちら

詳細はこちら

会員限定

「横浜バレエフェスティバル2018」出演者オーディションファイナルと遠藤康行芸術監督インタビュー

魅力的なガラ公演を継続して成功させている秘密 横浜バレエフェスティバル芸術監督 遠藤康行氏にお話を聞いた。  横浜バレエフェスティバルは 2015年に第1回を開催し、今年で4回目となる。 ①クラシック・バレエ、コンテンポラリー・ダンスの両方をプログラムに入れている。毎回、公演のオープニングとフィナーレは芸術監督の遠藤康行が作り、ガラ公演ではあるけれども、一つの公演を鑑賞したような構成になっている。 ②海外を活動拠点にしている日本人ダンサーが出演する。海外のカンパニーで活躍しているダンサーのパフォーマンスを日本で見る機会は少ない。活躍のニュースを聞けば聞くほど見たいと思うもの、そういうダンサーが集結して得意な演目を披露してくれるので満足度が高い。 ③次世代の育成を実践している。公演前半にフレッシャーズ・ガラとしてキャリアの浅い若手ダンサーを登場させ、日本で舞台に立つ機会を作っている。  このフェスティバルの関連企画として、毎年10歳から19歳までのバレエ歴3年以上のジュニアを対象にオーディションを行っており、上位2名は公演に出演できるシステムになっている。ファイナルオーディションでは、結果発表の前に出場者全員にそれぞれ、審査員の先生たちからこれからのレッスンのヒントになる講評をしてもらえるのだ。今年の上位入賞者は第1位と神奈川県民ホール賞を受賞した升本果歩と第2位の森春陽で、この2名が今年の公演の前半フレッシャーズ・ガラに登場する。  2017年にはジュンヌバレエYOKOHAMAを設立し、プロになるダンサーを育てる活動も続けている。今回はフレッシャーズ・ガラに、2018年のユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)、シニア部門男子1位に輝いた時の人、松浦祐磨の出演が決定しており、話題となっている。  以上3点がこのフェスティバルのコンセプトで、毎年素晴らしいステージを実現している。遠藤は、長期にわたるフランスの国立マルセイユ・バレエ団での活動を生かし、世界中に散らばって活躍している日本人ダンサーを呼び集めることに成功している。  今年のオーディションの模様と、魅力的なガラ公演を作り上げている芸術監督の遠藤康行氏のインタビューをご覧ください。 「横浜バレエフェスティバル2018 出演者オーディション ファイナル」の模様 横浜バレエフェスティバル芸術監督 遠藤康行氏インタビュ- 【公演概要】 横浜バレエフェスティバル2018~バレエの“力”が7.21に”かながわ”へ集結! [日時] 2018年7月21日(土)15:00~ [会場] 神奈川県民ホール 大ホール [主催] 株式会社ソイプランニング、神奈川県民ホール [芸術監督] 遠藤康行(元フランス国立マルセイユ・バレエ団 ソリスト/振付家) [プロデューサー] 吉田智大 [出演] <ワールドプレミアム> 小池ミモザ(モナコ公国モンテカルロ・バレエ団 プリンシパル) 菅井円加(ハンブルク・バレエ団 ソリスト) 近藤亜香(オーストラリア・バレエ団 プリンシパル) 津川友利江(元バレエ・プレルジョカージュ) 金原里奈(イングリッシュ・ナショナル・バレエ ジュニア・ソリスト) オステアー 紗良(ロイヤル・フランダース・バレエ団 ハルフソリスト) チェンウ・グオ(オーストラリア・バレエ団 プリンシパル) 二山治雄(パリ・オペラ座バレエ団短期契約) 加藤三希央(ロイヤル・フランダース・バレエ団) バティスト・コワシュー(バレエ・プレルジョカージュ) ニコラス グラスマン(ハンブルク・バレエ団) 柳本雅寛(コンテンポラリーダンサー +81主宰) 八幡顕光(ロサンゼルスバレエ ゲストプリンシパル) 遠藤康行(元マルセイユ国立バレエ団 ソリスト・振付家) <フレッシャーズガラ> 栗原ゆう(YAGP2015 1位/英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団に9月より入団予定) 松浦祐磨(YAGP2018 1位/2017年出演者オーディション優勝(神奈川県民ホール賞)) 升本果歩(2018年出演者オーディション優勝(神奈川県民ホール賞)) 森春陽(2018年出演者オーディション第2位) ジュンヌバレエYOKOHAMA(ジュンヌバレエYOKOHAMAメンバーより) [主な演目](予定) *「シルヴィア」よりパ・ド・ドゥ 振付:ジョン・ノイマイヤー 出演:菅井円加、ニコラス・グラスマン *「グラン・パ・クラシック」 出演:金原里奈、二山治雄 *「Dido and Aeneas」※日本初演 振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ 出演:加藤三希央、オステアー 紗良 *「パリの炎」よりグラン・パ・ド・ドゥ 出演:近藤亜香、チェンウ・グオ *「ロメオとジュリエット」よりバルコニーのパ・ド・ドゥ 振付:アンジェラン・プレルジョカージュ 出演:津川友利絵、バティスト・コワシュー *「半獣」 振付:遠藤康行 出演:小池ミモザ、遠藤康行 *「タイトル未定」※新作 振付&出演:柳本雅寛 ほか ※演目は変更になる場合がございます。 詳細はこちら http://yokohamaballetfes.com/audition/

詳細はこちら

program

article