feature

映画『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』が4月24日より全国順次公開

 男性が白鳥を演じる『白鳥の湖』、第二次世界大戦のロンドンが舞台の『シンデレラ』等、バレエの古典作品の新解釈で絶大な評価を得ている英国の振付家・演出家マシュー・ボーンにとっては12作目となる長編作品が『ロミオとジュリエット』。2019年に初演されたこの作品が早くも映画となり、日本では4月から上映されることとなった。  シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』は、ルネサンス期のイタリア、ヴェローナが舞台で、キャピュレット家とモンタギュー家という対立関係にある二大名家に生まれた若い二人が恋に落ちるが、両家の対立ゆえ悲劇に終わる。この物語にプロコフィエフの音楽を使用したバレエ『ロミオとジュリエット』は、これまでにたくさんの版が生まれた。ラブロフスキー、グリゴローヴィチ、クランコ、ノイマイヤー、ヌレエフ、ベジャール、マクミラン、プレルジョカージュ、マイヨー等、錚々たる振付家が手がけ、それぞれ完成度も高い。  ボーンが作り出した『ロミオとジュリエット』の舞台は、近未来の反抗的な若者を強制する教育施設「ヴェローナ・インスティテュート」。厳しい管理下のもと、白い服を着せられた若者たちは、男女が厳然と分けられて自由を奪われ、投薬され、さまざまな虐待も受けている。ジュリエットは残忍な看守ティボルト(大きい! 怖い!)に目をつけられ怯えている。そんな施設に政治家の両親に見捨てられて入所してきたロミオは、施設が開催するダンスパーティでジュリエットと出会い恋に落ちる。  ボーンの作品は、大胆に原作から遠く離れた状況設定をしていても、誰にでも、もちろん原作を知らない人にでも物語をスムーズに理解することができる。若い男女はどんな状況下でも恋に落ちる、恋人たちは純粋に恋に生き心のままに突き進む、といった普遍的な真理が真っ直ぐ胸に刺さる。青白い光の中で踊る二人はイノセントで美しい。  『ロミオとジュリエット』は3日間の出来事を追っており、その短い時間で13歳のジュリエットが少女から愛に生きる大人の女性に変化するさまがよく語られる。このボーン版では、コーデリア・ブライスウェイト演じる過酷な環境のせいでどこか絶望しているジュリエット、パリス・フィッツパトリック演じる繊細な少年を感じさせるロミオは、どちらもこれまでにない新しいキャラクターで印象的だ。出演者の中には若いダンサーもたくさんいて、登場人物たちのリアルさ、ひりひりとした切実さが一層感じられる(スタッフも若手を起用しているとのこと)。  悲しい結末に向かいラストのダンスまで一気に突き進む、ボーン版『ロミオとジュリエット』の世界観をぜひ体験したい。文:結城美穂子(エディター/音楽・舞踊ライター)   マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット http://mb-romeo-juliet.com/ 4月24日よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー 演出・振付:マシュー・ボーン 音楽:セルゲイ・プロコフィエフ ロミオ:パリス・フィッツパトリック ジュリエット:コーデリア・ブライスウェイト ティボルト:ダン・ライト マキューシオ:ベン・ブラウン バルサザー:ジャクソン・フィッシュ 2019年製作/91分/イギリス 原題:Matthew Bourne's Romeo and Juliet Cinema 配給:ミモザフィルムズ 筆者紹介 結城美穂子 Mihoko Yuki 出版社勤務を経てフリーランスのエディター/ライターとして活動中。クラシック音楽、バレエ、ダンスを得意ジャンルとする。バレエ・ダンス情報誌『ダンツァ』元編集長。単行本・ウェブマガジン・公演パンフレットの編集と執筆、またオペラ、バレエの初心者向け鑑賞ガイドのレクチャー講師を務める。

詳細はこちら

巨匠ケネス・マクミラン振付の『ロミオとジュリエット』が待望の映画化!~ロミオ役のウィリアム・ブレイスウェルにインタビュー

 英国ロイヤル・バレエを代表する名作中の名作、巨匠ケネス・マクミラン振付の『ロミオとジュリエット』が初めて映画館で鑑賞できる作品として映画化された。舞台を飛び出し、ヴェローナの町を再現したセットでロケーション撮影された本作では、フレッシュな若手ダンサーたちを起用して、永遠の恋人たちのラブストーリーをドラマティックに描いている。映画『キャッツ』で主演したフランチェスカ・ヘイワード演じるジュリエットと恋に落ちるロミオを演じたのは、英国ウェールズ出身の新星ウィリアム・ブレイスウェル。少年の面影を残した、長身でノーブルな若手ダンサーだ。『輝く英国ロイヤル・バレエのスター達』の公演で来日したウィリアムに、『ロミオとジュリエット』について語ってもらった。取材・文:森 菜穂美(舞踊ライター)   これは特別な作品になるだろうと思った ──映画版『ロミオとジュリエット』のロミオ役に決まった時、どう思いましたか?  キャスティングのためにスクリーンテストを行いました。その途中で、女性ダンサーたちがジュリエット役のスクリーンテストを受けているのを見ていて、フランキー(フランチェスカ・ヘイワード)のための役だと確信しました。彼女が演技を見せているのを見て、彼女が選ばれないということはあり得ない、と。それで彼女とぴったりだと思われた人がロミオ役に選ばれるのだろうなと思いました。最後に残された3人が、僕とフランキーとマシュー・ボールでした。その時点では、僕はベンヴォーリオ役かな、とキャスティングがどうなるか確信を持てずにいました。だから結果が発表された時には、スクリーンテストを受けた後だったのにちょっとショックを受けたほどです。どんな作品になるのか分からなかったけど、最初からこれは特別なものになるだろうということだけは分かっていました。 ──マクミランの『ロミオとジュリエット』のロミオ役は、バーミンガム・ロイヤル・バレエに在籍していた時にすでに踊っていましたね。  はい。バーミンガムではデリア・マシューズとヤオシャン・シャンと共演していて、素晴らしい経験でした。踊るのが特に好きな作品の1つです。だからこの作品が長編映画になるということを知って、誰もが興奮していました。でもキャスティングはどうなるかは分からなかったし、正直、有名なプリンシパルが主演するのだろうなと思っていました。僕がロミオ役に選ばれて本当に驚きました。 ──この作品はすでに400回以上も上演されていて、観客にも愛されています。この作品の何がそんなに特別なのでしょうか。  登場人物と創り上げる関係性が素晴らしいと思います。マクミランは天才で、踊りや動きを通して細かく複雑な感情を表現することができるように作られています。それもクラシック・バレエの舞踊語彙を使って。だけど時々は古典的ではない部分もあって、絶妙なバランスなのです。また、作品の中で登場人物を成長させる手腕も素晴らしい。とても明確で、音楽と見事に融合して盛り上げていくので、本当に不朽の名作だと思います。とにかく短い間、わずかひと晩の間に主人公たちが成熟していき、その様子を細かく見ることができて凄い!と思います。 ──フランチェスカ・ヘイワードとの共演はいかがでしたか?  フランキーは夢のようなパートナーです。重要なことですが本当に表現力が豊かで、彼女に見つめられると、持てるすべてを捧げられているような気持ちになります。彼女はステップが完全にできているので技術的なことについては考えていなくて、2人の間のつながりを重視しているのですが、パートナーとして踊るにはそれがとても大切です。そのことでパートナーリングもとても楽になるし、素晴らしい経験の積み重ねになりました。フランキーはもうすでにスターですし、そんな彼女と映画で共演できたなんて、なんて幸運なことだったのだろうと思います。 ──映画版ではクローズアップなども多いのですが、舞台で踊るのと演技や踊りはどんな違いがありましたか?  半分近く撮影した時に撮影済みの映像を少し観て、どれほどのクローズアップがされていたのかを知って驚きました。こんなに細かいところまで映っていたとは予想していませんでした。それ以来、もっと演技も表現も抑え目にすることを心がけました。舞台で演じる時のように、100メートルも離れた観客に届くような演技をしなくて済むので、とても自然で本当に起きているような表現ができるのだと思います。  出来上がってみて、どんな結果が得られるかも分からないでこの作品に挑んだ自分たちを誇りに思いました。全く新しい経験でしたが、さらにほかのバレエ作品も映画化することを考えていると聞いて、素晴らしいことだと思いました。他のダンサーたちにも、ぜひこの映画作りを経験してほしいと思ったのです。  また、共演者たちが皆素晴らしかったおかげでこのやり方で力を発揮することができました。僕は最近になってバーミンガム・ロイヤル・バレエからロイヤル・バレエに移ってきた新参者ですが、この経験を通して本当にロイヤル・バレエに受け入れられたと感じました。この撮影グループは連帯感がとっても強かったのです。 ──共演者たちはどんな人たちですか?  リハーサルのプロセスでもお互い平等で仲良くて、ものすごく楽しかったです。撮影の時の空気もとてもハッピーで、ちょっと実験的なこともやりました。映画の撮影の最中で予定していたことを少し変えるといったことも多々あり、それに適応していきました。こんな風に変えてみよう、これを反対向きにしてみよう、といったことはよくあったけど、それがわくわくさせてくれたのです。どうなるかやってみよう、という感じでした。監督だけじゃなくて僕たちも話し合って、特にマルセリーノ・サンベ(マキューシオ役)とジェームズ・ヘイ(ベンヴォーリオ役)とはお互い現地で段取りを決めました。こっちを向けばこうやって刺すことができるという風に。監督も僕たちの意見を尊重してくれたし、それが楽しかったのです。  フランキーもジェームズもマシューも同世代でジェームズは少しだけ年上でしたが、同時にロイヤル・バレエ・スクールに在籍していたのです。(ロウワースクールの)ホワイト・ロッジから一緒です。長年の友達なので、家族みたいなものですよ。  撮影はとても和やかなムードで進んできましたが、他のキャストとも仲良くなりました。乳母役のロマニー・パイダクと親しくなれたのも嬉しいことです。彼女は本当に素晴らしいアーティストなのですよ。 ──マルセリーノ・サンベ、マシュー・ボールはどんなダンサーですか?  マルセリーノは、僕が今まで会った中で最もエネルギッシュなダンサーだと思います。クラスレッスンでも、彼にはこんなすごいことができるんだ!といつも驚かされています。舞台の上に立つとさらに際立ちます。簡単にはできないことをたやすく舞台上でできてしまうのです。本当に美しいダンサーです。マシューはとても強靭なダンサーですね。そして本当によく稽古をしていて、僕はひたすら彼を尊敬しています。全てのことにものすごく時間をかけ、努力を惜しまないのです。さらにどんなことでもとてもよく考えていて、称賛に値します。彼は常にすべてにおいてベストを尽くしている人なのです。 ──あなた自身はロミオに似ていますか?  ある意味似ているかもしれませんね。最初のうち彼は呑気で夢見がちで、そこはちょっと僕に似ています(笑)。でも突然大きな出来事を経験するわけです。本当に大変なことが彼に起きてしまうわけですが、幸いなことに僕にはまだそのような経験はありません(笑)。でも演じるにあたって、恋に落ちて、そこから本当に愛する人を失ってしまうという自分の経験も引き出しながら演じました。だから、ロミオより僕はもう少しロジカルな人だと思います。  実年齢よりもさらに若く見え初々しいウィリアム・ブレイスウェル。『輝く英国ロイヤル・バレエのスター達』では『ロミオとジュリエット』のバルコニーシーンを踊った。優れた音楽性、長く伸びやかな手脚、エレガントで正確なテクニックと愛にあふれたパートナーリングで理想的なロミオを体現した。親しみやすいキャラクターの持ち主で、英国人らしいユーモアもはさみつつ、真剣に答えてくれたウィリアム。彼のロミオをぜひスクリーンで体験してほしい。 関連動画 映画『ロミオとジュリエット(原題:ROMEO AND JULIET: Beyond Words)』 https://romeo-juliet.jp/ 2020年3月6日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか、全国ロードショー ■制作:マイケル・ナン、ウィリアム・トレヴィット ■監督:マイケル・ナン ■撮影監督:ウィリアム・トレヴィット ■エグゼクティブ・プロデューサー:ケヴィン・オヘア ■振付:ケネス・マクミラン ■音楽:セルゲイ・プロコフィエフ ■美術:ニコラス・ジョージアディス ■指揮:クン・ケセルス ■管弦楽:英国ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団 ■キャスト: ジュリエット:フランチェスカ・ヘイワード ロミオ:ウィリアム・ブレイスウェル ティボルト:マシュー・ボール マキューシオ:マルセリーノ・サンベ ベンヴォーリオ:ジェームズ・ヘイ パリス:トーマス・モック キャピュレット卿:クリストファー・サンダース キャピュレット夫人:クリステン・マクナリー 乳母:ロマニー・パイダク ロレンス神父:ベネット・ガートサイド ロザライン:金子扶生   筆者紹介 森 菜穂美 Naomi Mori 舞踊ライター、翻訳。9歳までロンドンで過ごす。早稲田大学法学部卒業。企業広報、PR会社勤務、映画配給・宣伝、リサーチャーを経て、フリーランスに。おもにダンス・バレエを中心に取材、執筆および翻訳。新聞、雑誌や海外・国内のWEBサイト、バレエ公演や映画のパンフレットに日本語/英語で寄稿。映画字幕や書籍の翻訳監修も。監修した書籍に「バレエ語辞典」(誠文堂新光社)、「バレエ大図鑑」(河出書房新社)など。大人バレエを習いつつ、国内外で幅広く舞台鑑賞をしている。

詳細はこちら

「チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲」に振付を施した『WIND GAMES』東京シティ・バレエ団が2020年7月に上演~気鋭の振付家、パトリック・ド・バナにインタビュー

事実上世界初演となる『WIND GAMES』  東京シティ・バレエ団は、2020年7月にチャイコフスキーの『ヴァイオリン協奏曲』に振り付けた作品を上演する。気鋭の振付家、パトリック・ド・バナによる振付で、すでに第1楽章は2013年2月にウィーン国立バレエ団、第2楽章は2017年5月に上海国立バレエ団により上演されているが、第3楽章を新たに東京シティ・バレエ団のために振り付け、全楽章を上演するという。ゲストにはボリショイ・バレエ団のプリンシパル、オルガ・スミルノワとセミョーン・チュージンを迎え、ヴァイオリニストの三浦文彰、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団が演奏する。この公演では他に、『レ・シルフィード』、『バレエ・コンサート』も上演される。  東京シティ・バレエ団のリハーサルのために来日していたバナからコメントをもらうことができた。 「この画期的な作品が東京シティ・バレエ団によって上演されることになった発端は、2019年3月にマニュエル・ルグリたちのガラ公演のために新作を作り、来日した時です。そこで出演されていたヴァイオリニストの三浦文彰さんとお会いしました。三浦さんは私の作品を気に入ってくださったのです。三浦さんとなにかできないかと考え、すでに第2楽章まで発表していたけれども未完成だったバレエ作品、チャイコフスキーの『ヴァイオリン協奏曲』の第3楽章を日本で作って上演してはどうだろう、ということになったのです。東京シティ・バレエ団が上演してくださることになり、こうして音楽作品、ヴァイオリニスト、バレエ団とすべて揃い、プロジェクトがスタートしたのです」 「東京シティ・バレエ団のパフォーマンスをこれまで見たことはありませんでした。けれども今回、オーディションをして出演ダンサーが決まり彼らと共に作っていく中で、非常に満足感を得ることができました。一緒に仕事ができて幸せですし光栄だと思っています。このバレエ団をとても愛しています。規模の大きいプロジェクトですが、やりきることができると確信しています」  作品タイトルは『Wind Games』という。この『ヴァイオリン協奏曲』を聴いて感じたイメージからつけたのだそう。 「チャイコフスキーの『ヴァイオリン協奏曲』からは、チャイコフスキーの祖国、ロシアの広大な大地を吹き抜けていく風を感じました。そこには遊牧生活をしている騎馬民族が勇壮に駆け巡っていて、馬がいて狩をするための鷹がいる。鷹は、空を飛んでいる時に風を使って翼を大きく広げたり滑降したりしている。そういう鷹の目を通して大地を見ているような感じがしたのです。ロシアの国章に描かれている双頭の鷲も思い浮かびましたね。そんな崇高な鳥が風とともに舞っているイメージから『Wind Games』とタイトルをつけたのです。すでに第2楽章までは上演してはいるのですが、第2楽章は、オルガとセミョーンのソリスト2人によるパ・ド・ドゥにするなど、今回ほぼすべて作り直しより良い内容にしました。ですから、全曲通して上演する東京シティ・バレエ団による公演が、事実上『Wind Games』の世界初演となります」  東京シティ・バレエ団は、音楽を大切に考えるカンパニーであり、それはウヴェ・ショルツ振付の『ベートーヴェン交響曲第7番』や同じくショルツ振付でメンデルスゾーンの『弦楽八重奏曲変ホ長調作品20』を使用した『オクテット』を日本初演し、大成功を収め大事なレパートリーとしていることからもわかる。さらに2018年の創立50周年記念『白鳥の湖』(藤田嗣治の美術)公演では、指揮に大野和士、オーケストラに東京都交響楽団を迎えて3日間上演した実績もある。ちなみにこれまたビッグ・ニュースだが、今回のソリストであるスミルノワ&チュージンのペアで、この創立記念で上演した藤田嗣治の美術による『白鳥の湖』が同じく2020年7月に上演されることが決定している。  2020年はベートーヴェン生誕250年であると同時に、チャイコフスキー生誕180年というメモリアル・イヤーでもある。バレエ・カンパニーとしてはむしろチャイコフスキーの記念の年であることを意識したいところ。偶然かもしれないがメモリアル・イヤーにチャイコフスキーの『ヴァイオリン協奏曲』が使われていることも話題性が高い。小品ではなく、ヴァイオリンのヴィルトゥオーゾを存分に堪能できる「ヴァイオリン・コンチェルト」に挑むのだから、しかも三浦文彰がソリストを務めるのだから、音楽ファンとしても非常に気になるところだ。  シンフォニック・バレエのレパートリーをこうして増やしていく東京シティ・バレエ団のチャレンジ精神がどのようなパフォーマンスとして結実するのか、まだ見たことのない新しいバレエ、新しいチャイコフスキーがとても楽しみだ。取材・文:結城美穂子(エディター/音楽・舞踊ライター)   東京シティ・バレエ団『トリプル・ビル2020(仮)』 日時:2020年7月11日(土)/12日(日)開演時間未定 会場:ティアラこうとう大ホール 上演演目: 『WIND GAMES』振付:パトリック・ド・バナ 『レ・シルフィード』演出:石井清子(ミハイル・フォーキン振付による) 『バレエ・コンサート』 出演: オルガ・スミルノワ(ボリショイ・バレエ団プリンシパル) セミヨン・チュージン(ボリショイ・バレエ団プリンシパル) 三浦文彰(ヴァイオリニスト ※『WIND GAMES』のみ) 芸術監督:安逹悦子 指揮:井田勝大 演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 筆者紹介 結城美穂子 Mihoko Yuki 出版社勤務を経てフリーランスのエディター/ライターとして活動中。クラシック音楽、バレエ、ダンスを得意ジャンルとする。バレエ・ダンス情報誌『ダンツァ』元編集長。単行本・ウェブマガジン・公演パンフレットの編集と執筆、またオペラ、バレエの初心者向け鑑賞ガイドのレクチャー講師を務める。

詳細はこちら

program

article